マンゴーの賞味期限・消費期限・日持ちについて

日本でも温かい地域で作られるようになってきた「マンゴー」。

デザートの定番として大人気です。

マンゴーは栄養価も高く、美容や健康に良いのが魅力です。

今回は美味しいマンゴーの選び方や保存についてご紹介します。

 

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ




この記事も注目されています♪


 

マンゴーについて

新鮮なマンゴーの見分け方

新鮮なマンゴーは色が鮮やかで表面が滑らかな物が良いと言われています。

変色したり、表面がボコボコとしていたり、シワが出ている物は鮮度が落ちている証拠です。

マンゴーの賞味期限

マンゴーの保存方法

マンゴーは収穫してから、常温保存で追熟させて食べます。

熟すまでは常温保存、熟してからは冷蔵で保存するのがおすすめです。

 

マンゴーの旬

マンゴーは産地によって旬が違います。

現在国内で流通しているマンゴーは、宮崎・鹿児島・沖縄で作られています。

国産マンゴーの旬は、5月から8月です。

 

マンゴーの栄養

マンゴーの主な栄養は以下です。

マンゴーはビタミンCやカリウムを多く含みます。

成人病や高血圧症の予防に良いと言われています。

熟したマンゴーには、人参と同じベータカロテンが多く含まれ、栄養価が非常に高いです。

 

マンゴーの賞味期限

マンゴーの賞味期限:熟してから3日くらい【常温】

マンゴーは生鮮食料品のため、流通過程にかかる時間によって家庭で保管できる期間が変わります。

また、「賞味期限」と言うのは、加工品に表示が義務付けられたもので、生鮮食料品には「賞味期限」「消費期限」がありません。

消費者が見て、まだ食べられる、もう食べられない、食べごろなどを判断します。

マンゴーの消費期限

マンゴーは基本的に収穫をされてから常温保存で追熟をさせます。

マンゴーは熟してから3日位が美味しく食べられる期間です。

マンゴーは生鮮食料品のため、流通過程にかかる時間によって家庭で保管できる期間が変わります。

 

また、「賞味期限」と言うのは、加工品に表示が義務付けられたもので、生鮮食料品には「賞味期限」「消費期限」がありません。

消費者が見て、まだ食べられる、もう食べられない、食べごろなどを判断します。

 

マンゴーの消費期限

マンゴーの消費期限:熟してから5日【冷蔵】

マンゴーは追熟してから、冷蔵庫で冷やして食べるのが基本です。

大体熟してから5日くらいであれば冷蔵で保存して食べることができます。

マンゴーの賞味期限

マンゴーは生鮮食料品です。

賞味期限同様、消費期限も同様に表示義務はありません。

ここでは、食べごろの期間を紹介しています。

そのため、賞味期限は消費期限と同様とお考えてください。

 





スポンサーリンク



マンゴーは常温保存できるか

マンゴーは常温保存可能です。

マンゴーは追熟させてから食べる果物なので、常温保存が基本です。

 

マンゴーの冷蔵保存の場合

マンゴーは冷蔵保存可能です。
マンゴーの冷蔵保存は、基本的に熟した後の保存に良いと言われています。

マンゴーの消費期限

マンゴーの冷凍保存の場合

マンゴーは冷凍保存可能です。
マンゴーは冷凍保存してしまうと、身がぐちゃぐちゃになってしまうので生食は出来なくなります。

しかし、マンゴーを使ってスムージーなどを作る場合は、冷凍保存することも一つの方法です。

 

マンゴーが腐っているかの判断

マンゴーが腐っているかの判断として以下の3つのポイントがあります。

臭い

変な臭いがします。

酸っぱいような、すえた味がするようになります。

見た目

黒や茶色に変色します。
実がぶよぶよしてきます。

マンゴーは熟し過ぎると、実が弱くなり汁が垂れるようになってきます。

変色もしているようだったら、処分してしまったほうが安全です。

 

マンゴーをおいしく食べるには

マンゴーをおいしく食べるためには、まず何と言っても、熟した状態にすることです。

冷蔵庫に入れると、追熟が止まります。

 

熟した状態で冷蔵庫に入れ食べると冷えていておいしいのですが、冷えすぎもあまりよくありません。

食べる30分から1時間前に冷蔵庫に入れて食べるのがおいしい温度と言えるでしょう。

マンゴーの日持ち

まとめ

マンゴーの賞味期限:熟してから3日くらい【常温】
マンゴーの消費期限:熟してから5日【冷蔵】

マンゴーは美味しく食べるために常温保存で追熟させるのが基本です。
しかし熟し過ぎてしまうと、腐りやすくなってしまうため、冷蔵保存します。
マンゴーの熟成度を、常温と冷蔵で上手く管理することがポイントです。
マンゴーは熟してから5日程度で食べ切ることが大事です。
また、マンゴーを購入した時に、それぞれの熟度が違います。
すぐに食べない人であれば、敢えて熟成していないマンゴーを選ぶのも一つの方法です。
すぐに食べたい人は、出来るだけ熟度の高いマンゴーを購入することをおススメします。


スポンサーリンク

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ