みかんの賞味期限・消費期限・日持ちについて

みかんと言えば、冬にこたつで食べるのが最強ですが、
どれくらい持つものなのでしょうか?
それと言うのも、箱買いしてしまいました。

みかんを箱買いすると賞味期限が気になる

たくさん買いすぎて腐らせてしまったらもったいないです。

みかんの賞味期限・消費期限について調査しました。




この記事も注目されています♪


にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ

賞味期限

賞味期限は意外に長く、収穫から2週間~1か月間もちます。
ただし、スーパーなどで買った場合は、収穫後すぐとは限りません。
購入から2週間程度と考えるのが妥当です。

 

常温保存できるか

みかんは基本的に常温保存です。
日持ちはするのですが、みかん同士が接している部分から腐ってきます
触って柔らかくなっていたり、皮なのに水分が感じられたら腐っている可能性が高いです。
ただ、1個丸々捨ててしまうのはもったいないです。
ナイフなどで悪くなった部分を切り落として、それ以外の部分を食べれば熟していてかえって美味しいくらいです。

みかんは腐りやすい

悪くなる原因はみかん同士の重さで押しつけられることで劣化が早まるそうです。
この悪くなったみかんは早めに別保管にしないと、いい状態のみかんも悪くなってきます。

 

高温多湿には弱い。
みかんは高温多湿に弱いです。風通しの良いところに保管するのがいいでしょう。
段ボールで箱買いした場合も、段ボールのままだと悪くなりやすいです。
かごなどの通気性のいいものに移動させて保管すると長持ちします。

 

冷蔵保存の場合

みかんの保存に向いている温度は3度~5度と言われています。
これは冷蔵庫の庫内温度と一致します。
しかし、冷蔵庫での保管はお勧めしません。
なぜなら、みかんは乾燥に弱いのです。
冷蔵庫の中はファンが回っていて、空気の対流があります。
この風でみかんが乾燥してしまうので長持ちしません。

納豆は冷蔵庫で保存

冷凍保存の場合

冷凍みかんっておいしいですよね!
冷凍したら約1か月間~2か月くらい持ちます
解凍したみかんは従来のみかんとは別ものですが、冷凍みかん独特のシャリシャリした食感を楽しめます。

冷凍みかんはおいしい

家庭用の冷凍庫は冷凍能力が低いためゆっくり凍っていきます。
このため細胞壁が壊れてしまうので、解凍した時元に戻らないのです。
業務用の冷凍庫は冷凍能力が高く一定温度を保ちます。
このため急速冷凍ができるので、家庭用に比べお店で買った冷凍みかんの方がおいしいです。

 

賞味期限を過ぎたらどうなるか

賞味期限を過ぎたら溶けるように悪くなってきます。
また、カビが生えて緑色の部分が目立って来たりします。

みかんの賞味期限
溶けるように悪くなっている場合は、悪くなった部分と少し多めに取ってしまえば食べても問題ありません。
カビが生えている場合は、なんでもない部分までカビの根が生えている場合があります。
ちょっともったいないですが、まるごと1個捨ててしまいましょう。

 

⇒ みかんの出荷時期・旬

 

おいしく食べるには

風邪通しのいい室内で保管したみかんを食べます。
人間はこたつにずっといると汗で水分が抜けていきます。
この時の水分補給、ビタミンC補給でみかんがすごくおいしく感じます。

 

⇒ 甘いみかんと酸っぱいみかんの見分け方

 

冷凍みかんも良いですが、家庭でおいしく冷凍みかんを作るのは難しいです。
冷凍庫にアルミ板を入れてその上にみかんを置くと比較的早く凍ります。
みかんを入れた後は、ドアの開閉を控え温度が下がるのを邪魔しないようにします。

 

食べるときは、常温において、5分~10分くらいで食べられます。

こたつでみかんは最強

 

消費期限

みかんの消費期限は、悪くなるまでと言うのが判断基準だと思います。
収穫から3週間~1か月程度。
スーパーなどで買ってきた場合2週間程度

 

その上、目で見て、触ってみて、溶けるように悪くなっていないこと。
カビなどが生えていないこと。
賞味期限を過ぎても食べられますが、甘くなかったりするので頑張って食べる理由があまりありません。

みかんの箱買い

 

⇒ おいしいみかんを探す

 

まとめ

みかんは収穫から2週間~1か月くらいは美味しく食べられる賞味期限。

腐ったり、カビが生えたりするまでは食べられる。
目で見て、確認して食べましょう。

悪くなっている場合は、その部分だけ外して食べたらOK.
ただしカビが生えている場合は諦めましょう。

概ね3か月くらいまでが消費期限。
スーパーで買ってきたものは週間程度。

 

 

   

スポンサーリンク

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ