【セブンプレミアム】担々麺の賞味期限・消費期限・日持ちについて

セブンプレミアムの商品です。

セブン&アイのPB商品(プライベート商品)です。

セブンイレブンの各店舗に置いてあります。

その他、ある方法で通販によって手に入れることができます。

賞味期限についてと、いつまで食べられるかについて、おしらせします。

 




この記事も注目されています♪


にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ

 

セブンプレミアム担々麺について

「スープが決め手の担々麺」はセブンプレミアムの商品です。

スープが決め手の担々麺

 

ラベルはシンプルです。

ラベルが淡白だと安く感じてしまうのは、私だけでしょうか?

PB商品として安さを演出しているように感じました。

担々麺のラベル

 

価格は税込み138円です。

実はそれ程、価格的に安い感じではありません。

ただ、高いわけでもない。

普通な感じです。

担々麺の価格

 

スープの小袋は1個。

かやくは袋に入っていません。

そのため、袋にかやくの粉が付いていて、触ると必ず手が汚れます。

マイナスポイントだと思います。

担々麺のスープ

 

かやくには、具も入っていて、具だくさんです。

セブンプレミアム担々麺

 

完成したら、これです。

セブンプレミアム担々麺の完成形

 

 

セブンプレミアムの担々麺は、楽天やアマゾンでは手に入りません。

その代わり、セブンミールで届けてもらえます。



もしくは、イトーヨーカドーのネット通販でも手に入ります。

こちらだと10個単位の注文になります。



セブンプレミアム担々麺の賞味期限

セブンプレミアム担々麺の賞味期限:6か月間

担々麺の賞味期限

 

セブンプレミアム担々麺の賞味期限は6か月間です。

カップラーメンは賞味期限を6か月になるよう、業界内で取り決めがあります。

元々、5か月間だったのですが、震災の時に「賞味期限切れだから」と言う理由で大量に捨てられた経緯から、見直しが図られました。

1か月間ですが、伸ばされ、6か月間になるように取り決められたのです。

 

  インスタントラーメン(袋めん)の賞味期限・消費期限・日持ちについて

 

元々「賞味期限」は、「そこまでしか食べられない期間」ではなく、「おいしく食べられる期間」なのです。

この期間を過ぎても食品は安全に食べられます。

 

セブンプレミアム担々麺の消費期限

セブンプレミアム担々麺の消費期限:270日間





スポンサーリンク



この場合の消費期限とは、「いつまで食べられるか」と言う意味でお知らせしています。

本来「消費期限」とは、製造5日目で寿命を迎える食品につけられるものです。

この場合は、「いつまで食べられるか」と言う意味でお知らせしています。

 

担々麺には、たくさんの添加物が使われています。

しかし、保存料の類は入っていません。

カップめんは通常保存料は入っていません。

担々麺の消費期限

 

セブンプレミアム担々麺は常温保存できるか

セブンプレミアム担々麺は常温保存可能です。

ラベルには「高温多湿や香りの強い場所、直射日光をさけて、常温で保存してください。」とあります。

担々麺の消費期限

カップめんの麺は乾燥しています。

そのため、においが強いものの近くに置くと、臭いを吸ってしまうのです。

当然、味も悪くなってしまいます。

保管には、風通しの良いところに保管しましょう。

 

セブンプレミアム担々麺の冷蔵保存の場合

セブンプレミアム担々麺は冷蔵保存に向きません。

カップめんは冷蔵庫での保存に向きません。

冷蔵庫に入れること自体は可能ですが、カップ内部の水分が液になってしまい麺に吸い込まれます。

 

同じ理由で冷凍保存にも適していません。

 

セブンプレミアム担々麺をおいしく食べる方法

セブンプレミアム担々麺はそれ単体で十分おいしいので、手を入れる必要はないのですが、だし粉を入れることでさらに味に深みが増します。

 

カップめんのスープは製造工程で、煮詰めたものを乾燥させて作ると思われている方が多いです。

実際は、すべて粉の状態でスタートします。

ほとんどが添加物なので、何をどのくらい入れるのかで、味や深み、とろみ、辛みなどが決まります。

 

本当はもっと味に深みを与えたいので、いいだしなどを入れたいところですが、材料を足すとコストが上がります。

十分に味を足せないことがあります。

そこで、だしの粉を追加することで味に深みが増します。

 

まとめ

セブンプレミアム担々麺の賞味期限、賞味期限:6か月間【常温保存】

セブンプレミアム担々麺の賞味期限、消費期限:270日間【常温保存】

 

   

スポンサーリンク

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ