わらびの賞味期限・消費期限・日持ち・保存方法とは

春の訪れを知らせる山菜「わらび」。

たくさん生えていると、取るのが楽しくなってしまい取りすぎてしまいます。

どのくらい日持ちするのか、賞味期限・消費期限と保存方法をお知らせします。

わらびはアク抜きが少し特殊なので、アク抜きについてもお知らせします。




この記事も注目されています♪


スポンサーリンク



にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ

 

わらびの賞味期限・消費期限

わらびの賞味期限/消費期限:2日~3日間
わらびの賞味期限

わらびは、採取から1日~2日以内にアク抜きをした方がよいです。

山菜は、すぐに劣化していく傾向にあります。

簡単なアク抜き方法は、以下にお知らせしますので、そちらをご確認ください。

 

アク抜きをする手間と時間がない場合は、塩漬けにする方法があります。

 

わらびは、スーパーなどでも売られていますが、生鮮食料品なので、賞味期限も、消費期限も記載されていません。

わらびの賞味期限

 




スポンサーリンク



わらびの保存方法

わらびの保存方法について、常温・冷蔵・冷凍についてお知らせします。

常温保存

わらびは常温保存可能です。

スーパーでも陳列は、常温で陳列されています。

常温保存で1日~2日間日持ちします。

わらびの常温保存

 

冷蔵保存

わらびは冷蔵保存可能です。

アク抜きをしたら、水に浸したまま冷蔵保存します。

タッパーか冷蔵バッグに入れて保存したらいいでしょう。

アク抜きして、水に浸しておけば3日~4日は日持ちします。

水は、毎日交換する必要があります。

わらびの冷蔵保存

バットなどに水を張って保存した場合、水から出た部分からしおれてしまいます。

すべての部位が水につかっている必要があります。

ご注意ください。

 

冷凍保存

わらびは冷凍保存可能です。

わらびは冷凍保存が可能です。

アク抜きをして、フリーザーバッグなどに水と共に入れた状態で冷凍します。

 

水なしで冷凍する場合は、事前に5cm程度にカットしてから冷凍すると使いやすいです。

冷凍したら1年くらい日持ちします。

 

わらびについて

わらびは、山菜の一つで、シダ植物に分類です。

わらびの葉

 

わらびは、春から初夏の頃に、葉の開いてない若芽(葉)を採取しスプラウト(芽)を食べます。

わらびの芽

 

そのほか、有名な食べ方として、根茎から取れるデンプンは「わらび粉」です。

これからできたものが「わらび餅」です。

 

どちらの場合も、毒性があるため生のままでは食べられません。

昔から、アク抜きとして、熱湯に木灰や、重曹を入れ、アク抜きをしたり、塩漬けにして無毒化をします。

 

わらびのアク抜き

わらびは毒性があるので、食べるためには必ずアク抜き(毒抜き)が必要です。

伝統的なやり方としては、アク抜き前に5cmくらいの長さに切りそろえて、断面を揃えます。

ひもなどで1食分ずつくくって、重曹や木炭を振りかけ、刷り込みます。

その上からお湯をかけ、一晩袋に入れたままにしておく方法です。

わらびのアク抜き

 

最近のやり方では、単にわらびをタッパーなどに入れて、そこに水道水を入れ、水2Lに対して、重曹を小さじ1杯入れ、一晩おけばアクが抜けます。

重曹は、掃除用のありますが、食用のものを準備しましょう。

わらびと重曹

 

見た目は、塩と似ています。

塩は「塩化ナトリウム」、重曹は「炭酸水素ナトリウム」で、ナトリウムつながりで似ているのかもしれません。

重曹とわらびのアク抜き

 

わらびは、賛成の土壌に生えます。

ナトリウムはアルカリ性なので、中和することで解毒(アク抜き)になるのかもしれません。

 

わらびの食べ方

炊き込みご飯

わらびは、炊き込みご飯や混ぜご飯にすることが多いです。

時期的にタケノコをいれて混ぜご飯にすることもあります。

わらびの炊き込みご飯

 

味噌汁

わらびは、(アク抜きの後)適当な長さにカットして、味噌汁に入れてもおいしいです。

独特な苦みが、味噌汁の味に深みを与えます。

味覚が鋭い子供のうちは苦手な子が多いです。

わらびの味噌汁

 

炒め物

ごま油を使って、炒めるとお酒のアテに最高です。

わらびの炒め物

味付けに香味シャンタンを入れるとより中華風になります。

 

まとめ

わらびの賞味期限、消費期限:1日~2日間【常温保存】

わらびの賞味期限、消費期限:3日~4日間【冷蔵保存】※アク抜き後




この記事も注目されています♪


スポンサーリンク



にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ

姉妹サイト

カップ麺を食べつくしたレビュー
カップ麺を次々自腹購入してレビューしていきます。
サラリーマンのオフィスで節約・時短・貧乏飯ランチ
サラリーマンがオフィス内で食べられる極限まで節約したランチを極めます。
本当は怖い添加物の大辞典
日常の食品の添加物とその危険性をお知らせします。

コメントを残す