えのきの賞味期限・消費期限・日持ちについて

えのきはなべ物には外せない具材と言えます。

栽培時は低温で温度管理の下、作られるものなので、基本的に冷蔵保存します。

まずは、新鮮なえのきの見分け方と、どれくらい日持ちするのか、賞味期限などを調べました。




この記事も注目されています♪


にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ

えのきについて

新鮮なえのきの見分け方

新鮮なえのきは以下の点をチェックすることで分かります。

 

軸がしっかりしている。

きれいな乳白色をしている。

新鮮なえのきの見分け方

古くなってくると、水分が出てきます。

スーパーで見る時は、袋が膨らんでいるものは古いので、避けましょう。

えのきの保存方法

えのきは、スーパーなどで売られている時、袋に入っていると思います。

保存の時にこの袋のままだと2~3日しか日持ちしません。

ペーパータオルを引いた密閉容器に入れて冷蔵保存するか、新聞紙に包んだ状態でポリ袋に入れて冷蔵保存して下さい。1週間ほど日持ちします。

スーパーのえのき

えのきの旬

えのきの旬は1年中です。

通年通して手に入ります。

えのきの栄養

食物繊維 ・・・ 腸内の有害物質を体外に排出させる。

ナイアシン ・・・ 糖質や脂質の代謝に役立つ。

賞味期限

えのきの賞味期限は、2日~3日です。

(売っている時の袋のまま保存した時)
ペーパータオルを引いた密閉容器に入れて冷蔵保存すると1週間ほど日持ちします。

「密閉できる」が重要

消費期限

えのきなどの生鮮食料品の場合、賞味期限=消費期限なので、通常で2日~3日。

密閉容器などに入れて万全の体制で1週間。

えのきの消費期限

常温保存できるか

えのきは常温保存に向きません。

常温で保存するとすぐに水分が出てきてしまい、風味も食感も劣化が早くなります。

 

冷蔵保存の場合

えのきは基本的に冷蔵保存です。

冷蔵室よりも、野菜室に保存したほうが温度帯としては合っています。

えのきの保存

冷凍保存の場合

えのきは冷凍保存が可能です。

洗わずに石づきを切り落として、バラバラにほぐします。

冷凍保存袋に入れ、冷凍庫へ入れます。

この時、空気を抜かずに入れて冷凍すのがポイントです。

 

1時間程度したら、一旦取り出して固まりかけたえのきをほぐして再び冷凍庫に入れます。

そのまま凍らせてしまうとガチガチになってしまい、後で使いにくくなってしまいます。

完全に凍ったら、冷凍袋の空気を抜いてOK。

冷凍したら約1か月日持ちします。





スポンサーリンク



 

えのき氷とは何だったのか

一時期話題になった、「えのき氷」とは何だったのか・・・

えのき氷とは、えのきをミキサー等でペースト状にしておいて、炒めて、その後凍らせてストックできるようにした物です。

えのきに含まれる「キノコキトサン」が摂取した脂分を50%カットするとか、脂肪燃焼効果があると言われていましたが、結果はどうだったのか。

今では誰も「えのき氷」と言わないことが答えになっていると思います。

 

えのきには食物繊維が含まれているので、ある程度食べるとお通じなどは良くなると言えます。

 

最近では、乳酸菌を使ったものの方が腸に良く、免疫力を上げる上にお通じが良くなると言われています。



 

賞味期限を過ぎたらどうなるか

えのきは生鮮食料品のため、流通過程にかかる時間によって家庭で保管できる期間が変わります。

また、「賞味期限」と言うのは、加工品に表示が義務付けられたもので、生鮮食料品には「賞味期限」「消費期限」がありません。

消費者が見て、まだ食べられる、もう食べられない、食べごろなどを判断します。

 

消費期限を過ぎたらどうなるか

消費期限を過ぎたえのきは以下の様になってきます。

参考にされ、判断されて下さい。

売り場のえのき

見た目

水分が出てきている

黒ずんでいる

溶け始めている

かさの部分が簡単にとれる

 

臭い

異臭がする

酸っぱい臭いがする

 

苦い

明らかに味がおかしい

 

おいしく食べるには

えのきをおいしく食べるには、加熱する食べ方が良いでしょう。

 

鍋もの

すき焼きなどに、えのきは欠かせないと言えます。

なべものにえのきは欠かせない

 

味噌汁

味噌汁にえのきも定番と言えます。

えのきの味噌汁

 

白菜と豚とえのきの生姜焼き

白菜と豚を準備して、生姜焼きもおいしいです。

食物繊維も追加出来て栄養素的にも良くなります。

豚肉とえのきの生姜焼き

 

まとめ

えのきの賞味期限は、2日~3日です。

ペーパータオルを引いた密閉容器に入れて冷蔵保存すると1週間ほど日持ちします。

   

スポンサーリンク

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ