レタスの賞味期限・消費期限・日持ちについて

レタスは、今や1年中ある野菜の一つです。

しかし、野菜の価格は時期とともに変わるので、安いときに買いたいもの。

どれくらい日持ちして、どのように保存したら長持ちするかお知らせします。

 

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ




この記事も注目されています♪


生でサラダとして食べることが多いレタスですが、さっと火を通してもおいしく食べることができます。

レタスについて

新鮮なレタスの見分け方

茎を切ったときに、白い汁が出るレタスが新鮮です。

新鮮なレタスの見分け方

レタスの保存方法

レタスは冷蔵保存が基本です。

丸ごとポリ袋に入れて野菜室に保存します。

カットした場合は、切り口にラップをして冷蔵庫に入れます。

レタスの旬

レタスの旬は多岐に渡ります。

春レタス:4月~5月

夏秋レタス:6月~10月

冬レタス:11月~1月

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
レタスの栄養

レタスの主な栄養は以下です。

ビタミンE ⇒ 血行を良くし、体内の脂肪の酸化を防ぐ

鉄分 ⇒ 生で食べた場合に多く摂れる。貧血予防に

 

レタスの賞味期限

レタスの賞味期限:1週間~2週間【冷蔵保存】

レタスは、葉物野菜なので、傷みやすいです。

冷蔵保存が基本で、野菜室の温度帯が最適です。

 

レタスは生鮮食料品のため、流通過程にかかる時間によって家庭で保管できる期間が変わります。

また、「賞味期限」と言うのは、加工品に表示が義務付けられたもので、生鮮食料品には「賞味期限」「消費期限」がありません。

消費者が見て、まだ食べられる、もう食べられない、食べごろなどを判断します。

レタスの賞味期限

レタスの消費期限

レタスの消費期限:2週間

レタスは収穫した瞬間から劣化が始まります。

概ね2週間程度で食べられない状態になってしまいます。
レタスは生鮮食料品です。
賞味期限同様、消費期限も同様に表示義務はありません。
ここでは、食べごろの期間を紹介しています。
そのため、賞味期限は消費期限と同様とお考えてください。

レタスの消費期限





スポンサーリンク



レタスは常温保存できるか

レタスは常温保存可能です。

レタスは常温保存可能です。

ただし、風通しが良い冷暗所に限定されます。

温度も10度を超えたあたりから痛みが早くなります。

レタスの日持ち

レタスの冷蔵保存の場合

レタスは冷蔵保存可能です。

レタスは冷蔵庫での保存が最適です。

温度として8度~10度くらいが一番長持ちするようですので、冷蔵室(2度~5度)では温度が低すぎます。

そのため野菜室(8度~10度)がお勧めです。

 

保存の際は、他の野菜などから出るエチレンガス(成長促進ガス)を避けるために、ポリ袋か専用袋に入れて保存した方がいいでしょう。

 

レタスの冷凍保存の場合

レタスは冷凍保存可能です。


レタスは冷凍保存ができません。

凍らせることは、物理的に可能ですが、解凍したら冷凍前の状態には戻りません。

水分が抜け、解凍の方法によっては、レタス自体も溶けてしまいます。

 

レタスが腐っているかの判断

レタスが腐っているかの判断として以下の3つのポイントがあります。

臭い

悪臭がするようになります。

苦みを感じるようになります。

見た目

 

溶けてきたら食べられなくなってきたサインだと言えます。

切り口が赤くなるのは劣化ではありません。

レタスのポリフェノールが酸化しただけで、食べることは可能です。

 

レタスをおいしく食べる食べる方法

 

レタスは、緑色です。

サラダにしたとしても、人間は単色では少し物足りなく感じてしまいます。

レタスのサラダと賞味期限

そんな時は、赤を入れるとおいしく見えるようになります。

これは「色相環(しきそうかん)」を見ればわかりますが、「緑」の反対色が「赤」だからです。

人間が物足りないと感じる時、補助する色があるのです。

その補助職を選ぶ方法の一つが反対色です。

反対色でレタスのサラダはおいしく見える

色相環は、中学生の美術で習っているはずです。

実は学校の授業は、こういったところで活きていたのです。

まとめ

レタスの賞味期限:1週間~2週間【冷蔵保存】
レタスの消費期限:2週間

レタスは「塩もみ」「炒め物」「お浸し」などにして、水分を出すことで日持ちさせることができます。

レタスを日持ちさせるためには、調理をして冷蔵庫で保管するのがいいでしょう。


スポンサーリンク

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ