ギフトや手土産にしたい日持ちするお菓子(東京編)

ギフトや手見あげにしたいお菓子を選ぶ時日持ちを考えるのは常識です。

今日渡しても、相手は今日食べるかどうか分からないからです。

どんなことが考えられるかも含めてお勧めをお知らせします。




この記事も注目されています♪


にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ

手見あげのお菓子に求められる事

こちらの条件を満たしていると手土産はもらった方に喜ばれやすいです。

そこには「相手の都合」があるので、そこを思いやる心につながっていると言えます。

 

日持ちする

ギフトやプレゼントするお菓子に求められることの一つとして「日持ち」があります。

例えば、会社に手みやげとして渡す場合、その後、各社員に配られることがあります。

そのため、実際に食べるまでに数日かかることがあります。

また、会社に来られたお客さんに出すかもしれません。

消費期限が1日で、渡したその日に食べきる必要があるお菓子をあげると、実際にお菓子を食べる人は消費期限を過ぎたものを食べることになってしまいます。

 

一般家庭にあげる場合を考えても、30個入りなどを上げた場合、家族4人で食べきるまでにはある程度の期間が必要です。

おすそ分けするかもしれないので、2次的にもらった方が食べるのはいつになるのか・・・

 

ギフトやプレゼントにする場合は、最低でも2週間程度日持ちするものが良いでしょう。

出来れば1か月程度あれば、なお良いと言えます。

ギフトのお菓子に求められる物

どこのお菓子か分かること

ギフトやプレゼントする場合、必ず理由があります。

そこを考えると「どこのお菓子か」と言うのがあった方が気持ちを伝えやすいです。

 

例えば、挨拶に先方に行くとしたら、自分の地元のお菓子の方が相手に自分の印象を付けることが出来ます。

また、相手をねぎらうような場面の場合は、その人の出身地の物でその人が慣れ親しんだであろうお菓子が喜ばれます。

 

そのため、お菓子の箱に「地域名」が入っているとより良いと言えます。

 

市販のお菓子が手作りより日持ちする秘訣

市販のお菓子は一般的に手作りのお菓子よりも日持ちします。

その理由はなんでしょうか?

 

雑菌の繁殖が少ない

市販品のお菓子の多くは工場で生産しています。

工場ではクリーンルームと言って雑菌やほこりなどを出来るだけ排除しています。

また、その中で作業している人も入口でエアーカーテンを通ってから工場に入るので、ほこりを向上に持ち込みません。

雑菌に触れないのでお菓子は日持ちするのです。

工場で作るので、お菓子は日持ちする

 

空気に触れない

市販品のお菓子は全体的にも包装されていますが、個別にも包装されています。





スポンサーリンク



物によっては、それぞれに乾燥材が入っています。

そのため、空気に触れず酸化しにくいのです。

カビたり、腐ったりしにくいので日持ちするという訳です。

 

手土産にしたい日持ちするお菓子(東京編)

ガトースフレ(銀座ブルーミッシュ)

賞味期限:3週間から1か月

箱にも商品名にも「銀座」と言う地域名が入っているので、東京のお菓子を上げようと思っている時には安心です。

一方で価格帯としては結構手ごろで、手土産にも喜ばれます。

個別包装なので、日持ちします。

 

銀座ゼリー(パティスリー銀座千疋屋)

賞味期限:300日

高級フルーツ店の代名詞、銀座千疋屋(せんびきや)のゼリーです。

お店の名前を知らない人はいないでしょうから、もらった方も嬉しい品物と言えます。

こちらも「銀座」も入っているので安心ですし、高級感が半端ないです。

密閉包装なので、空気との接触がなくかなり日持ちします。

 

 

ラム酒香るオトナのすいーとぽてとケーキ(オーガニックサイバーストア)

賞味期限:180日

三代目たいめいけん監修のスイートポテトです。

冷凍ですが、180日も持ちます。

新しいのに、どこか懐かしい味で、年齢など幅広く好かれます。

 

東京のお菓子でないといけない理由

東京のお菓子を選ぶ時、必ずそこには理由があります。

例えば、こんなことがあると思います。

 

  • 東京に出張に行ってお土産を忘れた
  • 海外の人にプレゼントしたい
  • 東京に行ったことにしたい
  • 「東京」と言うステータスを利用して高級感を出したい

 

東京に出張に行ってお土産を忘れた

東京に出張に行ってお土産を忘れた場合は、思いっきり「東京」と入っている方が良いです。

何なら「東京みやげ」と書かれていてもいいでしょう。

 

東京スカイツリークリスピーショコラ(モロゾフ)

賞味期限:

自宅用としても喜ばれますし、会社用ならば価格も抑え目でたくさん数が入っています。

コーヒーと合わせてもすごく合うので、誰でも喜ぶお菓子と言えます。

しかも、モロゾフが作っているので、味は折り紙付きです。

 

海外の人にプレゼントしたい場合は、あえて日本的なものを選びたいですね。

和菓子の方が良いでしょう。

しかも、どれくらい先に食べるか分かりにくいですので、思いっきり日持ちするものが良いです。

 

羊羹(とらや)

賞味期限:1年間

とらやの羊羹は一応賞味期限1年となっていますが、それよりももっと日持ちします。

⇒ 羊羹の賞味期限が長い件、消費期限・日持ちについても

高級羊羹の筆頭、とらやの羊羹ならば、「ザ・日本」のお菓子と言えます。

思いっきり日本らしいお菓子として自信をもって渡せると思います。

 

東京に行ったことにしたい

東京に行ったことにしたい場合、何らかの偽装でしょうか。

浮気でしょうか(汗

東京みやげならば良い訳なので、上のスカイツリークリスピーなどが無難でいいでしょう。

あまり凝ったものを買うと、かえって怪しいこともあります。

ほどほどで・・・

 

「東京」と言うステータスを利用して高級感を出したい

こういう時は、お中元やお歳暮などの時かも知れません。

価格は安い方が良いけれど、とにかく高級に見えた方が良さそうです。

 

ごまたまごプリン(銀座たまや)

賞味期限:50日

見た目も目新しいですし、意外に日持ちします。

「銀座」と入っているので、東京感もばっちりです。

 

 


スポンサーリンク

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ