山芋の賞味期限・消費期限・日持ちについて

「山芋」と「長いも」は同じものなのか、別の物なのか?

改めて聞かれると主婦でもわからないものです。

その違いをはっきりさせておきましょう。

保存方法、賞味期限についても知っておきましょう!

 




この記事も注目されています♪


にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ

 

山芋、長芋の違いは一覧で見てみましょう。

俗称 名称 原産国 粘り気 特徴 オススメの調理方法
山芋 自然薯 日本 強い 独特な味 とろろ

サラダ

揚げ物

焼き物

長芋 中国 弱い 水分が多い とろろ

酢の物

サラダ

大和芋 中国 強い コクがある とろろ

焼き物

ソテー

お好み焼き

いわゆる自然薯は、山で自生する山芋のことです。

山で自生する自然薯のようなものを「山芋」と呼びます。

「長いも」は中国原産で、日本国内にあるものは栽培された芋となります。

山芋の賞味期限

総称して「山芋」と呼びます。
※諸説あり

 

山芋について

新鮮な山芋の見分け方

表面がきれいな芋が新鮮です

山芋の賞味期限

山芋の保存方法

新聞紙に包んで、冷暗所へ。

切ったら切り口をラップで包んで冷蔵庫で保管。

冷蔵保存

山芋の旬

山芋の旬は、10月から3月までです。

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

 

山芋の栄養

山芋の栄養で特筆すべきは以下です。

ムチン・・・胃の粘膜を保護。

アミラーゼ・・・炭水化物分解酵素。胃の消化を助ける。

 

山芋の賞味期限

山芋の賞味期限:1週間【カットしたもの】

山芋の賞味期限:1か月【カットしていないもの】

山芋の賞味期限:1か月【冷凍保存】

 

山芋は生鮮食料品のため、流通過程にかかる時間によって家庭で保管できる期間が変わります。

また、「賞味期限」と言うのは、加工品に表示が義務付けられたもので、生鮮食料品には「賞味期限」「消費期限」がありません。

消費者が見て、まだ食べられる、もう食べられない、食べごろなどを判断します。

山芋の賞味期限

山芋の賞味期限を延ばすには、保存温度が重要です。

適した温度は1度から3度くらいまでです。

冬は温度の上がらない室内、夏場など冷蔵保存が適しています。

 

室内であっても、夏場だけでなく、冬の暖房の効いた室内に置きっぱなしにするとすぐに傷んでしまいます。

山芋を購入した時は、すぐに冷蔵庫などにいれるのがおすすめです。

 

山芋の消費期限

山芋の賞味期限:1週間【カットしたもの】

山芋の賞味期限:1か月【カットしていないもの】

山芋の賞味期限:1か月【冷凍保存】

 

山芋は生鮮食料品です。

賞味期限同様、消費期限も同様に表示義務はありません。

ここでは、食べごろの期間を紹介しています。
そのため、賞味期限は消費期限と同じとお考えてください。

新鮮な山芋

山芋の消費期限を見極めるには、まず切って断面を見ます。

切り口の部分がピンク色になっていても、切ると中が白くなっていれば問題なく食べる事ができます。

購入してから、適温で保存していれば、2週間から長ければ1か月は持つケースもあります。

 

 





スポンサーリンク



山芋は常温保存できるか

山芋は常温保存可能です。

 

山芋の常温保存は寒い地域で冷暗所などがある場合は、切っていなくて丸ごとなら常温でも保存可能です。

しかし切った山芋の保存に適した温度が1度から3度くらいまでと言われています。

1度から3度を超える温度になる場合は切った山芋は常温保存はせずに、冷蔵庫で保存するのが適しています。

山芋は常温保存

 

山芋の冷蔵保存の場合

山芋は常温保存が最適です。

 

山芋の冷蔵保存で長持ちさせるには、しっかりとラップをしてから保存する事が必要です。

またキッチンペーパーなどで切り口を覆ってぬめりをとっておくと、日持ちが良くなります。

山芋の保存に適した温度が1℃~3℃なので冷蔵庫でも冷蔵室で保存するのがおすすめです。

山芋の冷蔵保存

 

山芋の冷凍保存の場合

山芋は冷凍保存が可能です。

 

山芋は冷凍保存にも適しています。

特に冷凍保存すると、すりおろす時に、手がかゆくならないというメリットがあります。

1本まるまる購入しても安心して使い切る事ができます。

 

毎回使う分量が決まっている場合は、使う分量で切り分けてそのままラップに包み冷凍保存しましょう。

山芋の賞味期限

山芋が腐っているかの判断

山芋が腐っているかの判断として以下の3つのポイントがあります。

臭い

酸っぱいにおいや、悪臭がする場合はアウトです。

苦みやすっぱみがある場合は、あきらめましょう。

見た目

切ったときの断面の色で判断します。

 

山芋が腐っているかどうかの判断は、切って変色しているかどうか、カビが生えていないか、軟らかくなっていないかなど総合的に見て判断するのがおすすめです。

また、変色していても、その部分を切り取ってしまえば問題なく他の白い部分は食べられます。

カビが生えていたり、軟らかくなっていたりする場合以外は食べられると考えられます。

山芋のおいしい食べ方

 

山芋をおいしく食べるには

山芋は上手に保存していれば、長く食べられる保存食でもあります。

冷凍や冷蔵でもしっかり日持ちするため、すりおろしたり、上げて見たりと、使う用途に分けてカットして、冷凍保存しておくと、手軽に1品作れて食卓が潤う便利食材です。

 

まとめ

山芋の賞味期限:1週間【カットしたもの】

山芋の賞味期限:1か月【カットしていないもの】

山芋の賞味期限:1か月【冷凍保存】

 

山芋は栄養満点で食べやすいだけでなく、ごはんはもちろんそばなどにもアレンジして使用する事ができます。

いつもの食卓を少し彩ってくれる便利食材が山芋です。

上手に保存しておおいに活用しましょう。

 

   

スポンサーリンク

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ