コーンフレークの賞味期限・消費期限・日持ちについて

手軽な朝食に最適なコーンフレーク。

水分量も少なくてかなり日持ちしそうです。

賞味期限や消費期限、どれくらい日持ちするかを調べました。

また、コーンフレークの正体についても意外なことが分かりました。

 

スポンサードリンク






この記事も注目されています♪


 

コーンフレークはコーン(トウモロコシ)の粉を水で練った後、加熱してから圧搾して、薄い破片にしたものです。

1894年にケロッグ博士が開発したとされています。

商品のケロッグは有名です。

元々は栄養価の高いパンを作ろうと開発していたけれど、乾燥させてしまった失敗作から生まれたと言います。

 

コーンフレークの賞味期限

コーンフレークの賞味期限:約6か月
コーンフレークの賞味期限は約6か月。

商品やメーカーによって異なるようです。

特に統一規格はありません。

コーンフレークの賞味期限

 

コーンフレークの消費期限

コーンフレークの消費期限:約9か月
本来、消費期限とは、製造から5日以内に寿命が来る製品に表示が義務付けられたものです。





スポンサーリンク



コーンフレークはこれに該当しませんので、「ここまでならば食べられる期間」と言う意味合いにしています。

ちなみに、これは未開封の状態で、開封後は約1か月程度で食べきる必要があります。

コーンフレークの消費期限

 

コーンフレークは常温保存できるか

コーンフレークは常温保存可能です。

 

コーンフレークは含有水分量が少ないです。

そのため、カビたり腐ったりする可能性が低いです。

常温保存可能です。

高温多湿の場所を避けて保存する必要があります。

コーンフレークの保存方法

 

コーンフレークの冷蔵保存

コーンフレークは冷蔵保存可能です。

 

コーンフレークは冷蔵保存することは可能です。

ただし、袋内の温度との差で袋内部に水分が発生し、逆に劣化が早まることがあります。

冷蔵庫での保存はあまりお勧めしません。

コーンフレークの保存方法

 

コーンフレークの冷凍保存

コーンフレークは冷凍保存可能です。

 

コーンフレークは冷凍可能です。

ただし、含有水分量が少ないので、見た目に凍ったようには見えません。

しかし、袋内の水分が固まることがあります。

その際は、解凍時にコーンフレークが劣化します。

あまりお勧めしません。

コーンフレークの日持ち

コーンフレークが腐っているかの判断

コーンフレークが腐っているかの判断として以下の3つのポイントがあります。

臭い

異臭がすることがあります。

酸っぱくなったり、苦くなったりすることがあります。

見た目

コーンフレーク表面の黒いつぶは製造過程でつくものなので、気にする必要はありません。

カビなどで白やピンクになっている場合は、処分する方がいいでしょう。

 

「賞味期限」切れの場合は問題なく食べることが出来ます。

「賞味期限」と言う物はメーカーが保証するおいしく食べられる期間です。

 

賞味期限切れ後は風味が落ちる可能性がありますが、食べることは可能です。

ただし、保存方法は表示の正しい方法で保存されている必要があります。

 

コーンフレークをおいしく

コーンフレークは、牛乳をかけると柔らかくなり、食べやすくなります。

また、栄養価も高くなります。

コーンフレークの日持ち

 

コーンフレークのまとめ

コーンフレークの賞味期限:6か月
コーンフレークの消費期限:9か月

 

コーンフレークは、保有水分料が少ないので比較的日持ちする食品です。

栄養価もバランスよく、高く設定してあるので、朝食として最適です。

また、保存食としても良いので、避難用などで保存する中に入れてもいいでしょう。


スポンサーリンク

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ