明治エッセル「スーパーカップ」(アイスクリーム)の賞味期限・消費期限について

アイスクリームの例として、明治エッセル「スーパーカップ」の賞味期限、消費期限を調査しました。
スーパーカップはどのお店でも安いのにおいしいこともあって安定した人気があります。

売れ残っていることはあまり心配しなくていいのですが、いつまで持つのでしょうか
見ていきましょう。




この記事も注目されています♪


スポンサーリンク



にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ

そもそもアイスクリーム全般の賞味期限はないと言われていますが、別にない訳ではありません。
省略されているのです。
その理由なども追いかけて行きたいと思います。

明治エッセル「スーパーカップ」

明治エッセル「スーパーカップ」

 

賞味期限

明治エッセル「スーパーカップ」(アイスクリーム)の賞味期限はないのか?
厚生労働省は「食品衛生法」において賞味期限を表記するように指示していますが、アイスクリームは省略することが出来る食品のひとつです。

アイスクリームに賞味期限の表示はない

アイスクリームに賞味期限の表示はない
これは、原材料が「乳製品、植物油脂、砂糖、水飴、卵黄、ぶどう果糖液糖、食塩、香料、アナトー色素」と-18度以下にしておけば安定した品質で、劣化が少ないものだからです。
アイスクリームは-18度以下を保っている限りは特に期間を定める必要がないほど長期間おいしく食べられます。
そのため「賞味期限が省略」できるのです。

 

疑問
アイスクリームには賞味期限がないって本当??
解決
ない訳ではありませんが、法律的にも表示を省略で切る程長いので、無いといっても問題ないでしょう。

 

常温保存できるか

当然できません。

アイスクリームは一度溶けると再び凍らせても元には戻りません。
表面の色が変わり、氷の結晶が大きくなります。
食べたら悪いわけではありませんが、味と触感はかなり落ちます。

製造工場は記載がある

製造工場を示すと思われる記号は表示されているが、消費者にはどこの工場かは分からない

 

冷蔵保存の場合

冷蔵保存もできません。

ただし、食べる直前に少し解凍して食べる場合、10分程度冷蔵庫に入れておくと「 良い固さ」でおいしく食べることが出来ます。
おいしくてもガチガチでスプーンが入らない時があります。
このときは、冷蔵庫で少し解凍するか、カップの中央ではなく、外側から食べることで比較的スムーズにすくうことが出来ます。

アイスクリームは縁から食べると食べやすい

アイスクリームは縁から食べると食べやすい

 

冷凍保存の場合

冷凍庫保存の場合、-18度以下である必要があります。
家庭用の冷凍庫も-18度以下にはなりますが、開閉が多い場合や、冷蔵庫の能力が落ちている場合は-18度に下がり切らない時間が長くなります。
このとき、アイスクリームは溶けてしまったり、緩くなったりします。
その時は再び凍らせても味、食感共に従来よりは落ちてしまいます。

 

また、意外と盲点なのがスーパーなどで購入した際、自宅に帰り冷凍庫に入れるまでの時間です。
スーパーなどで買った場合、ドライアイスなどで冷やしながら帰るケースはまれです。
このため、アイスショーケースから取りした時から、自宅の冷凍庫に入れ、-18度になるまでの時間は1時間以上かかる場合があります。
買ってきたアイスクリームは賞味期限が表示されていないからと長期保存するのではなく、できるだけ早く食べることをお勧めします。

スーパーカップの中ふた

スーパーカップの中ぶた

 

賞味期限を過ぎたらどうなるか

表示が省略できる程賞味期限は長いので、「過ぎたら」を実験できた例があまりありません。
人によっては-18度以下ならば半永久的に食べられる、と言う人もいます。

 

おいしく食べるには

明治エッセル「スーパーカップ」の場合、買って来たらすぐに食べるか、冷凍庫に保管してできるだけ早く食べる様にします。

 

たまにあることすら忘れていたアイスが存在しますが、それでも食べても問題ありません
ただし、食べかけを冷凍庫で保管していた場合は、アイスクリームの成分のうち、乳製品に冷凍庫のにおいなどが移っていることがあります。身体に害はありませんが、おいしくないことがあります。

 

消費期限

消費期限も特に定められていません。

IMG_5755

カップ裏にも賞味期限・消費期限の表示はない

 

まとめ

明治エッセル「スーパーカップ」(アイスクリーム)の賞味期限は存在するけれどかなり長く表示を省略できる。
-18度以下で保存している限り半永久的に食べられると考える人もいる。

消費期限も確認することが出来ないくらい長い

家庭用の冷凍庫で保管する場合は、必ず劣化するので買って来たら早めに食べるようにした方が良い。

 

   

この記事も注目されています♪



スポンサーリンク

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ