日持ちする食品をまとめました

当サイトでは、色々な食品の賞味期限、消費期限、日持ち具合を調査しています。

そんな中で、特に注目すべき食品についてまとめたいと思います。

今回は「日持ちする食品」です。

一番日持ちする食品や逆に日持ちしない食品などについてもお知らせします。




この記事も注目されています♪


にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ

「日持ちする」とは

一般的に「日持ちする」とは、どんな状態かを先に確認しておきたいと思います。

すべての食品はいつか腐ってしまうなど食べられない状態になってしまいます。

そのため、加工食品には「賞味期限」や「消費期限」の表示が国から義務付けられています。

 

⇒ 賞味期限とは

⇒ 消費期限とは

⇒ 賞味期限と消費期限の違い

 

逆に言うと、加工食品以外には賞味期限や消費期限の表示義務はないのです。

例えば、野菜などの生鮮食料品などにはこれらは必要ありません。

生鮮食料品は、まだ食べられるかどうかなどは消費者が見て判断します。

 

日持ちする食品

日持ちする食品についてお知らせします。

インスタントラーメン

保存食の代表格と言えば、「カップラーメン」「インスタントラーメン」ではないでしょうか。

カップラーメンは賞味期限が6か月程度あります。

⇒ カップヌードルの賞味期限

袋めんは賞味期限が8か月です。

⇒ インスタントラーメン(袋めん)

実は震災が各ラーメンの賞味期限に影響を与えました。

「賞味期限切れ」の場合、食べられないわけではないのですが、被災地では食品が捨てられました。

それを踏まえて、日清などが安全な範囲で賞味期限をのばしました。

業界はそれに倣ってカップめんの賞味期限は6か月。袋めんの賞味期限は8か月とする傾向があります。

 

レトルトカレー

レトルトカレーも賞味期限が長いものとして有名です。

⇒ レトルトカレーの賞味期限





スポンサーリンク



一般的には、レトルトカレーの賞味期限は2年間です。

ところが、常備食としても使えるレトルトカレーは賞味期限が3年もあります。

⇒ 常備用温めずにおいしく食べられるカレー職人を実際に食べてみた結果

 

ジャム

ジャムの賞味期限は、糖度によって変わります。

ジャムは日持ちする食品です。

糖度が65%以上の場合は、賞味期限は2年です。

⇒ ジャムの賞味期限

瓶詰の賞味期限

 

アイスクリーム

アイスクリーム、氷菓子はかなり日持ちします。

アイスクリーム等は-18度以下で保存されます。

そのため、凍っている以上状態の変化がないと言われています。

国からも賞味期限や消費期限の表示も省略が許可されています。

⇒ アイスクリームには賞味期限がない理由といつまで食べられるのか!?

明治エッセル「スーパーカップ」

 

梅干し

梅干しもかなり日持ちする食品です。

ただし、伝統的な梅干しの作り方をした場合に限ります。

伝統的な梅干しは100年以上持つと言われています。

⇒ 梅、梅干しの賞味期限

梅干し

 

羊羹(ようかん)

羊羹も長期間日持ちする食品です。

多くの和菓子が日持ちしない半面、羊羹は長期間日持ちします。

賞味期限は1年になっていますが、実際は100年持つと言われています。

⇒ 羊羹の賞味期限が長い件

羊羹の賞味期限

水、ミネラルウォーターもかなり日持ちします。

賞味期限としては2年程度になっていますが、実は食品としての期限ではありません。

⇒ 水の賞味期限

 

こんな理由で賞味期限が決まることもあるんですね。

ペットボトルには正しい量が入っている必要がある

塩・砂糖

塩、砂糖などは変化がそれほどないので長期間日持ちします。

国からも賞味期限や消費期限の表示が免除されています。

 

ガム

意外な食品としてガムもかなり日持ちします。

賞味期限や消費期限の表示が省略できる食品の一つです。

ただし、キシリトール入りは賞味期限が設定されています。

⇒ ガムの賞味期限

ガムの賞味期限

 

日持ちしない食品

日持ちしない食品はいくらでもありそうです。

特に日持ちしない食品を紹介します。

 

いちじく(イチジク/無花果)

いちじくは熟したらすぐに劣化します。

そのため、いちじくの缶詰は今でも貴重品です。

⇒ いちじく(無花果・イチジク)の賞味期限

いちじくの保存

 

   

スポンサーリンク

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ