【今では貴重品】うなぎの蒲焼の賞味期限・消費期限・日持ち・保存方法とは

今となっては高級品となってしまっている「うなぎ」。

どれくらい日持ちするのか知っていないとダメにしてしまうかも・・・

無駄にしてしまう前に、うなぎの賞味期限を知っておきましょう。

また、最も適した保存方法についてもお知らせします。

 




この記事も注目されています♪


スポンサーリンク



にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ

 

うなぎの蒲焼の賞味期限・消費期限

うなぎの蒲焼の賞味期限/消費期限:2日~3日間

うなぎの蒲焼の賞味期限

うなぎの蒲焼は、調理から寿命まで5日以内なので、賞味期限(=美味しく食べられる期間)ではなく、消費期限(=安全に食べられる期間)となっています。

冷蔵庫での保存で2日~3日程度日持ちします。

 

真空パックで売られている物もあります。

真空パックされているもは、1週間~20日間程度日持ちするようです。

 

真空パックで冷凍の物もあるようで、冷凍してあると1か月~3か月間程度日持ちします。

早い段階で買っておけば、うなぎの蒲焼が高騰する土用の丑の日よりも早く、安く手に入れることができそうです。

 

 




スポンサーリンク



うなぎの蒲焼の保存方法

うなぎの蒲焼の保存方法について、常温・冷蔵・冷凍についてお知らせします。

うなぎの蒲焼の常温保存

うなぎの蒲焼は常温保存に向きません。

お店でもうなぎの蒲焼は冷蔵して陳列されています。

うなぎの蒲焼の常温保存

常温保存していると、食中毒の原因となる菌が繁殖しやすい環境となってしまいます。

食中毒の原因菌は、35℃くらいがもっとも菌が増えやすく、爆発的に増えます。

 

増殖速度の速い腸炎ビブリオなどは、10分後に1回分裂して2倍に増えます。

1時間で約32倍、3時間経つと約1万倍になっている計算です。

 

うなぎの蒲焼の冷蔵保存

うなぎの蒲焼は冷蔵保存可能です。

うなぎの蒲焼は冷蔵保存が最適です。

冷蔵の際は、パックに入っている場合はさらにビニールか、冷蔵バッグに入れて、冷蔵することで他への匂い移りが防止できます。

うなぎの冷蔵保存

 

うなぎの蒲焼の冷凍保存

うなぎの蒲焼は冷凍保存可能です。

長期保存が必要な場合は、冷蔵するのが良いでしょう。

ただし、お店で調理したものや、自宅で調理したものは、家庭で冷凍するのはあまり適していません。

 

冷凍された状態で販売されているうなぎの蒲焼は、業務用の冷凍設備で急速冷凍しているので、おいしさもほどんど損なわれません。

一方で、家庭の冷凍庫で冷凍すると、ゆっくり凍っていくので、解凍前後で大きく差が出てしまいます。

解凍後は、歯ごたえも、風味も劣ってしまうのです。

冷凍のうなぎの蒲焼

 

解凍した時は、電子レンジで解凍した後、トースターで炙るか、フライパンで表面を焼き、タレを再びつけることで美味しさがよみがえります。

 

うなぎの蒲焼について

うなぎの蒲焼と言ったら、「土用の丑の日(どようのうしのひ)」です。

土用の丑の日は、春夏秋冬で各1回あるのですが、うなぎの蒲焼は、夏の土用の丑の日に食べられます。

丑の日なので、毎年日付は変わりますが、大体7月19日から7月30日くらいに収まります。

うなぎの蒲焼とは

うなぎは稚魚が捕れなくなってしまったので、蒲焼も高級品になってしまいました。

シーズンを外しても、国産ウナギはスーパーで、1尾1500円~2000円くらいです。

土用の丑の日が近くなると、3000円くらいになっていることも・・・

 

通販の方が安いこともあります。

 

最近では、近畿大学などが有名ですが「なまずの蒲焼」を出しているところもあります。

実際に食べてみると、美味しいのは間違いありませんが、やっぱりうなぎとは違います。

 

サンマの蒲焼もありますが、これは風味から全く違います。

「まがい物」として食べるのではなく、それぞれの魚だと認識して食べるのが良いのだと思います。

 

まとめ

うなぎの蒲焼の賞味期限、消費期限:2日~3間【冷蔵保存】

うなぎの蒲焼の賞味期限、消費期限:1週間~20日間【冷蔵保存・真空パック】




この記事も注目されています♪


スポンサーリンク



にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ

姉妹サイト

カップ麺を食べつくしたレビュー
カップ麺を次々自腹購入してレビューしていきます。
サラリーマンのオフィスで節約・時短・貧乏飯ランチ
サラリーマンがオフィス内で食べられる極限まで節約したランチを極めます。
本当は怖い添加物の大辞典
日常の食品の添加物とその危険性をお知らせします。