バジルの賞味期限・消費期限・日持ち・保存方法とは

バジルはペーストにしてパスタにして使ったりされます。

ただ、メインの食材にとして使われることは非常に少なく、大量に消費することは難しいです。

ここではそんなバジルの賞味期限と日持ち、保存方法をお知らせします。




この記事も注目されています♪


スポンサーリンク



にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ

 

バジルの賞味期限・消費期限

バジルの賞味期限:1週間

バジルは常温では1週間程度保存することができます。

バジルは寒さに弱い植物なので、長期保存はおすすめできません。

茎がついているバジルなら、花を生けるように水に漬けておくと長期間保存できます。

茎がない場合は冷蔵保存したほうが良いでしょう。

 

 




スポンサーリンク



バジルの保存方法

バジルの保存方法について、常温・冷蔵・冷凍についてお知らせします。

常温保存

バジルは常温保存可能です。

バジルは常温保存で1週間程度保存できます。

花瓶のように水を入れて生けて保存しましょう。

ただ、だんだん葉っぱが黒ずんだりしてしまうため長期保存には向いていません。

 

冷蔵保存

バジルは冷蔵保存可能です。

バジルは冷蔵保存で1~2週間程度保存できます。

ただ、バジルは寒さに弱い植物のため、直接冷気に当てると黒ずんだりして劣化してしまいます。

そこで、クッキングペーパーなどで包んで、冷蔵庫の野菜室に保存するようにしましょう。

この際、水気を拭きとっておくことが重要です。

 

冷凍保存

バジルは冷凍保存可能です。

バジルは冷蔵保存で3~4週間程度保存できます。

冷凍前には「洗わない」あるいは「しっかりと水気を拭きとっておく」必要があります。

これは葉っぱの黒ずみの対策です。

こうやって作った冷凍バジルは小分けに使うこともでき、粉々して使うこともでき、非常に使い勝手がいいです。

ただし、冷凍保存すると常温保存や冷蔵保存に比べて風味が落ちてしまいます。

 

乾燥保存

バジルは乾燥保存可能です。

バジルは乾燥保存で1年程度保存できます。

バジルは冷蔵・冷凍保存すると変色したり、風味が落ちたりしてしまうのがネックです。

その対策として乾燥保存がおすすめです。

電子レンジをつかって10秒程度ずつ加熱し、焦がさないようにしましょう。

その後、すり鉢で粉末状にし、瓶などに詰めたら完成です。

棚の中に保存しておきましょう。

 

バジルについて

バジルはハーブの一種でシソ科の植物です。

多年植物に分類されてはいますが、日本の園芸では1年植物として扱われています。

これはバジルが寒さに弱いということが原因です。

また乾燥にも弱いですが、それだけ対策できれば比較的簡単に栽培できる植物です。

摘芯(芽の先を摘むこと)をすることでより多い収穫量を期待できます。

また、バジルは花が咲きます。

ただ、花が咲いてしまうと歯が硬くなったり味は落ちたりしてしまうため、葉っぱが目当てのときには摘んでしまいます。

そのままにしておけば種はできますが、香りは落ちてしまいます。

 

まとめ

バジルの賞味期限:1週間【常温保存】

バジルの賞味期限:1~2週間【冷蔵保存】

バジルの賞味期限:2~3週間【冷凍保存】




この記事も注目されています♪


スポンサーリンク



にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ

姉妹サイト

カップ麺を食べつくしたレビュー
カップ麺を次々自腹購入してレビューしていきます。
サラリーマンのオフィスで節約・時短・貧乏飯ランチ
サラリーマンがオフィス内で食べられる極限まで節約したランチを極めます。
本当は怖い添加物の大辞典
日常の食品の添加物とその危険性をお知らせします。

コメントを残す