ブロッコリーの賞味期限・消費期限について

ブロッコリーとカリフラワー、子供の時は違いは
色だけかと思っていませんでしたか?
実際は味が全く違います。

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ




この記事も注目されています♪


どちらもアブラナ科のキャベツの仲間です。
また、ビタミンCも両方豊富ですが、ブロッコリーは
茹でた時にビタミンCが壊れやすいです。
長時間の加熱は控えましょう。

ブロッコリーの賞味期限
そういった意味では電子レンジでの加熱の場合
ビタミンCなど栄養素を壊しにくいとされています。
ブロッコリーはカリフラワーの50倍近くのβ-カロテンが含まれます
先端の粒々の部分はつぼみですが、茎の方が栄養素を多く含んでいます。
捨てずに食べるようにしましょう。

ブロッコリーの賞味期限

賞味期限

生の状態での賞味期限は2日~3日と言えます。
保存は10度以下で保存することが好ましいです。

ゴリラもブロッコリーを食べる

常温保存できるか

常温保存はお勧めできません。
ブロッコリーの粒々一つ一つが花なのですが、
このつぼみが開いてきます。
色も緑色から黄色っぽくなってきて、つぼみが開いて来て
味が落ちてしまいます。

ブロッコリーの粒

ブロッコリーは粒々の一つ一つが花

 

冷蔵保存の場合

ブロッコリーを冷蔵庫で保存する際は注意が必要です。
ブロッコリーはエチレンガスを発します
エチレンガスとは別名「成長促進ガス」です。
ブロッコリーをそのまま野菜室に他の野菜と一緒に
入れてしまうと野菜を成長させてしまいます。
多くの野菜が食べごろになっています。
そのため成長を促進させるということは「腐る方向に進めてしまう」
と言うことになってしまうのです。

 

正しいブロッコリーの保存方法は、濡れたキッチンペーパーで
包んでラップで包み、野菜室に入れます。
そのほか、今では保存袋が売っていますので
それに入れて保存すると驚くほど長持ちします。

冷蔵保存バッグ

 

冷凍保存の場合

冷凍保存の場合の賞味期限は1か月を超えます。
概ね3か月は持つといえます。
ただし、小房に切り分けた後、少し固めに茹でて(30秒程度でOK)
氷水にさらし粗熱を取ったら冷凍庫に入れます。
解凍して使う場合は、必要な量だけとり出して熱湯で溶かすか、
電子レンジでチンして使います。(30秒前後でOK)

 

ゆで時間が長すぎると解凍した時にやわらかくなり過ぎて
食感が悪くなってしまいます

 

そもそも冷凍野菜で買ってくると言う手があります。
ブロッコリーは冷凍した後解凍して食べても食感、
栄養価がほぼ変わらない野菜です。
冷凍するのならば、最初から小分けして冷凍された物がありますので
それを買うのも賢い選択肢と言えます。

使い勝手が良い冷凍ブロッコリー

 

賞味期限を過ぎたらどうなるか

賞味期限が過ぎたら段々黄色くなってきて
色が抜けたようになってしまいます。
味にはそこまで影響がありませんが、
料理にしたり、サラダにした際に見た目が劣ります。

 

おいしく食べるには

一番おいしく食べられるのはスーパーなどで購入して
2日~3日で食べてしまうことです。

ブロッコリーは炒め物として油とも合いますし、
スープにも合っています。
グラタンなどの様にクリームやチーズとも合います。
ただし、スープなどに入れる場合は食卓に出す直前に入れ
触感が失われないようにした方がおいしく食べられます。

ブロッコリーは油と相性が良い

消費期限

ブロッコリーはあまり日持ちする食材ではありません。
そのため、常温保存の場合は数日で劣化します。
冷蔵庫での保存でも4日~5日で劣化します。
色が抜けたように黄色くなってきますし、
干からびたようにクタッとしてきます。

 

消費期限は5日~1週間程度と言えます。
臭いや見た目で判断して下さい。
溶けたようになってきますので、ぬめりなどある場合は諦めましょう。
カビが生えてきている場合は論外です。

 

冷凍の場合は3か月を過ぎても食べることが出来ます。
ただし、家庭用の冷凍庫で冷凍した場合は
冷凍状態がそれほど良い訳ではありませんので
1か月程度で食べてしまうのが好ましいと言えます。

ブロッコリーを使ったグラタン

まとめ

ブロッコリーの賞味期限は、常温保存で2日~3日
茹でたものを冷蔵庫に保存した場合、4日~5日
この時濡れたキッチンペーパーで包んで、ラップで包んで保存します。
そうしないと他の野菜の劣化が早まってしまいます。
冷凍保存する際は、小分けして茹で、冷凍して保存します。
1か月~3か月程度は保存可能です。


スポンサーリンク

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ