手作りクッキーの賞味期限・消費期限・日持ちについて

焼く時は一度にたくさん作る手作りクッキー。

娘さんなどお子さんが作ることも多いでしょうから、無駄にしたくない。

どれくらい日持ちするのか、賞味期限が知りたいところです。

こちらでお知らせします。

 

スポンサードリンク






この記事も注目されています♪


 

手作りクッキーと普通のクッキーの差は、1つ目は「手で触れているか」です。

もちろん、味や愛情など色々違う要素もありますが、賞味期限に関しては、邪魔になりません。

食品として、工場などで製造されたクッキーは、ほとんど人の手が触れません。

 

手は、少々洗ったくらいでは雑菌が残ります。

そのわずかな雑菌が時間経過とともに繁殖して、ある時を境に食べるとお腹を壊す状態になってしまうのです。

そこが、「賞味期限」「消費期限」となる訳です。

手作りクッキーの賞味期限

 

2つめは、保存方法です。

お店のクッキーは製造後、袋に入れて、乾燥材を入れます。

これにより、クッキーは水分を吸いにくくなるので、日持ちするのです。

菌が繁殖する条件に「水分」があるので、乾燥させることで日持ちさせることができるのです。

手作りクッキーの賞味期限

手作りクッキーの賞味期限:3日

手作りクッキーの賞味期限は概ね3日くらいです。

「賞味期限」と言うのは、「おいしく食べられる期間」とされているので、3日程度がギリギリだと思います。

その後は、段々と水分を含んでいくので、「にやん」とした、しっとりした感じになってきます。

 

乾燥材などを袋に入れて、そこにクッキーを入れておくことで1週間程度は日持ちするようになります。

手作りクッキーの賞味期限

手作りクッキーの消費期限

手作りクッキーの消費期限:1週間

手作りクッキーは概ね1週間程度日持ちします。

それよりも後までも食べられないことはないですが、段々心配になってきます。

食感もだいぶ違ってきます。

手作りクッキーの消費期限

作ったのがお子さんの場合、自分が作ったクッキーで親がお腹を壊したら、軽くトラウマになってしまいます。

一つの線を引くとしたら、作ってから1週間くらいがいいでしょう。





スポンサーリンク



ちなみに、一般に売られているクッキーの賞味期限はこちらです。

 クッキーの賞味期限・消費期限・日持ちについて

概ね1か月くらいは日持ちします。

ずいぶん違うものですね。

手作りクッキーは常温保存できるか

手作りクッキーは常温保存可能です。

手作りクッキーは常温保存することも可能です。

ただ、袋に入れて、中に乾燥材を入れた方が見た目もかっこいいですし、日持ちもします。

こんな感じでかっこよくなります。

既製品のクッキーは手作り感覚を目指しますし、手作りクッキーは既製品のかっちりした感じを目指します。

面白ものです。

「いかにも手作り」って感じも良いと思います。

手作りクッキーは冷蔵保存できるか

手作りクッキーは冷蔵保存可能です。

手作りクッキーは冷蔵保存可能です。

250度くらいで焼くので、保有水分量が少なくなります。

そのまま冷蔵庫に入れると、庫内の水分を吸ってしまいますので、ラップをするか、袋に入れるか、水分を吸うことを防止しましょう。

手作りクッキーの日持ち

手作りクッキーは冷凍保存できるか

手作りクッキーは冷凍保存可能です。

手作りクッキーは冷凍できます。

冷凍することで、少ないですが保有水分の部分が凍ります。

菌の繁殖を抑えるので、1か月くらいは楽に日持ちします。

ただ、見た目には凍った感じに見えません。

食べる時は、電子レンジで解凍した後、オーブントースターで少し焼き直すと、カリッとした独特の食感がよみがえります。

手作りクッキーの保存方法

手作りクッキーが腐っているかの判断

手作りクッキーが腐っているかの判断として以下の3つのポイントがあります。

臭い

酸っぱい臭いや悪臭がしていたら腐っています。

劣化してくると、味が抜けたようになってしまいます。

苦みや、酸っぱみがある場合は既に腐っています。

見た目

水分を含みすぎると、溶けてくるような見た目になります。

 

 

手作りクッキーをおいしく食べる方法

手作りクッキーをおいしく食べる方法は、焼きたてを食べることだと言えます。

また、作った人の前で食べると、クッキーのおいしさ以上に作ってくれた人との気持ちの分、余計においしくなります。

手作りクッキーをおいしく食べる方法

まとめ

手作りクッキーの賞味期限:3日
手作りクッキーの消費期限:1週間

手作りクッキーの最大の醍醐味と言えば、作ってくれた人との時間だと思います。

作る方は、食べる人を思って作るわけですし、食べる方も作ってくれた人のことを思って食べます。

既製品と違って、材料費も手間も惜しまず作るので、おいしいことは間違いありません。

食べた方は、作ってくれた方に、「おいしかったよ」と感想を言うことが最高のお返しではないでしょうか。

そういった「時間」と言う楽しみが手作りのお菓子にはあると思います。

 


スポンサーリンク

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ