ピーナッツの賞味期限・消費期限・日持ちについて

ピーナツ、ピーナツ、どちらの表記が正しいのか?

どれくらい日持ちして、賞味期限がどれくらいなのか?

知っているようで、意外と知らないピーナッツ。

知られざるピーナッツの栄養価と健康効果をお知らせします。

 




この記事も注目されています♪


にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ

落花生とピーナッツは同じものだとご存知ですか?

落花生とピーナッツは同じもの

ピーナッツに含まれる油は、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸がバランスよく含まれています。

コレステロール値をさげたり、血管を強くしたりと、様々な効果が期待されています。

 

アメリカ・ハーバード大学が30年間にわたって、12万人の食生活を調べて「脂肪率を下げる食材」として上がってきたのが「ピーナッツ」だったと言います。

それくらい健康に良いのがピーナッツと言う訳です。

 

ピーナッツと落花生は、似ているようで名称が違います。

その違いは、こちらでお知らせしています。

 ピーナッツと落花生の違い

 

ピーナッツの賞味期限

掘りたてのピーナツの賞味期限:1週間から10日【常温保存】

乾燥ピーナッツの賞味期限:約1年【冷蔵保存】

焙煎したピーナッツ(普通のピーナッツ)の賞味期限:4か月~6か月【常温保存】

ピーナッツは、状態によって賞味期限が異なります。

畑にあるときは、当然常温です。

落花生の畑

 

収穫した瞬間から劣化し始めます。

収穫した落花生は、処理をしないと1週間から10日程度で枯れて食べられなくなってしまいます。

落花生の収穫

 

乾燥させたピーナッツは、状態よく保存すれば約1年日持ちします。

落花生とピーナッツは同じもの

 

炒って味付けしたものを、一般的にピーナッツとして食べています。

ピーナッツの調理

ピーナッツの消費期限

ピーナッツの消費期限:1週間~10日【常温保存】

ピーナッツの消費期限は、1週間から10日程度です。





スポンサーリンク



乾燥材を入れて密閉して保存したら、さらに長期保存できます。

ピーナッツの消費期限

ちなみに、この場合の「消費期限」は、開封後食べられる期間を指しています。

 

ピーナッツは常温保存できるか

常温保存可能です。

 

ピーナッツは、常温保存可能です。

ただし、密閉して、乾燥材を入れるなどして空気との接触を避ける必要があります。

ピーナッツの賞味期限

 

ピーナッツは冷蔵保存できるか

冷蔵保存可能です。

ピーナッツは冷蔵保存可能です。

一番適している保存方法は、冷蔵保存だと言えます。

冷蔵保存でも、温度が上がったり、下がったりするような環境の場合、密閉容器内の水分がピーナッツについて劣化してしまう事があります。

冷蔵庫保存であっても、乾燥材を入れて、密閉して保存してください。

ピーナッツの消費期限

 

ピーナッツは冷凍保存できるか

冷凍保存可能です。

ピーナッツを長期保存する際は、冷凍保存が最適です。

ピーナッツの成分の半分は油です。

冷凍して、食べる時に解凍する際、食べる分だけを電子レンジで解凍しましょう。

何度も冷凍、解凍を繰り返すと、味も品質も劣化してしまいます。

 

ピーナッツが腐っているかの判断

ピーナッツが腐っているかの判断として以下の3つのポイントがあります。

臭い

悪臭を放っている場合は腐ってしまっています

苦み、酸っぱみがある場合は腐っています。

味が薄い場合は、悪くなっている家庭だと言えます。

見た目

薄い黄色っぽい白のピーナッツですが、劣化してくると、黒ずんできたり、白っぽくなってきたり、してきたら注意です。
賞味期限切れ後は風味が落ちる可能性がありますが、食べることは可能です。
ただし、保存方法は表示の正しい方法で保存されている必要があります。

消費期限切れ後は食べない方が無難です。

ピーナッツの保存方法

ピーナッツをおいしくいただく方法

ピーナッツは、袋から出して食べるだけでおいしくべることができますが、さらにおいしく食べる方法があります。

それは、ピーナッツをフライパンで炒りなおすことです。

たったこれだけで、風味が格段に良くなります。

 

一度試してみてください。

 

 

まとめ

掘りたてのピーナツの賞味期限:1週間から10日【常温保存】

乾燥ピーナッツの賞味期限:約1年【冷蔵保存】

焙煎したピーナッツ(普通のピーナッツ)の賞味期限:4か月~6か月【常温保存】


ピーナッツの消費期限:1週間~10日【常温保存】

ピーナッツは、おいしくて、安くて、栄養価も高い食品です。

適量を知り、定期的に食べることでさらに健康になることを目指しましょう。

   

スポンサーリンク

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ