ピーナッツと落花生の違いについて

ピーナッツと落花生の違いをご存知ですか?

説明しろ、と言われると意外とできないことの一つだと思います。

調べてみると、意外なことが分かりました。

 

スポンサードリンク






この記事も注目されています♪


 

食品業界的なピーナッツと落花生の違い

まずは、食品業界的に、ピーナッツと落花生をどのように分けているかです。

殻つきは落花生と呼ぶようです。

殻付きは落花生

 

殻を割ると中身はこんな感じです。

落花生とピーナッツは同じもの

 

これも落花生と呼んでいるようです。

ピーナッツと落花生の違い

 

ピーナッツはこの薄皮を向いた状態のようです。

ピーナッツ

 

調理した状態がピーナッツならば、調理する前の豆の素材の状態は!?

 

やはり、味付けしていなくても、「ピーナッツ」のようです。

 

食品的な意味合いでのピーナッツと落花生の違い

殻がついている状態、薄皮を残した状態、を落花生と呼びます。

要するに素材の状態を落花生と呼んでいます。

 

薄皮をむいた状態、味付けをした状態をピーナッツと呼んでいます。

味を付けていない素材の状態でもピーナッツです。

 

言語的なピーナッツと落花生の違い

言語的な意味合いはすごく簡単です。

ピーナッツと落花生の違い

落花生【日本語】、ピーナッツ【英語】です。

言われてみれば当たり前です。

 

ピーナッツって日本語じゃないですよね!?

身近すぎて忘れていました。

 

つまり、掘り起こされた状態から、食べる瞬間まで、英語では「ピーナッツ」で、日本語では「落花生」で良いんです。

 

落花生について

落花生の畑はこんな感じです。

落花生の畑

 

落花生はこんな風に地下にできるものです。

落花生の収穫

 

乾燥させて調理します。

フライパンで炒って、塩をまぶしたら、ピーナッツの出来上がりです。

ピーナッツの調理


スポンサーリンク

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ