【ゆでたまごの茹で具合】茹でながらゆでたまごの固まり具合がわかるグッズ

ゆでたまごは茹でが足りなかったり、逆に茹ですぎたり、なかなか難しいものです。

何度か時間を計って最適な硬さと時間の関係が分かれば、次回からある程度は再現できるでしょうが、次回までに忘れてしまうことも少なくありません。

そこで、茹でながら硬さが見た目でわかるグッズがあります。

ここでご紹介します。

 




この記事も注目されています♪


にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ

 

ゆでたまごの茹で具合

ゆでたまごは作るのに最短6分間はかかります。

 

  ゆでたまごを最速8分で作る方法【備忘録】

 

少し高級そうな赤玉たまご

 

ゆでたまごを作った場合、まず周囲の白身が固まります。

白身が固まるのに約4分必要です。

 

しかし、黄身はたまごの中心にあるので、そこまで火が通るのに1分の差があります。

そして、黄身に火が入り始めて固まるまでに3分必要なのです。

 

つまり、過熱を始めてから7分程度してやっと半熟と言う状態です。

半熟ゆでたまご

こちらの画像のゆでたまごでは、もう少し半熟でもよかったような・・・

 

黄身の固まり具合を見ることができるグッズ

茹でながらゆでたまごの固まり具合がわかるグッズがあります。

それがこちらです。

 

「エッグタイマー」

 

エッグタイマー

 

こいつです。

かなり役に立ってくれます。

 

表面に透明部分があり、中身が見えるようになっています。

茹で具合がわかるたまごタイマー

 

使い方は簡単。

なまたまごと一緒に鍋に入れて茹で始めます。

ゆでたまごとたまごタイマー

 

10分茹でたところでこのようになりました。

ゆでたまご

わかりますか?

HARDの部分はピンク色です。

MEDIUMとSOFTは白くなっています。

 

半熟ってところです。

 

ゆでたまごの茹で具合

 

一つだけ注意点があります。

それは、水から茹で始めないと色が変わらないと言うことです。

 

 

お湯から茹でたまごを作ろうと思ったら、加熱される時間の関係で色が変わりません。

失敗も少なくなりますし、何より見た目がかわいいです。

あなたも使ってみませんか?

 

   

スポンサーリンク

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ