【電子レンジで目玉焼き】もっちもちの焼きそばとうれしい半熟目玉焼き

普通のカップメンの焼きそばが、もっちもちの麺になる方法と、単なる焼きそばではなく、目玉焼き付きの焼きそばにグレードアップする方法です。

しかもしかも、目玉焼きはいい具合に半熟です。

すべての作業をたった5分で終えられますし、調理器具は一切いりません。

是非試してみてください。

 




この記事も注目されています♪


にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ

 

必要なもの

必要なものは以下です。

 

カップ焼きそば

特にどれでもいいです。

UFOでも、一平ちゃんでも、好きなものを選びましょう。

カップ焼きそばと目玉焼き

ここでは一平ちゃんを使いました。

UFOでも期待以上においしくなります。

たまご

普通の生たまご1個です。

冷蔵庫から取り出したままでOK。

たまごとたまごご飯

 

調理器具などは特別使いません。

 

焼きそばと目玉焼きの調理開始

焼きそばと目玉焼きの調理を同時に始めます。

 

焼きそばにお湯を注いで2分間待っているときに、蓋の上に置いておくことでソースがサラサラになってかけやすく、混ぜやすくなります。

焼きそばのソース

 

通常、熱湯を注いで3分のカップ焼きそばですが、お湯を注いで2分だけまって、蓋を取ってしまいます。

カップ焼きそばをお湯で2分

少し硬めに見えますが、これでOKです。

 

ここに生たまごを割り入れます。

生たまごを割り入れる

目玉焼きと焼きそばが別々の方が好きな方は、焼きそばを片側に寄せて、空いている部分に生たまごを割り入れます

 

たまごを入れたら、電子レンジに入れて加熱します。

目安としては、500Wで3分間の加熱です。

焼きそばを電子レンジ加熱

 

3分加熱しても、たまごは破裂しません。

従来、たまごと電子レンジの相性は良くないと言われてきましたが、それは、殻に入った状態の話。

殻を割ると、中の空気が密閉されずに破裂しません。

3分加熱すると、電子レンジ内は湯気でもうもうです。

気になる方は、ラップをかけてもいいでしょう。

ただ、ある程度は、水分が抜けた方が良い歯ごたえの麺になるで、そのあたりはお好みで。

電子レンジ加熱する焼きそばとたまご

 

お湯で2分、電子レンジで5分加熱した焼きそばはこんな感じです。

加熱した焼きそばとたまご

ここに付属のソースをかけていきます。

 

 

よーく混ぜます。

 

一平ちゃんにはマヨネーズと青のりもついているので、これらもかけます。

焼きそばとたまごを混ぜる

 

ハイ完成です。

焼きそばと目玉焼きの完成

なんだ、焼きそばと目玉焼きか、と思った方は浅はかです。

この作り方で作ったカップ焼きそばは、カップ焼きそばの域を超えています。

通常よりも、もちもちした触感と歯ごたえが感じられます。

 

しかも、半熟のたまごは黄身を溶いて食べると、コクが増しなお一層おいしく食べることができます。

あなたも是非試してみてください。

   

スポンサーリンク

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ