【遠足に最適】手作りお弁当を長く日持ちさせる方法

運動会や遠足、ピクニックなど、手作りのお弁当が必要な時があります。

どれくらい日持ちするのか気になりますよね。

安全においしく食べるために、お弁当に適した食材をご紹介します。

あとは、お弁当の賞味期限と、日持ちさせる方についてお知らせします。

 




この記事も注目されています♪


にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ

 

手作りお弁当の賞味期限、消費期限

手作りのお弁当の賞味期限:半日【常温保存】

手作りのお弁当の消費期限:1日【常温保存】

手作りお弁当の賞味期限

手作りのお弁当は、作る過程で調理者が素手で食材を触ります。

いくら手を洗っても、完璧に雑菌を洗い流すことは難しいので、わずかに残った雑菌が繁殖して食中毒になることもあります。

菌が繁殖しやすい温度は、多くの菌で人間が快適な温度と同じです。

手作りのお弁当は、日持ちしないものと思って十分注意してください。

 

日持ちする食材

日持ちする食材として、水分が少ない食材があります。

例えば、魚肉ソーセージ。

魚肉ソーセージでも、保有水分量は50%を超えます。

豚肉のソーセージならば、15%以下です。

ソーセージの賞味期限

逆に水分が多い食材はお弁当にむきません。

例えば、レタス、キュウリ、白菜、サラダ菜、大根などがあります。

 

殺菌した食材。

例えば、唐揚げなど。

高熱の油で揚げますので、この時殺菌されます。

その後、適切にお弁当に詰めれば、菌が繁殖しにくいです。

お弁当の消費期限

日持ちしない食材

梅干し

意外にも梅干しは、日持ちしない食品です。

昔ながらの梅干しは、塩分濃度が20%以上です。

ところが、最近の梅干しは、減塩ブームで8%以下のものが多いです。

梅干しはお弁当に不向き

その場合、保存料などが使われているのです。

保存料など使われていない場合は、冷蔵などが必要です。

殺菌効果を期待してお弁当に入れる方もおられますが、あまり期待できません。

お弁当には不向きです。

 

生もの

刺身や、生野菜、などは、NGです。

刺身はどうやっても劣化が早いです。

生ものはお弁当に不向き

野菜はカットしないもの(パセリなど)は1日程度十分持ちますが、カットしたレタスなどは、数時間で萎れてしまったり、切断面が赤くなってしまったりします。

 

お弁当を日持ちさせる方法

お弁当を日持ちさせるためには、それなりの工夫が必要です。

 

例えば、お弁当のレギュラーおかずの「玉子焼き」ですが、しっかり火を通す必要があります。

「半熟の方がおいしい」みたいなことを考えて、十分火が通っていないと食中毒になる可能性があります。

玉子焼きは十分火を通す

その他、注意すべきことがあります。

 

おかずは温かいままお弁当箱に詰めない。

粗熱を取ってから詰めるようにする。

 

おかずには完全に火を通す。

生、半生、は食中毒の元とです。

 

フルーツやトマトなどはヘタを取る。

ヘタの部分に雑菌が残っている可能性があります。

 

保冷バッグ+保冷剤で保管温度を下げる。

菌が繁殖する理由の一つは、温度です。

菌が繁殖しにくい10度以下に保つことで、食中毒などは回避できます。

お弁当単体で保管したとき、温度をあげない方法として、保冷剤を入れた保冷バッグに入れることで長時間10度以下に保つことができます。

 

手作りのお弁当を作る相手とは、愛情を向けている相手だと思います。

工夫を凝らして、安全においしく食べられるようにしてあげてください。

   

スポンサーリンク

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ