ジャムの賞味期限・消費期限・日持ちについて

ジャムは数回で使いきれないので、いつの間にか忘れてしまったり・・・
ジャムは賞味期限が色々です。
その賞味期限を決めているのは意外な物でした。




この記事も注目されています♪


にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ

ジャムはその糖度によって賞味期限が変わります
まずは、その糖度に呼び名がありました。
こちらにお知らせします。

ジャムの賞味期限

 

糖度 呼び名
糖度65%以上 高糖度
糖度55%以上65%未満 中糖度
糖度40%以上55%未満 低糖度
糖度40%未満 なし

(日本ジャム工業組合 による)

ジャムは栓をした後殺菌されるものが多いです。
そのため、開封前は空気に触れないので賞味期限は長めです。
逆に開封後は空気に空気に触れるため賞味期限に関係なく早めに食べることをお勧めします。

 

賞味期限

ジャムの賞味期限は容器によっても異なります。
上記の糖度と合わせて賞味期限が決定します。

 

容器 糖度 賞味期限
びん詰 高糖度・中糖度 2ヵ年以内
びん詰 低糖度 18ヵ月以内
紙カップ入り 1年以内
ポーションパック 6ヵ月前後
小袋入り 6ヵ月前後
缶詰 3ヵ年以内

(日本ジャム工業組合 による)

ジャムの糖度が賞味期限を決める





スポンサーリンク



消費期限

ジャムの場合消費期限が記載されているものは少ないです。
通常は賞味期限の1.3~1.5倍くらいを考えるのですが、ジャムの場合は、悪くなっていないかで判断して下さい。

 

常温保存できるか

商品には「開封後は冷蔵保存」と書かれています。
ジャムやマーマレードは酸性の食品です。
酸性の食品はバクテリアの繁殖を抑える働きがあります。
3か月~半年以内に使い切れるなら、通常ジャムは冷蔵庫に入れる必要はなく、常温保存で大丈夫と言う意見もあります。

ジャムは常温保存可能
但しジャムを使うときは清潔なスプーンやナイフを使うこと。
使い終わったら、瓶はすぐに封をすること。

空気に触れている時間はできるだけ短くした方が良いです。
カビが生えてしまった場合は、目に見える部分だけ取り除いてもダメなのです。
全体に広がっている恐れがあるので食べないことをお勧めします。

室内で保存し、半年以内に使い切るので十分だという研究者もいます。

一般的には、冷蔵庫保存がいいといわれています。
低糖度のジャムなどは温度が上がると、カビや酵母が生えやすくなります。

疑問
ジャムの便と言えばふたが固くて開けられない時があるのよね。
解決
すごく簡単に開く器具が発売されています。利用してみたらどうでしょう。ジャムだけではなく、他の便などにも使えます。

 

冷蔵保存の場合

ジャムは冷蔵保存が最適です。
開封前は瓶内にカビや酵母がほとんどないので長期保存が可能です。
開封後は賞味期限に関係なく早めに食べることをお勧めします。

ジャムは冷蔵保存

冷凍保存の場合

ジャムは冷凍可能です。
しかし、冷凍するとどうしても風味が落ちます。
また、一度冷凍してしまうと解凍しても冷凍前の状態と同じにはなりません。

 

賞味期限を過ぎたらどうなるか

賞味期限切れの場合は問題なく食べることが出来ます。
「賞味期限」と言う物はメーカーが保証するおいしく食べられる期間です。

賞味期限切れ後は風味が落ちる可能性がありますが、食べることは可能です。
ただし、保存方法は表示の正しい方法で保存されている必要があります。

 

消費期限を過ぎたらどうなるか

まず、ジャムは賞味期限内でもカビが生えることがあります。
これは開封すると空気に触れるためカビが生えることがあります。

ジャムの適度な水分と温度は時としてカビを生えやすくします。
カビが生えている場合は食べるのを控えましょう。

 

逆に白いものが見られる場合は問題ありません。
白く見えるのは、ブルーベリー果実の表面にある天然の白い果粉によるものです。
たまに見られます。
この白い果粉はぶどう、柿、りんごおよびきゅうり等にも見られます。

 

おいしく食べるには

焼いたトーストに塗って食べるほかに、冷やしたヨーグルトに乗せて食べてもおいしいです。

ジャムはトーストに乗せて食べるとおいしい
オートミールやコーンフレークに牛乳だけでなく、ジャムも乗せるとおいしいです。
飲み物では、少し濃く出した紅茶にいちごジャムやマーマレードを入れてロシア風ジャム入り紅茶として飲む手もあります。

 

まとめ

賞味期限は、ジャムの糖度、入れてある容器によって異なる
消費期限が書かれていることは少ない。
ジャムの状態を見て判断します。

 

 

   

スポンサーリンク

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ