しめじの賞味期限・消費期限・日持ちについて

しめじの賞味期限を語る上で先にお知らせしないといけないことがあります。

それは、しめじには4種類あって、人によってどのしめじを指すか違うことがあると言うこと。

「ほんしめじ」と言うと、場合によって全く違うきのこを指すと言うことです。

どういうことでしょうか!?

 

スポンサードリンク






この記事も注目されています♪


 

しめじとは

しめじファーストシーズン

実は、しめじと一口に言っても数種類あると言うことです。

一般的に手に入るのは「ぶなしめじ」「本しめじ」「しめじひらたけ」「はたけしめじ」の4種類です。

 

一般的に栽培が簡単だった「ひらたけ」と言うそもそもしめじと違うきのこがあります。

これを「しめじっぽく」した「しめじひらたけ」と言うきのこが多く流通していました。

ひらたけしめじは、イラストでお知らせします。

ひらたけしめじ

その昔、「ひらたけ」は「しめじ」もしくは、「ひらたけしめじ」を名乗って流通していました。

「味しめじ」とか「香りしめじ」とかブランド名を付けていました。

重ねてお知らせしますが、「しめじ」とついていますが、全く別のきのこです。

 

しめじセカンドシーズン

ぶなしめじの栽培が成功!

「しめじひらたけ」よりもおいしい「ぶなしめじ」の栽培が盛んになり、流通量も増えます。

ぶなしめじ

このCMを覚えておられる方もおられることでしょう。

ここで従来の「ひらたけしめじ」と区別するために「本しめじ」と呼ぶようにしました。

「本当のしめじ」と言いう意味でしょう。

本しめじ=ぶなしめじ

と言う構図がここで出来ます。

 

しめじサードシーズン

それまで栽培不可能と言われていた「しめじ」の栽培に成功!

ほんしめじ

言うならば、これこそ「本当のしめじ」です。

当然「本しめじ」といえば、この「しめじ」のことを言います。

それまで「本しめじ」と呼ばれていたものは「ぶなしめじ」になりました。

 

しめじ⇒本しめじ

本しめじ⇒ぶなしめじ

 

ここで、「本しめじ」と呼んでいるももが「しめじ」なのか「ぶなしめじ」なのか、誤解が生じるようになりました。

 

しめじ番外編

これまでの「しめじ」と比べて少し毛色が違うのが、「はたけしめじ」です。

はたけしめじ

畑や道端に生えていたから名づけられたと言われています。

ほかの「しめじ」と比べて、軸が長く、かさが大きめです。

他のしめじと同様に加熱してもシャキシャキした食感が特徴です。

 

 

しめじについて

新鮮なしめじの見分け方
かさに弾力がある

スーパーで売られているものでも見てわかるのですが、かさに弾力があるものが新鮮です。

かさに弾力があるしめじが新鮮

かさの色が濃い

かさの色は濃い方が、新鮮なしめじと言えます。

かさの色は濃い方が新鮮

軸が太い

軸が太く、短いものが良いしめじと言われています。

 

しめじの保存方法

共通するのは冷蔵保存と言うことです。

 

しめじの賞味期限

ぶなしめじの賞味期限:10日間【冷蔵保存】

ひらたけしめじの賞味期限:2日~3日【冷蔵保存】

本しめじの賞味期限:1週間程度【冷蔵保存】

はたけしめじの賞味期限:2日~3日【冷蔵保存】

しめじの賞味期限

しめじは生鮮食料品のため、流通過程にかかる時間によって家庭で保管できる期間が変わります。

また、「賞味期限」と言うのは、加工品に表示が義務付けられたもので、生鮮食料品には「賞味期限」「消費期限」がありません。

消費者が見て、まだ食べられる、もう食べられない、食べごろなどを判断します。

ここでは、日持ちの目安をお知らせしています。

 

しめじの消費期限

しめじは生鮮食料品です。

※「ひらたけしめじ」は、本当は単なる「ひらたけ」ですが・・・

賞味期限同様、消費期限も同様に表示義務はありません。

ここでは、食べごろの期間を紹介しています。

そのため、賞味期限は消費期限と同様とお考えてください。

 





スポンサーリンク



しめじは常温保存できるか

全てのしめじは、常温保存にむきません。

「野生では常温で育っているじゃないか」と思われるかもしれませんが、収穫後は急激に劣化します。

1日程度でかなりしおれます。

冷蔵庫での保存をお勧めします。

しめじの栽培

しめじの冷蔵保存の場合

全てのしめじは、冷蔵保存が最適です。

石突を切り落として、冷蔵した方が日持ちします。

 

とにかく水に弱いので、洗ってはいけません。

料理する時も洗わずに鍋やフライパンに投入してください。

 

しめじの冷凍保存の場合

しめじは冷凍可能です。

冷凍するときは、石突は必ず取って、水分をふき取り、手で割いて、小分けして、小袋に分けて冷凍してください。

1か月程度保存可能です。

料理に使うときは解凍せず、凍ったまま鍋やフライパンに投入してください。

 

しめじが腐っているかの判断

しめじが腐っているかの判断として以下の3つのポイントがあります。

臭い

酸っぱいにおいがしないか臭って確認

必要ならば少しだけ食べて味で確認。

きのこなので、1個だけどって電子レンジで1分チンしたら食べられます。

見た目

しおれ具合や色を見て判断します。

黒ずんでいたり、糸を引いていたり、溶け始めていたらNGです。

 

まとめ

しめじは、一般的に流通しているものだけで4種類もある。

ぶなしめじの賞味期限:10日間【冷蔵保存】

ひらたけしめじの賞味期限:2日~3日【冷蔵保存】

本しめじの賞味期限:1週間程度【冷蔵保存】

はたけしめじの賞味期限:2日~3日【冷蔵保存】

 

賞味期限も消費期限も同じ。

 

「本しめじ」と言うと、「しめじ」を指す場合と「ぶなしめじ」を指す場合がある。

本当は「しめじ」が「本しめじ」。

 


スポンサーリンク

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ