【蓬莱本館の豚まん】関西人も知らない!?通販で手に入る蓬莱本館の豚まん(肉まん)レビュー

関西ではスーパーでもおいしい豚まん(肉まん)があります。

でも、「551」と書かれた豚まんと、書かれていない豚まんがあります。

その違いも含め、蓬莱本館の豚まんについてお知らせします。

 




この記事も注目されています♪


にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ

 

蓬莱本館の豚まん

蓬莱の豚まんは関西ではスーパーでも手に入ります。

冷凍ものもあるし、冷蔵ものもあるし、出来立てのものもあります。

もちろん、一番おいしいのは出来立てです。

しかし、冷凍や冷蔵も味が落ち着いているので、「出来立て最高!他はクズ!」と切り捨ててしまうのは惜しすぎる存在です。

蓬莱本館の豚まん

 

でも、「551」と書かれたものと、そうでないものがあるのをお気づきでしょうか?

実は、それらは別の会社が作った、全く別の商品なのです。

 

2つの「蓬莱」の「豚まん」の秘密

「蓬莱の豚まん」は、実は2つの会社が作っています。

一つは、「蓬莱本館」、もう一つは「551蓬莱」です。

 

元々は、1945年創立の蓬莱食堂と言う、お店がありました。

このお店を立ち上げた3人が、後に別々の会社を立ち上げました。

ケンカしちゃったのかな・・・

 

冷凍豚まんも扱っている「蓬莱」。

こちらは蓬莱本館の商品です。

会社としては、株式会社蓬莱本館と言う名前です。

 

「551蓬莱」の豚まんは、冷凍ものを作りません。

会社としては、株式会社蓬莱と言う名前です。

551蓬莱のお店

 

実は、もう1社。

豚まんを出さなかった株式会社蓬莱別館という会社と言う商品です。

こちらは現在はなくなってしまったようです。

 

  蓬莱本館「豚まん(肉まん)」の賞味期限・消費期限について

  511蓬莱「豚まん(肉まん)」の賞味期限・消費期限について

 

蓬莱本館の豚まんのレビュー

スーパーでも手に入るし、通販でも手に入る、冷凍肉まんを扱っている蓬莱本館の豚まんのレビューです。

パッケージはこれです。

蓬莱本館の豚まん

確かに、「蓬莱本館」と書かれています。

 

賞味期限はここに書かれています。

蓬莱本館の豚まんの賞味期限

 

電子レンジで加熱するだけでおいしく食べられます。

箱を上げるとこんな風になっています。

蓬莱本館の豚まんの中身

 

からしも豚まんの数だけ付いてます。

蓬莱本館のからし

 

早速電子レンジで加熱します。

普通に電子レンジでチンだけで十分おいしいから最高です。

蓬莱本館の豚まん

 

加熱方法は、蒸すのと電子レンジが書かれています。

1個だと500Wで2分間です。

蓬莱本館の豚まんの加熱方法

 

見ただけで、おいしそう。

食べる前から分かる良さ。

蓬莱本館の豚まん

 

割ってみます。

具の量は適量。

ぶたまんの中身

皮も比較的均等の厚さで、食べやすい大きさと厚さをしています。

 

スーパーの6個200円のものとは味が違います。

肉のジューシーさかな?

パサパサ感は全くなく、ジューシーな感じです。

うまみがまたすごい!

 

これが全国どこでも食べられるのだから、蓬莱本館えらい!

 

 

原材料もお知らせしておきます。

蓬莱本館の豚まんの原材料

皮(小麦粉、砂糖、ラード、イースト、植物油脂、食塩)、具(たまねぎ、豚肉、豚脂、しょうゆ(大豆、小麦含む)、砂糖、しいたけ、食塩、ごま油、こしょう)、増粘剤(加工でん粉・増粘多糖類)、ベーキングパウダー、調味料(アミノ酸等)、pH調整剤、グリシン、乳化剤

 

ちなみに、551蓬莱の豚まんと味の比較をしましたが、味は全然違います。

でも、どちらもおいしいです!

あなたの好みはどちらですか?

   

スポンサーリンク

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ