梅シロップ(梅ジュース)の賞味期限・消費期限・日持ち・保存方法とは

梅ジュースは薄めながら飲むものなので瓶一本でも、一度に飲み切ることは難しいです。

そんな梅ジュースはどのぐらい保存できるのか?

ここでは梅ジュースの賞味期限をお知らせします。

また、梅ジュースの保存方法とどのぐらい日持ちするかも併せてお知らせします。




この記事も注目されています♪


スポンサーリンク



にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ

 

梅シロップ(梅ジュース)の賞味期限・消費期限

梅シロップ(梅ジュース)の賞味期限:1年間

 

梅ジュースは作った後に開封していなければ、最大1年間ほど保存することができます。

加熱殺菌をすることで一年以上にすることも可能ですが、1年間を目安と考えたほうが良いでしょう。

 

開封後はどれくらい日持ちするのか

作った後に一度でも開封すると賞味期限は半年間程度になります。

 




スポンサーリンク



梅シロップ(梅ジュース)の保存方法

梅シロップ(梅ジュース)の保存方法について、常温・冷蔵・冷凍についてお知らせします。

常温保存

梅シロップ(梅ジュース)は常温保存可能です。

梅ジュースの保存は、日光の当たらない湿度の少ない場所であれば冷蔵庫でなくてもかまいません。

長持ちさせるためには保存の前に約80度のお湯で15分加熱することが必要です。

カビや雑菌の繁殖を防ぐことができ、梅ジュースを長持ちさせることができます。

 

冷蔵保存

梅シロップ(梅ジュース)は冷蔵保存可能です。

冷蔵庫で梅ジュースを保存すると、常温で保存した時に比べてより長く保存することができます。

こちらも、殺菌消毒の後に常温まで冷やしてから冷蔵庫に入れ、開封しなければ
非常に長持ちします。

 

冷凍保存

梅シロップ(梅ジュース)は冷凍保存可能です。

梅ジュースを「フリーザーバッグ」などに入れて冷凍保存すれば1年~2年間ていど保存することができます。

冷凍するとどうしても味が落ちますが、確実に長持ちさせることができます。

長期間の保存をしたい場合は冷凍庫での保存をおすすめします。

 

梅シロップ(梅ジュース)について

梅ジュースとは冷凍された梅を氷砂糖と一緒に瓶に入れ、抽出されるエキスです。

冷凍するのは、梅の繊維を破壊してエキスを出やすくするためです。

そんな梅ジュースは作っている過程で濁ってきてしまうことがあります。

これは腐っているのではなく、発酵してしまっているのです。

白い泡が増えすぎるとアルコール度数が上がり、お酒になってしまいます。

そんなときには加熱殺菌が必要です。

ただし、梅ジュースの栄養が60度以上になると活動を停止してしまうので、加熱は60度未満にしましょう。

そんな梅ジュースの効果の一つ、疲労軽減効果は研究により実証されています。(サッポロ飲料株式会社と近畿大学生物理工学部と和歌山県工業技術センターの共同研究による調査)

 

 

まとめ

梅シロップ(梅ジュース)の賞味期限:1年間【常温保存】

梅シロップ(梅ジュース)の賞味期限:1年間以上【冷蔵保存】




この記事も注目されています♪


スポンサーリンク



にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ

姉妹サイト

カップ麺を食べつくしたレビュー
カップ麺を次々自腹購入してレビューしていきます。
サラリーマンのオフィスで節約・時短・貧乏飯ランチ
サラリーマンがオフィス内で食べられる極限まで節約したランチを極めます。
本当は怖い添加物の大辞典
日常の食品の添加物とその危険性をお知らせします。

コメントを残す