明治「ブルガリアヨーグルト」の賞味期限・消費期限について

ヨーグルトは乳酸菌で作る発酵食品なので賞味期限を切れても食べられるのでは?と
うわさされたりします。

でも、本当にそうなの?
賞味期限をどう考えるといいのでしょうか。

スポンサードリンク






この記事も注目されています♪


忘れて賞味期限を過ぎた場合や、
おいしさを損なわない保存の方法などを
「ブルガリアヨーグルト」を例に紹介します。

賞味期限

ヨーグルトを買ってきても、冷蔵庫に入れっぱなしで賞味期限を過ぎたことが、ありませんか?
牛乳より長い賞味期間だから、つい忘れたとか・・・

 

ラベルに賞味期限が書いてありますよね。
西暦の下2桁と月日の順で印刷されています。

 

ヨーグルトの賞味期限とは、未開封で要冷蔵で保存した場合においしく食べられる期間です。
風味をなるべく損なわずに食べたい。
それなら、なるべく期限内に食べてください。

ブルガリアヨーグルトの賞味期限

 

常温保存できるか

ヨーグルトの適切な保存温度は、10度以下です。

ブルガリアヨーグルトの賞味期限

常温で何日も放置すると、未開封のヨーグルトでも発酵がどんどん進み、すっぱくなります。
やがて乳酸菌が死滅して、ほかの菌が増えカビも生えてきます。
なので、やはり冷蔵庫に入れてください。

 

朝、家から持ってきたヨーグルトを会社で、冷蔵庫に入れずにお昼に食べる場合は?

それくらい短い間なら、夏でも傷まないでしょう。
ただし、寒天で固めたヨーグルトですと、温度が高くて寒天が溶けてしまいます。

 

冬の暖房があまり効いていない、室内なら1、2日冷蔵庫に入れ忘れても、大丈夫です。
急に腐ることはないのです。

 

冷蔵保存の場合

ヨーグルトのパックに要冷蔵と印刷されています。
家庭用冷蔵庫なら、10度より低いので、乳酸菌の発酵が抑えられます。

 

ヨーグルトを冷蔵庫で保管するとき、横倒しにならない平らなスペースにおいてください。

寒天で固めてない「ブルガリアヨーグルト」は、上澄みが出てきます。
その液をこぼさないようにするためです。

 

この上清みはホエー(乳清)という栄養分の塊です。
捨てるのはもったいないので飲んでくださいね。
ラクトフェリンやカルシウム、ビタミンが入っています。

 





スポンサーリンク



色々な種類がある

 

冷凍保存の場合

最近、ヨーグルトを凍らせてシャーベットみたいに食べる方法が流行っています。
フローズンヨーグルトと呼んでます。

 

普通のヨーグルトを冷凍保存します。
食べるときに、冷凍室から出して食べます。

 

凍らせるは、問題なく作れますが、冷蔵庫内で解凍すると、元のヨーグルトに
戻らないのです。

 

白い塊ができたり、水分とヨーグルトが分離してしまい、なめらかな食感はなくなり、
味も落ちます。

 

なので、冷凍保温したヨーグルトは、そのまま冷凍して、食べるときだけ出してくださいね。

冷凍していても開封すると、香りや味が抜けます。
また、冷凍室のニオイがヨーグルトに移りやすいのでふたをきちんと閉めて保管してください。

 

賞味期限を過ぎたらどうなるか

発酵食品なので、1,2日で悪くなることはないのです。
冷蔵庫に入れた場合で、未開封なら、1週間過ぎても食べられます。
開封したら、最大1週間くらいで食べ終えるほうが、風味を楽しめます。

 

未開封のまま、1か月も忘れていたパックなら、中を開けて、必ずニオイや色を確認してください。

中には期限切れ1か月のヨーグルトを食べた人もいるようです。
風味が損なわれていたり、雑菌の影響もありうるので変なにおいや変色があれば、食べないでください。

 

おいしく食べるには

「ブルガリアヨーグルト」は冷蔵庫に入れて開封したら、数日で食べ終えます。

シュガーがついていますが、食べるときにだけかけてください。
開封した時に、シュガーも混ぜて冷蔵すると、風味が変わるかもしれません。

 

開封したら、パッケージのふたとアルミホイルを閉めて冷蔵庫で保管してください。
香りが抜けないようにするとおいしく食べられます。

 

消費期限

製造日から5日以内に急速な品質の低下が生じる食料品には「消費期限」が表示されています。

「ブルガリアヨーグルト」は、賞味期限だけです。
未開封なら1週間で悪くならないので、賞味期限だけでよいのです。

 

まとめ

ヨーグルトは、10度以下の冷蔵庫で保存します。
発酵食品ですので、酸っぱくならないように低温で保管します。
ヨーグルトは凍らせて保管できます。
しかし解凍すると不味くなるので、冷凍のままで保管してください。
開封したら、冷蔵でも数日で食べるほうが香りも味もおいしいのです。

 

 


スポンサーリンク

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ