小麦粉のの賞味期限・消費期限・日持ちについて

いつもの物か分かりにくい上に、いつ開封したか分かりにくいのが小麦粉です。

賞味期限が切れる、切れないの他に、小麦粉には注意しないといけないことがありました。

こちらのページでお知らせしています。

 




この記事も注目されています♪


にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ

 

小麦粉の賞味期限

小麦粉の賞味期限は、以下です。

小麦粉の賞味期限

いずれも未開封の状態でのお話です。

 

強力粉:6か月

薄力粉:1年間

中力粉:1年間

 

一口に「小麦粉」と言っても、大きく分けて、「強力粉」、「薄力粉」、「中力粉」の3種類があります。

賞味期限が微妙に違うんです。

 

その違いは、保有グルテン量と言われています。

グルテンとは、小麦粉中のたんぱく質のことです。

 

 

劣化はこのタンパク質であるグルテンが早いです。

そのため、グルテンの含有量が多い強力粉は賞味期限が短く6か月間となっています。

薄力粉、中力粉は、グルテン量が少ないため、若干賞味期限が長く1年間となっています。

 

ちなみに、「賞味期限」はおいしく食べられる期間なので、切れても問題なく食べられる可能性が高いです。

小麦粉の賞味期限

開封した小麦粉はどれくらい日持ちするの?(消費期限)

小麦粉の賞味期限は分かりました。

とは言え、小麦粉は開封後一度に全部使うケースは少ないです。

では、開封後どれくらい日持ちするのでしょうか?

 

一般的には「開封後は出来るだけ早く使い切ってください」とあります。

その「出来るだけ早く」とはどれくらいの期間なのか、追いかけてみました。

 

多くのメーカーに問い合わせると、「約1か月間」とのことです。

各社、保存温度や保存場所の条件が付きました。

 

いい保存方法は以下をご覧ください。

小麦粉の消費期限

 

 

開封後の小麦粉の保存方法

それでは、開封後の小麦粉の正しい保存方法と、正しい保存をしないとどうなってしまうか、をお知らせします。

 

一般的な主婦がやりがちな、「冷蔵庫に保存」はNGです。

正しい小麦粉の保存方法とは

冷蔵庫内は、意外に水分が多いのです。

 

小麦粉がその水分を吸ってしまい、固まってしまうことがあります。

また、水分があることでカビの発生源となってしまうことがあります。

さらに、冷蔵庫内の色々なにおいを、小麦粉が吸い取ってしまうと言う現象が起きます。

その後、その小麦粉で料理をすると・・・当然おいしくありません。

 

冷蔵庫で保管する場合は、タッパーの様な密閉容器に入れて保管するといいでしょう。

適した保存方法でないと小麦粉はダニの温床に

小麦粉は、どんなに口に封をしても、ダニが大発生・・・と言う可能性があるのです。

小麦粉の保存

ダニが発生する条件は以下の3つです。

  • ダニのエサがあること
  • 暗い場所であること
  • 快適温度でじめじめしていること

 

まず、ダニは小麦粉に含まれるグルテン(たんぱく質)が大好きです。

小麦粉は袋に入っているので、暗い状態です。

快適温度は人間の快適温度よりも少し高温の、25度~30度で湿度60%~80%くらいが最も好きな条件です。

 

小麦粉を常温で置いておくとしたら、すべての条件がいきなりそろってしまいます。

少なくとも折り返している部分には、ダニが発生していて、開けた時に自分でダニを小麦粉の中に入れてしまう・・・と言う悲劇も起こりえます。

小麦粉の保存方法

 

   

スポンサーリンク

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ