【たまごの秘密】スーパーのたまごからひよこは生まれるか

スーパーでたまごは毎日大量に売られていますが、そこから1匹くらいヒヨコが生まれないものでしょうか?

調べてみました。

 

スポンサードリンク






この記事も注目されています♪


 

子供の時に、一度は思う「ヒヨコを自分の手で孵してみたい」。

スーパーには毎日大量にたまごが売られています。

たくさん買ったら、1個くらいヒヨコが孵るのでは・・・・

大量に売られているたまご

 

専門家の意見です。

スーパーのたまごからヒヨコは100%孵りません。

 

スーパーで売られているたまごは、ほとんどが無精卵です。

わざわざ「有精卵」と書かれていないものはすべて無精卵なのです。

 

たまご工場ともいえる鶏舎では、メスの鶏しかいません。

 

無精卵とは何なのか

そもそもたまごは、受精しようが、受精しまいが、一定の周期で産み続けられるものです。

交尾により受精した後に産まれる卵が受精卵で、受精していない状態で産まれるのが無精卵です。

 

通信販売などで、有精卵を手に入れることができます。

 

有精卵を孵すためには

有精卵の場合は、約37度で21日間あたためると、ヒヨコが産まれます。

 

ヒヨコを孵すには温度管理がとても重要です。

実際にやってみたらわかるのですが、人の力で孵化させるのはとっても難しいと言えます。

そのため、ぜひ有精卵からヒヨコを孵したいという方は、ふ卵器などを使うのがおススメです。

 

ふ卵器は、普通のホームセンターなどでは販売されていません。

ネット通販などで手に入れるのが簡単でしょう。


家庭用の物が1万円~3万円くらいで売られています。

ちょっと試すだけには気軽に買いにくい値段ですが・・・


スポンサーリンク

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ