オリーブオイルの賞味期限・消費期限・日持ちについて

日本人の場合、使い道があまり思いつかなくて買ったはいいけれど、余らせてしまうのがオリーブオイルではないでしょうか。

実際、オリーブオイルってどのくらい日持ちするのか。

賞味期限や消費期限はどれくらいなのか、お知らせします。

 




この記事も注目されています♪


スポンサーリンク



にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ

 

オリーブオイルについて

オリーブオイル、オリーブ油は、オリーブの果実から摂れる油です。

オリーブオイルはオリーブの実から取れる

オリーブオイルは、酸化されにくいオレイン酸を比較的多く含みます

他の食用の油脂に比べて酸化されにくくて、常温で固まりにくい性質を持っています。

 

主に、地中海に面した地域(イタリア、スペイン、ギリシャ、マシュリク、シチリアなど)で好んで使われています。

特に、ギリシャでの消費量は世界一です。

日常の食卓において様々な料理に使われていて、日常生活に欠かせない食材となっています。

 

オリーブを遠心分離などによって、直接得られた油をヴァージン・オイルと呼びます。

その中でも果汁としての香りが良くて油としての品質がとても高いものを特にエクストラ・ヴァージン・オイルと呼ぶ。

 

オリーブオイルのうち、食用の物は以下の6種類です。

  • エクストラ・ヴァージン・オイル・・・かなり品質が高いヴァージンオイル
  • ファイン・ヴァージン・オイル・・・品質が高いヴァージンオイル
  • オーディナリー・ヴァージン・オイル・・・複数の欠点がある
  • 精製オリーブオイル・・・食用に不向きなランパンテ・ヴァージン・オイルを精製したもの
  • オリーブ・オイル(ピュア・オリーブオイル)・・・精製オリーブオイルと中程度の品質のヴァージンオイルをブレンド
  • オリーブ・ポーマス・オイル・・・精製オリーブポマースオイルにヴァージンオイルをブレンド

上に行くほど高価ですが、上の方が全てにおいていいと言う訳ではありません。

 

サラダや、パンに使う場合は、香りが強いエクストラ・ヴァージン・オイルファイン・ヴァージン・オイルがお勧めです。

 

炒めものには、オリーブ・オイル(ピュア・オリーブオイル)が適しています。

それぞれに適した種類があるのです。

 

オリーブオイルの賞味期限

オリーブオイルの賞味期限:1年~2年間

オリーブオイルは、酸化しやすいのですが、未開封の場合は比較的日持ちします。

直射日光にも弱いので、日の当たらない所に保管しましょう。

冷暗所が基本です。

オリーブオイルの賞味期限

 

あわせて読みたい情報(それぞれ別窓で開きます)
 賞味期限とは
 消費期限とは
 賞味期限と消費期限の違いについて勘違いが多すぎる件

 

オリーブオイルの消費期限

オリーブオイルの消費期限:2か月~3か月間

オリーブオイルは、開封してしまったら2か月~3か月くらいの間に使い切りましょう。

最初のうちは、サラダやパンに直接ぬるなどして、香りを楽しみます。

オリーブオイルの冷蔵保存

 

酸化が進むと、炒め物に使うといいでしょう。

アヒージョなどは、量もたくさん使いますし、オイルがエビなどのにおいを吸いますので、これもメニューの魅力の一つとなります。

オリーブオイルとアヒージョ

 




スポンサーリンク



オリーブオイルは常温保存できるか

オリーブオイルは常温保存可能です。

オリーブオイルは紫外線により劣化します。

紫外線は太陽光線だけではなく、蛍光灯の光にも含まれているため、オリーブオイルを保存する場合は冷暗所で保存します。

手に取りやすい食卓や台所に置く場合は、黒い瓶やアルミホイルで覆った瓶で遮光すると劣化がおさえられます。

 

オリーブオイルは、高温にも弱いので、30℃以上の場所には保管しないようにしましょう。

ヒーターやストーブなどの近くもNGです。

 

低温になると、白く濁って固まってしまいます。

冬場では、室内でも10℃以下になる場合は、固まってしまいます。

品質は変わらないのですが、粘度が変わって使いにくいので瓶ごと湯銭にかけるなどして温めてください。

 

長期保存すると、風味は落ちしていきますので、できるだけ保存しないで早めに使い切る方が良いでしょう。

オリーブオイルの常温保存

オリーブオイルの冷蔵保存の場合

オリーブオイルは冷蔵保存可能です。

オリーブオイルは低温になると白く濁って固まってしまいます。

料理に使いにくくなってしまうので、お勧めしません。

 

白濁は10℃以下になると起こりやすいので、冷蔵庫(2~3℃)では固くなり使いにくくなります。

オリーブオイルの冷蔵保存

 

オリーブオイルの冷凍保存の場合

オリーブオイルは冷凍に向きません。

オリーブオイルは、冷凍すると緑色が濃くなって固まります。

解凍すればまたオリーブオイルとして使えますが、風味は落ちてしまいます。

オリーブオイルの冷凍

 

常温で保存して酸化させてしまうよりは、劣化が少ないのですが、冷凍前の状態に戻るわけではないので、冷凍保存はお勧めできません。

 

オリーブオイルをおいしく食べる方法

オリーブオイルは、酸化すると風味が落ちます。

そのため、買う時には少々割だけでも、小さめのビンを選ぶようにしましょう。

特に、一人暮らしの場合は、1Lや2Lのお徳用を買ってしまうと、いつまでのなくならず劣化していくだけになります。

 

出来るだけ小さいビンで、早めに使い切れるようにしましょう。

 

まとめ

オリーブオイルの賞味期限:1年~2年間【常温保存】

オリーブオイルの消費期限:2か月~3か月間【常温保存】

 




この記事も注目されています♪


スポンサーリンク



にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ

姉妹サイト

カップ麺を食べつくしたレビュー
カップ麺を次々自腹購入してレビューしていきます。
サラリーマンのオフィスで節約・時短・貧乏飯ランチ
サラリーマンがオフィス内で食べられる極限まで節約したランチを極めます。
本当は怖い添加物の大辞典
日常の食品の添加物とその危険性をお知らせします。