ハムの賞味期限・消費期限・日持ちについて

お中元やお歳暮でもらえるものの王様と言ったらハムです。

私の家には全然届きませんが・・・(汗

お中元などに選ばれる理由はいくつかあります。

 

目方がかさばる(重い)。重いと良いものをもらったような気になります。

おいしい。色々な料理に使えます。

そして、賞味期限が長い!

 

では、そのハムは実際には賞味期限どれくらいなのか調査しました。

 

スポンサードリンク






 

ハムにも色々あって、以下に画像と特徴をお知らせします。

スライスハム

薄いハム全般。その名の通り、薄いハムです。

生ハム

生のハム。

豚の肩肉、ロース肉、もも肉を塩せきし、ケーシングなどに詰めて、低温でくん煙・乾燥したハムのこと。

独特の食感があっておいしい。

 

骨つきハム

豚のもも肉を骨付のまま形を整え、塩せき・乾燥・くん煙したハム。

結構なお値段。一般人の口には入らなさそう・・・(涙

 

ロースハム

豚の肩とか背中辺りのロース肉を塩せきし、ケーシングなどに詰めて、くん煙・加熱したハム。

比較的安価でスーパーなどでも手軽に手に入る。

 

ボンレスハム

「骨つきハム」の反対語?

豚のももから骨を抜いて、塩せきし、ケーシングなどに詰めて、くん煙・加熱したハム。

ボンレスとは「ボーン(骨)レス(なし)」ですからね?

あみあみにくるまれていることが多いような?

 

ショルダーハム

豚の肩肉を塩せきし、ケーシングなどに詰めて、くん煙・加熱したハム。

肩の肉を使っているからショルダーハム。考えてみると、ハムの名称は単純です。





スポンサーリンク



 

 

賞味期限

スライスハム

薄いからか賞味期限は比較的短めです。

30日~35日。

スライスハムの賞味期限

生ハム

「生」と言う名前に反して意外に長持ち賞味期限は2か月~6か月。

 

骨つきハム

ハムとしては中堅。賞味期限は45日程度。

 

ロースハム

固まりだからからスライスハムより賞味期限は長め。

60日~65日。

 

ボンレスハム

骨つきハムより微妙に長い?賞味期限は50日。

 

ショルダーハム

意外と短い?賞味期限25日。

 

※基本的に薄切りのハム程賞味期限は短いようです。

塊である程賞味期限は長い傾向。

たとえば、「ショルダーハム」と言う名称で売られている複数の物の賞味期限を調査して、その平均をここでは採用しました。

上記に数時だけを見て、「骨つきハムよりボンレスハムの方が賞味期限が長い」言う意味ではありません。

各メーカーさんによって賞味期限が異なります。

ここでは独自に調査した結果をお知らせしています。

消費期限

ハムの消費期限は長いと言えます。

もちろん「賞味期限」を過ぎても食べることが出来ます。

 

概ね賞味期限から2か月~6か月過ぎても食べて大丈夫だったという意見が多いです。

ハムの消費期限

 

常温保存できるか

一般的なハムは常温保存にむきません。

ハムの仲間かどうかは分かりませんが、ビーフジャーキーなど乾燥肉は常温保存可能です。

 

冷蔵保存の場合

ハムは冷蔵保存が適しています。

通常のハム全般では10度以下での冷蔵。

ローストビーフなどは4度以下での保存が好ましいです。

 

冷凍保存の場合

ハムは冷凍保存可能です。

ただし、風味などの劣化は否めません。

また、塊のまま冷凍すると、解凍した後不便です。

先に適当な大きさに切って、使う分を小分けして冷凍すると便利です。

ハムの日持ち

 

賞味期限を過ぎたらどうなるか

賞味期限切れの場合は問題なく食べることが出来ます。
「賞味期限」と言う物はメーカーが保証するおいしく食べられる期間です。

賞味期限切れ後は風味が落ちる可能性がありますが、食べることは可能です。
ただし、保存方法は表示の正しい方法で保存されている必要があります。

 

消費期限を過ぎたらどうなるか

「賞味期限」いつまで食べても大丈夫と言うのが無いので、「消費期限」は消費者が独自に見極める必要があります。

ハムの場合以下の点について見てみましょう。

 

  • 色が変わっている(黒ずんでいる)
  • 固くなっている。
  • 表面がぬめぬめしている。
  • 水分が出てきている。
  • 糸を引いている。
  • 悪臭がする。

 

上記の様な時は処分しましょう。

 

おいしく食べるには

ハムはスライスしてそのまま食べても美味しいですし、料理してもおいしいです。

ハムを使った料理

レシピ集などを参考に色々な料理に挑戦してみてください。

ワインなどもすごく合います。

 

まとめ

ハムは種類と言うよりもスライス、塊など状態によって賞味期限が異なる。

塊である程賞味期限が長く、スライスや細切れになる程短くなる。

 

スライスしたものは真空パックでも賞味期限は1か月程度。

塊の場合は、賞味期限は2か月~6か月程度。

 

 


スポンサーリンク

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ