トルコライスの賞味期限・消費期限・日持ちについて

トルコライスとは、主に長崎市を中心のご当地グルメです。

色々な種類はあるのですが、一番メジャーなのは、「ピラフ」「スパゲティナポリタン」「デミグラスソースのかかったとんかつ」の3種類が1つにプレート上に盛られた料理を指します。

トルコライスの賞味期限とトルコライスの秘密をお知らせします。

 




この記事も注目されています♪


にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ

 

 

トルコライスとは

まずは、トルコライスの説明が必要かもしれません。

トルコライスとは、「ピラフ」「スパゲティナポリタン」「デミグラスソースのかかったとんかつ」の3種が1ディッシュに乗った料理です。

トルコライスとは

ちなみに、トルコ料理ではありません。

しかも、トルコには似た料理もありません。

それどころか、炭水化物とおかずを1つのお皿に乗せる文化もなければ、イスラム教なので、豚肉を食べる文化もありません。

さらに、豚肉はタブーとされています。

そのため、トルコライスは、いわゆる、日本が発祥の洋食です。

 

トルコライスには、以下の3つのスタイルがあります。

長崎スタイルのトルコライス

一番メジャーなトルコライスと言えます。

長崎県長崎市を中心にトルコライスと呼ばれているものです。

「ピラフ」「スパゲティナポリタン」「デミグラスソースのかかったとんかつ」がメインメニューです。

トルコライスの賞味期限

大阪スタイルトルコライス

大阪のトルコライスは、チキンライスのオムライスの上にとんかつが乗り、デミグラスソールをかけたものです。

一部の店舗のみが扱っているため長崎のようにメジャーではありません。

大阪スタイルのトルコライス

神戸スタイルのトルコライス

神戸スタイルのトルコライスは、焼き飯の上にカレーをかけて、その上に生卵を乗せた料理です。

名前だけはあるのだけれど、神戸のお店ではほぼ見かけない。

その存在は文献でのみ、と言うレベルです。

神戸スタイルのトルコライス

※画像はキーマカレーの生卵乗せ

 

トルコライスの賞味期限

トルコライスの賞味期限:1時間

トルコライスに共通するのは「デミグラスソース」です。

時間経過とともにご飯、とんかつに吸われてしまいます。

見た目的にも食欲が下がるものになってしまいます。

ラップをしても、ソースの浸透は止められません。

おいしく食べられるのは、熱々の時間が最適ですが、調理後概ね1時間くらいまでです。

 

トルコライスの消費期限

トルコライスの消費期限:1日

消費期限となると、食べられる期間となります。

トルコライスの場合、一般的なお惣菜と同じ扱いになるので、概ね1日程度です。

 

すぐに食べないのであれば、冷蔵庫での保管が最適です。





スポンサーリンク



トルコライスの賞味期限

トルコライスは常温保存できるか

トルコライスは常温保存可能です。


常温保存だと乾燥してしまうので、ラップをするか、パックに移すかする必要があります。

トルコライスの消費期限

トルコライスは、複数のおかずがワンプレートに乗っている上に、ソースがかかっているので、保存が難しい部類と言えます。

トルコライスは冷蔵保存できるか

トルコライスは冷蔵保存可能です。

ご飯の部分は冷蔵庫に入れると急激においしさが劣ります。

冷蔵保存は可能ですが、できるだけ常温の方がおいしさを保てます。

 

トルコライスは冷凍保存できるか

トルコライスは冷凍保存に適しません。

トルコライスは複数の料理が1つのお皿に乗っています。

冷凍すると必ずムラができ、解凍したときにもムラができます。

そういった意味では、冷凍した時点でトルコライスのおいしさは半減しているわけです。

トルコライスの保存方法

 

まとめ

トルコライスの賞味期限:1時間
トルコライスの消費期限:1日

トルコライスは、複数のおかずをワンプレートに乗せた料理です。

保存が難しく、日持ちしません。

賞味期限も熱々のうちだと言えます。

出来るだけ早く食べるようにしましょう。

   

スポンサーリンク

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ