チャーハンの賞味期限・消費期限・日持ちについて

チャーハンは、大人から子供まで幅広い世代に人気があります。

ご飯が中途半端に余った時など、冷蔵庫の余り物と一緒に整理が出来るので便利な料理です。

しかし、チャーハンは、意外に細菌が繁殖しやすく、夏場の保存については工夫が必要です。

今回はチャーハンを美味しく食べられる賞味期限・消費期限・日持ちについてご紹介します。




この記事も注目されています♪


にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ

 

チャーハンの賞味期限

チャーハンの賞味期限:数時間【常温】

チャーハンの賞味期限は、数時間~1日程度です。

夏場は細菌が繁殖しやすい時期なので、常温であれば数時間で食べてしまう方が安全です。

 

一方、冬場は、1日程度であれば、常温保存も可能です。

ただし、冬場でも室内が暖房で温まっている場合は、冷蔵保存の方が安心です。
チャーハンの賞味期限

 

チャーハンの消費期限

チャーハンの消費期限:1~2日【冷蔵】

チャーハンの消費期限は、冷蔵保存で1~2日です。

すぐに食べきれない時や、作り過ぎてしまった時には、冷凍保存をしてしまったほうが長持ちします。
チャーハンの消費期限





スポンサーリンク



 

チャーハンは常温保存できるか

チャーハンは常温保存可能です。

しかし、チャーハンを常温保存する時には、季節を問わず必ず『冷暗冷所』を選びましょう。

チャーハンは常温ではセレウス菌などの繁殖が心配されているため、長時間の常温保存は危険です。

 

夏場のように、暑い季節や、暖房がガンガンきいている場所では、常温の長時間保存は向きません。
食中毒が怖い人は、冷蔵庫に入れて保存する方がおすすめです。
チャーハンの保存方法

チャーハンの冷蔵保存

チャーハンは冷蔵保存可能です。

チャーハンの味を落とさず、手軽に保存をすることに一番適しているのが冷蔵保存です。

冷凍保存すれば、チャーハンは長持ちします。

一方で味は落ちてしまうという欠点があります。
チャーハンが冷めたことを確認したら、ラップをかけたり保存容器に入れて冷蔵庫に入れておきましょう。

細菌の繁殖を防ぐ梅干しなどの酸味のある食材を使うとチャーハンが腐りにくくなります。
チャーハンをおいしく食べる方法

 

チャーハンの冷凍保存

チャーハンは冷凍保存可能です。

チャーハンは冷凍保存であれば、1カ月程度は持つと言われています。

ただし、チャーハンの具材によって、腐りやすい食材が使用されている場合は、冷凍に向かないケースもあります。

 

そのままだと美味しいレタスチャーハンなんかも、冷凍保存となると、レタスが水分が多く腐りやすい食材のため、冷凍でも長期保存には向きません。

冷凍チャーハンのように、パラパラの美味しいチャーハンになるように保存するには、しっかりご飯を均一にならすことが大事です。

 

そして、数時間してご飯が団子状に固まっている場合は、揉みほぐして、再度均一にならすことがポイントです。

金属トレーに乗せると、早くチャーハンを冷やすことができるのでおすすめです。

 

チャーハンが腐っているかの判断

チャーハンが腐っているかの判断として以下の3つのポイントがあります。

臭い

チャーハンが腐っている場合、納豆のような明らかに嫌な臭いがします。

冷凍保存した場合は、味が落ちたり、冷凍臭さが多少残ることもあります。
しかし、本当に腐っている場合は、納豆臭いにおいに変わります。

見た目

カビが生えたり、糸を引きます。

 

チャーハンが腐っている場合は、見た目や臭いからでも十分判断ができます。
レンジで温めてみた時に、嫌な臭いがしてきたら、その時は粘りなどをチェックをしてみましょう。
万が一、粘りやカビなどが見つかった場合は、そのまま食べずに、処分しましょう。

「賞味期限」切れの場合は問題なく食べることが出来ます。
「賞味期限」と言う物はメーカーが保証するおいしく食べられる期間です。

賞味期限切れ後は風味が落ちる可能性がありますが、食べることは可能です。
ただし、保存方法は表示の正しい方法で保存されている必要があります。

 

チャーハンをおいしく

一般的にチャーハンは「パラパラが良い」とされています。

でも、家庭のチャーハンはパラパラしていないです。チャーハンをおいしく食べる方法

「しっとりチャーハン」も家庭の味として受け入れることで満足度が上がります。

しっとりチャーハンもパラパラチャーハンに負けないくらいおいしいですよね。

チャーハンのまとめ

チャーハンの賞味期限:数時間【常温】
チャーハンの消費期限:1~2日【冷蔵】

チャーハンは火が通っている印象があるので、腐りにくいと思っている人もいると思います。
しかし、実際には、チャーハンは常温や冷蔵では、あまり長持ちしません。
チャーハンを長持ちさせたい場合は、やはり市販で売られている冷凍チャーハンのように、冷凍保存するのが最適です。
ただし、一般家庭の冷蔵庫は、冷凍力が弱いため、市販の冷凍チャーハンのように上手く冷凍保存できないこともあります。
一緒に炒める具材によっても、冷凍向きではなくなることもあります。
一般家庭でチャーハンを冷凍保存するのであれば、1カ月程度を目途に食べ切る方が安心です。

 

   

スポンサーリンク

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ