えごま油の賞味期限・消費期限・日持ちについて

えごま油は近年、健康志向の人の間で話題になっている『体に良いオイル』です。

ダイエット中の人も、肌や髪の潤いを保つためには、少量のオイルは必須と言われています。

健康的なえごま油の賞味期限・消費期限・日持ちについてご紹介します。

そもそも「えごまって何?」と言うのもお知らせします。

 




この記事も注目されています♪


にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ

 

「えごま」はしそ科の植物です。

大葉の仲間と言えるでしょう。

えごまの賞味期限

家庭で絞るのは大変なので、えごま油を買うのが一番手軽だと言えます。

 

えごま油の賞味期限

えごま油の賞味期限:未開封なら半年から1年くらい【常温】

えごま油は、αリノレン酸という不飽和脂肪酸が多く、脂肪になりにくいと言われています。

えごま油の賞味期限は、未開封の場合、半年から1年くらい常温で保存できると言われています。

ただし、開封してしまった場合は、保存状態によって、えごま油の品質がもっと早く劣化する可能性があります。

常温保存の場合は、必ず冷暗冷所にしましょう。
えごま油の賞味期限

 

えごま油は、ダイエットやうつ病への効果が期待されています。

 

えごま油の消費期限

えごま油の消費期限:開栓したら1~2ヶ月くらい【冷蔵】

えごま油は一度開栓すると酸化が早まるため、冷蔵保存する方が良いと言われています。

えごま油の消費期限は、冷蔵庫で保存すれば、1~2ヶ月くらい持つそうです。

 

えごま油は常温保存できるか

えごま油は常温保存可能です。

えごま油を常温保存する場合は、光や熱を避けて、必ず冷暗冷所に置くようにしましょう。

更に酸素も、油を劣化させる大きな原因になります。

えごま油は常温保存場所を間違えると、品質劣化が進みますので気を付けましょう。

えごま油の消費期限

えごまの穂

えごま油の冷蔵保存

えごま油は冷蔵保存可能です。

開栓してしまったえごま油は、常温保存よりも冷蔵保存の方が良いと言われています。

常温の場合、品質の劣化が進みやすいので、開栓後はえごま油を冷蔵庫で保存するようにしましょう。





スポンサーリンク



 

えごま油の冷凍保存

えごま油は冷凍保存可能です。

一般的にオイルは冷凍保存に向きません。

 

えごま油が腐っているかの判断

えごま油が腐っているかの判断として以下の3つのポイントがあります。

臭い

酸化した生臭さが出てきます。

古く劣化した油は体調不良などを起こす原因になります。

見た目

劣化すると油の色が濃くなる傾向があります。
本来、えごま油はさらっとしています。

しかし品質が劣化すると、色が濃くなり、どろっとした質感に変わってきます。

えごま油の消費期限
「賞味期限」切れの場合は問題なく食べることが出来ます。
「賞味期限」と言う物はメーカーが保証するおいしく食べられる期間です。

 

賞味期限切れ後は風味が落ちる可能性がありますが、食べることは可能です。
ただし、保存方法は表示の正しい方法で保存されている必要があります。

 

えごま油をおいしく

おにぎりに混ぜてもおいしいですし、あえ物などにも適しています。

もちろん、サラダのドレッシング用の油として使ってもOKです。

ただし、加熱物はNGだと言います。

えごま油は酸化しやすいのです。

加熱しない方法で摂るようにしましょう。

 

えごま油のまとめ

えごま油の賞味期限:未開封なら半年から1年くらい【常温】
えごま油の消費期限:開栓したら1~2ヶ月くらい【冷蔵】

 

えごま油は、品質が劣化しやすいため、開栓後は酸化に気を付ける必要があります。

出来るだけ、冷蔵庫で保存して、油の劣化を予防しましょう。

えごま油は、熱や光に弱いため、常温保存している人は、あまり火元の近くに置いておかないようにしましょう。

 

本来健康的な食品とされているえごま油ですが、劣化してしまうと、体に良くありません。

古くなった油を使用すると、胸やけを起こしたり、蕁麻疹の原因にもなる可能性があります。

アレルギー体質の人は、えごま油の酸化による劣化を防ぎましょう。

 

   

スポンサーリンク

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ