ごま油の賞味期限と賢い利用法

独特の風味がおいしいごま油。

おいしく食べるために注意すべきことがあります。

ごま油の取り扱いについてお知らせします。

 




この記事も注目されています♪


にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ

 

ごま油の味が変わってしまう

ごま油に限らず食用植物油の全般に言えることですが、植物油は、腐ることはないのですが、酸化することがあります。

また、酸素や熱により化学反応が起きて薄い褐色に着色し流動性が低下し、風味も低下します。

ごま油は色が変わる

保存に関しては、光の当たらない暗所が望ましく、温度は常温で構いません。

冷蔵庫や冷凍庫に保存する必要はありません。

 

ごま油の賞味期限

ごま油の賞味期限は、製品の容器に表示されていますが、この期限は、容器の材質によって違いがあります。

あるメーカーでは、缶入りでは製造後2.5年先の日付けとなっています。

しかし、瓶入りでは製造後2年先の日付け、ペットボトル入りでは製造後1.5年先の日付けとなっています。

ごま油の賞味期限

 

賞味期限は、各メーカの責任に任されていますので、メーカーによって多少の違いがあり得ます。

これらの日付けは、全て未開封の状態でのもので、開封することで酸化が進みますから、開封後は、鮮度の落ちない内に使い切る必要があります。

開封後の日持ちについては、明確な基準はありません。

ただし、一度空気に触れると確実に酸化しますので、できるだけ早めに使い切りましょう。

 

ごま油の賞味期限:1年半(ペットボトル入り)

2年(瓶入り)

2年半(缶入り)

 

ごま油を長持ちさせる方法

天麩羅で使用し、残った油を再利用するために保存するに際しては、天かす(揚げ玉)を完全に除去することが大切です。

ごま油を日持ちさせる方法

残っていると油の劣化が速くなります。

 

また、油をコンロの近くに置いておくと、コンロの熱の悪影響で酸化が促進されます。

酸素と熱の両方から遠ざけることが、保存の注意ポイントになります。

メーカーが指定している賞味期限は、風味を維持する期限であり、しかも余裕を充分に取った期限であるため、期限を多少経過していても、健康上の問題はありません。

風味も殆ど問題のないレベルです。

 

しかし、開封後のことについては、厳しめに考えた方が良いでしょう。

保存状態が悪いと、酸化は意外と速いです。

 

開封後のごま油

ごま油は、ほかの植物油より酸化しにくく安定性に優れますが、だからといって過信は禁物です。

酸化した油は健康に有害と言われることはありますが、健康に害を及ぼすほどになることは、実際にはあまりありません。

 

天麩羅油として繰り返し使用しても、簡単には有害なレベルに達しない、とされます。

天麩羅油を継ぎ足す形で使用しても、特に健康上の問題は生じない、とされます。

ただし、新鮮な風味は損なわれますので、早めに使い切ることが推奨されています。

 

なにより、味と言う面では新しい油の方が、絶対に美味しいです。

別にお店をやるわけではないと思いますので、古くなった油は取り換えた方がいいでしょう。

古い油

 

小型の容器に入ったものを小まめに買うのが最適と思われます。

不快な臭いがしたり、色が淡い褐色系に変色したり、流動性を失って粘るようだと、酸化が進んでいるものと推定されます。

加熱した時に異常に泡立つようだと、古くなった証拠です。

 

まとめ

ごま油の賞味期限は、1年~2年。

容器によって多少異なります。

 

植物油は酸化しにくく安定していると言われますが、古くなってきたら新しいものにかえた方がいいでしょう。

開封後はできるだけ早く使い切ったほうがいいため、小さい容器のごま油を買う方がいいでしょう。

 


スポンサーリンク

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ