日持ち?日保ち?日持ちする料理について

「ひもちする」と言いますが、漢字はどんな風に書くのでしょうか?

「日持ち」が正しいのか、「日保ち」が正しいのか?

調べてみました。

さらに日持ちするおかずや料理についてお知らせします。

 




この記事も注目されています♪


にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ

 

「ひもち」は漢字でどう書くのか

「ひもち」の意味は「食物がくさらずに、ある期間もつこと。 「―のいい食品」です。

字について、ここで色々な意見に終止符を打ちます。

しその保存方法

三省堂の「大辞林」によると「ひもち【日持ち・日保ち】」となっています。

つまり、どちらでもOK

 

今後日持ちについては、どちらでもOKです。

胸を張って書きましょう。

 

○ 日持ち

○ 日保ち

 

なんとなく「日保ち」の方が、保つ感じがしますが、「保つ」で「もつ」って漢字変換では出てきません。

「保つ」は常用漢字表外訓なのです。





スポンサーリンク



 

日持ちする食品、メニュー

それでは、次に日持ちする食品を見てみます。

日持ちする食品やメニューをお知らせしたいと思います。

 

通常のお惣菜などの場合、日持ちすると言ってもせいぜい2日~3日です。

長期間食べるためには、長期間日持ちする秘密が必要です。

日持ちする食品、メニューについて共通する点を見つけましたので、以下にお知らせします。

 

冷蔵庫で保存

一番基本的かもしれませんが、冷蔵庫で保管することで温度を下げ雑菌の繁殖を遅らせ日持ちさせる方法です。

これは、基本的にどんな食品、メニューでも常温に比べ日持ちします。

 

例として、肉みそ、牛肉とゴボウのしぐれ煮、ひじきの煮物、カツオのしぐれ煮など。

いんげんの調理方法

温度的に10度を超えると菌が繁殖しやすくなるのです。

一般的な冷蔵庫の温度は2度~5度くらい。

冷蔵庫で保管したら菌が繁殖しにくいので、日持ちするのです。

 

塩や酢で長持ち

塩分濃度を上げることで日持ちさせる方法です。

冷蔵庫保存と併用することでさらに日持ちします。

 

例としては、大根の葉の漬物、たくわん、梅干し、酢の物、マリネ

 

梅干しは昔ながらの作り方だったら、なんと100年以上持つのだとか。

⇒ 梅干しの賞味期限

梅漬け、調味梅干しの保管

塩分濃度が高いと菌が繁殖できないのです。

塩分濃度が18%以上になると腐りにくくなると言われています。

 

 

空気を遮断して長期保存

ズバリ真空パックです。

空気との接触を遮断して酸化を抑える方法です。

従来、真空パックの機械と言ったら高額で、手間も多くて、難しい印象でした。

ところが、最近は安くて簡単なものが出現しています!

しかも、効果は本格的で真空パックなしと比べて5倍日持ちします。

 

⇒ 安くて簡単な真空パック

冷凍食品の賞味期限

金属だとわかりやすいと思いますが、「錆びる」という現象は、食品で起きたら「腐る」と言う現象です。

専門的に言うと「酸化」です。

酸素と結合することを酸化と言います。

酸素と触れさせないことで、酸化を防ぐことができます。

 

   

スポンサーリンク

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ