柏餅(かしわもち)の賞味期限・消費期限・日持ちについて

5月5日のこどもの日に欠かせない柏餅(かしわもち)。

たくさん買いすぎて余ってしまう事もあります。

そのとき、「いつまで食べられるのか」「どうやって保存したらいいのか」を知りたいところ。

こちらでお知らせします。

 

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ




この記事も注目されています♪


 

柏餅とは

平たく丸めた上新粉の餅を小判型に延ばし、二つに折り、間に餡をはさんで柏(かしわ)の葉などで包んだ和菓子です。

5月5日の端午の節句(5月5日)のお供え物として定着しています。

柏餅の豆知識

柏の葉は新芽が育つまでは古い葉が落ちないことから、「子孫繁栄(家系が途切れない)」という縁起を担いでいるものと言われています。

最近では柏の葉ではなく、入手性のいい猿捕茨(サルトリイバラ)の葉を使うこともある。

また、柏の葉よりも以前から猿捕茨を使っていたと言う説もある。

柏餅の豆知識

柏餅の賞味期限

柏餅の賞味期限:1日【常温保存】

柏餅の場合、寿命は5日以内に迎えるため、表示義務があるのは「賞味期限」ではなく「消費期限」です。

柏餅は和菓子なので、寿命は製造したその日限りと言えます。

 

こちらの例は、あるお店で柏餅を買った時のパッケージの表示です。

このお店でも、製造当日が消費期限と設定しています。

柏餅の賞味期限

柏餅の消費期限

柏餅の消費期限:2日~3日【常温保存】

多くの場合、柏餅の消費期限は1日(製造日その日のみ)となっています。

ところが、実際には条件さえよければもう少し日持ちします。

 

10度から15度程度の場所で保存していれば、2日~3日は日持ちします。

以下の悪くなった時の判断基準を見て判断されてください。

柏餅の消費期限





スポンサーリンク



柏餅は常温保存できるか

柏餅は常温保存可能です。

柏餅は、常温保存が最適です。

直射日光が当たらない風通しのいい場所に保管しましょう。

柏餅の保存方法

 

一つ一つラップをかけるなどして、乾燥を防ぐようにして保管しましょう。

柏餅の保管方法

購入したときのパックに保管してもいいでしょう。

その時は、ふたを閉めて常温で保管します。

柏餅の保管方法

柏餅は冷蔵保存できるか

柏餅は冷蔵保存にむきません。

柏餅は冷蔵庫で保管すると、固くなってパサパサになってしまいます。

これは、でんぷんが硬化してしまうからです。

 

柏餅の日持ち

疑問
冷蔵庫で保管してしまったのだけれど、固くなった柏餅をおいしく食べる方法はないかしら?
解決

食べる時には、温めて食べることで少しだけおいしさがよみがえります。

温める方法としては、焼くか、電子レンジなどで再加熱するか、になります。

電子レンジ加熱の場合、加熱しすぎると熱くなってしまいます。

常温より少し熱い程度にすればいいので、10秒づつ加熱するか、十分加熱したあと、粗熱を取って食べましょう。

柏餅は冷凍保存できるか

柏餅は冷凍保存可能です。

柏餅は冷凍保存可能です。

冷蔵するくらいならば、冷凍した方がおいしさを保つことができます。

長時間保管しないといけないことが分かっている場合や、大量に柏餅がある場合は、冷凍して保管しましょう。

 

解凍の際は、冷蔵庫に入れて解凍します。

その時は2時間~3時間程度で柔らかくなります。

柏餅の保存方法

元々冷凍して販売されているものもありますが、これは製造後すぐに業務用冷凍庫で急速冷凍しています。

家庭用の冷凍庫では、業務用のように急速冷凍ができません。

家庭で冷凍しても、過信せずにできるだけ早く食べるようにしましょう。

柏餅が腐っているかの判断

柏餅が腐っているかの判断として以下の3つのポイントがあります。

臭い

異臭がしている場合悪くなっています。

酸っぱくなっていたり、苦みがあった場合、悪くなっています。

見た目

カビが生えていたり、糸を引いていたり、溶けてきているようだったら、悪くなっています。

賞味期限切れ後は風味が落ちる可能性がありますが、食べることは可能です。
ただし、保存方法は表示の正しい方法で保存されている必要があります。

消費期限切れ後は食べない方が無難です。

柏餅をおいしく食べる方法

柏餅をおいしく食べるには、作りたてを食べるのが一番おいしいです。

柏餅をおいしく食べる方法

たくさんあって、味を変えたい場合は、きな粉をまぶして食べることで、またおいしく食べられます。

きな粉餅と柏餅

 

まとめ

柏餅の賞味期限:1日【常温保存】
柏餅の消費期限:2日~3日【常温保存】

柏餅は出来立てを食べるのが一番おいしいです。

保存する場合は、冷蔵ではなく、常温が最適です。

保管しないといけない場合は、冷凍した方がおいしさを保てます。

 


スポンサーリンク

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ