焼きそば(やきそば)の賞味期限・消費期限・日持ちについて

焼きそばを作ったら余ることがあります。

そのとき、どのくらい日持ちするのかと、どのように保存するのが一番日持ちするのかをお知らせします。

 

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ




この記事も注目されています♪


 

焼きそばを作ると、作った後から水分が抜け始めます。

冷める前にラップをすると上記がラップ内にたまってしまい、焼きそば自体が水分でべちゃべちゃになってしまいます。

焼きそばを作った後は、冷めるまでは常温で保存した方がいいでしょう。
焼きそばの保存方法

賞味期限

焼きそばを常温保存した場合、安心安全に保存できるのは1日程度です。
それ以上は、食中毒の危険もでてきます。

 

食中毒は夏場に注意が必要だと思っている方が多いのですが、実は7月~9月が多いのですが、同じくらい12月、1月も多いのです。

注意が必要なのです。

放置していると食中毒の危険が高まる焼きそば

焼きそばは製造から5日以内には劣化で食べられなくなってしまいます。

その場合、お店の商品ならば「賞味期限」ではなく、「消費期限」が設定されます。

 

ちなみに、カップ焼きそばの「賞味期限」は、概ね3分です。

カップ焼きそばの賞味期限

ラーメンも同じですが、3分で作った麺は3分経過したら伸び始めます。

つまり、お湯を注いで3分経過してお湯を切ったときから、3分間が「賞味期限」と言えます。

 





スポンサーリンク



消費期限

焼きそばは、お店などで製造したものは、5日以内に劣化で食べられなくなってしまいます。
その場合は、「消費期限」が設定されています。

焼きそばの消費期限は製造から24時間以内と考えられます。
焼きそばの消費期限
作った焼きそばの保存は常温保存ではなく、冷蔵での保存をされてください。

焼きそばの具材は、キャベツ、にんじん、豚肉などが一般的ですが、火の入りが弱く半生の場合焼きそば自体の劣化が早くなります。

調理の際は、しっかりと火を入れるようにしましょう。

 

目玉焼きなどを乗せる場合は、卵黄が半生になりやすいので保存には向いていません。

目玉焼きだけ後で調理して、乗せるか、目玉焼き自体をあきらめましょう。

目玉焼きが乗った焼きそば

 

常温保存できるか

焼きそばは常温保存可能です。

しかし、常温保存の場合は劣化が早いです。

7月から12月、1月くらいまでは食中毒が多いので要注意です。

食中毒は夏場だけではないのでご注意ください。

 

夜店や屋台などの場合は、保温のために加熱し続けます。

これは、各食材に完全に火を入れ食中毒を抑える効果があるのと、お客さんが熱々で食べられる2つの効果があります。

夜店の焼きそば
常温での保存の場合は、熱いうちくらまでの保存にしましょう。

概ね1時間~2時間程度の保存がお勧めです。

冷蔵保存の場合

焼きそばは冷蔵庫での保存がお勧めです。

ただし、粗熱があるうちは常温に置き、冷めてきてからラップをして、冷蔵庫で保存してください。

冷蔵庫保存でも6時間以内の保存がお勧めです。

 

冷凍保存の場合

焼きそばを冷凍保存する場合は、冷凍用のバッグなどを利用するとよいでしょう。

冷凍の場合は、約1週間程度日持ちすると言えます。

焼きそばを家庭用の冷凍庫で冷凍する場合、凍るまでに時間がかかるので、その間に味も食感も劣化してしまいます。

家庭で作った焼きそばを冷凍するのはお勧めしません。

 

一方業務用の焼きそばは、業務用の冷凍庫で冷凍するので、味の変化が少ないです。

冷凍して保管したい場合は、最初から冷凍したものを買う方がいいでしょう。

 

賞味期限を過ぎたらどうなるか

冷凍の焼きそばの場合は、「賞味期限」が記載されています。

賞味期限切れの場合は問題なく食べることが出来ます。

「賞味期限」と言う物はメーカーが保証するおいしく食べられる期間です。

 

賞味期限切れ後は風味が落ちる可能性がありますが、食べることは可能です。

ただし、保存方法は表示の正しい方法で保存されている必要があります。

 

消費期限を過ぎたらどうなるか

焼きそばは消費期限を過ぎたら、臭いが酸っぱくなってきます。

他にも以下のような変化があります。

 

臭いがすっぱくなる

味がおかしくなる

持ち上げると糸を引く

 

常温保存していて、一度毒素が出てしまうと、加熱しても菌は死にません。

長期間保存した焼きそばは食べるのを控えた方がいいでしょう。

 

おいしく食べるには

焼きそばをおいしく食べるには、通常の調理の後に、削り節などの粉を後乗せするとさらに風味がよくなり、おいしく食べられます。

 

 

まとめ

焼きそばの賞味期限は、6時間以内。

消費期限は24時間以内です。

ただし、カップ焼きそばは調理から3時間以内です。

 


スポンサーリンク

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ