焼きサンマの賞味期限・消費期限・日持ち・保存方法とは

秋ごろに旬を迎えるサンマですが、やっぱり塩焼きが最高です。

旬は8月くらいから11月くらいまでですが、サンマ自体は1年中で回っています。

サンマを焼いた後に、旦那さんが帰れなくなったなど、その日に食べないことがあります。

焼いたサンマの賞味期限・消費期限、日持ちについてお知らせします。

焼いたサンマの正しい保存方法についても併せてお知らせします。




この記事も注目されています♪


スポンサーリンク



にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ

 

焼きサンマの賞味期限・消費期限

焼きサンマの賞味期限/消費期限:1日~2日間
焼きサンマの賞味期限

サンマの場合は、調理から寿命まで概ね5日以内なので、賞味期限(=美味しく食べられる期間)ではなく、消費期限(=安全に食べられる期間)が表示されています。

加工食品にのみ表示が義務付けられていますので、家庭で焼いたサンマには、賞味期限も消費期限もありません。

 

要するに、どれくらい日持ちするか、と言う話となります。

焼きサンマの賞味期限

大手スーパーなどでは、お惣菜の扱いになるので、焼きサンマは、消費期限1日と表示しているお店が多いようです。

ほとんどのお店は、余裕をもって消費期限を設定していますので、通常は1日~2日くらいと考えるのが妥当でしょう。

 

 




スポンサーリンク



焼きサンマの保存方法

焼きサンマの保存方法について、常温・冷蔵・冷凍についてお知らせします。

常温保存

焼きサンマは常温保存可能です。

焼きサンマを常温保存

サンマは、常温保存が基本です。

生のサンマは、生鮮食料品となるので、冷蔵保存ですが、焼いた後は、常温保存となります。

スーパーの売り場でも、焼きサンマは、常温で陳列されています。

常温保存の場合は、調理日当日まで位の日持ちだと考えた方が安全でしょう。

 

食べる際は、電子レンジでチンするだけで温かくでき、身が柔らかくなるのでおいしく食べられます。

このとき、加熱時間は、電子レンジのワット数に関係なく10秒~15秒くらいまでにしておく方がいいでしょう。

それ以上加熱すると、身や内臓内の水蒸気が破裂してしまい、食べにくくなるとともに、電子レンジ内が汚れてしまいます。

 

冷蔵保存

焼きサンマは冷蔵保存可能です。

調理した日に食べられない場合は、冷蔵庫の保存がいいでしょう。

ただし、冷蔵庫内はドアを閉じているとき、風が滞留しています。

この風で乾燥してしまわないように、ラップをして冷蔵庫で保管しましょう。

 

保存の際、レモンを振りかけておくことで、レモンのビタミンCで参加を最小限にすることができます。

 

調理の翌日に食べる場合は、どうしても味が落ちてしまうので、事前に身をほぐしておき、骨と内臓を捨てることで劣化のスピードを緩めることができます。

このように保存すれば、2日~3日間日持ちします。

ほぐした身は、混ぜご飯にするなどのアイデアで使いましょう。

 

冷凍保存

焼きサンマは冷凍保存可能です。

焼いたサンマは、冷凍保存可能ですが、あまりお勧めしません。

冷凍するとその過程で細胞が崩れ、解凍後には身がぐずぐずになってしまいます。

 

どうしても冷凍する場合は、内臓を取って冷凍した方がいいでしょう。

身をほぐして冷凍しても日持ちします。

冷凍して場合、2週間~1か月くらいは日持ちします。

 

焼きサンマについて

サンマは、漢字で書くと「秋刀魚」となり、まさに秋が旬だと思われがちです。

ところが、サンマの本当の旬は、8月~9月ごろなので、どちらかと言うと、「夏の終わり」というころでしょうか。

 

毎年東京の目黒で行われる「秋刀魚祭り」も9月ごろに行われます。

秋刀魚祭りと賞味期限

 

焼きサンマの正しい下準備

塩サンマの場合は、すでに十分塩が染みているので、そのまま焼きます。

軽く洗って、キッチンペーパーで水分を取ってから焼きます。

 

内臓は食べる人と食べない人がいます。

食べる人のためには、そのまま焼いた方がいいでしょう。

サンマは内臓にウロコがたくさん入っています。

食べにくいこともあるので、事前に内臓を取って、水で洗った後、余計な水分をキッチンペーパーで拭き取ってから焼きます。

 

焼けていく過程で、皮が縮みます。

身が小さくなってしまうので、事前に3つ~5つくらい斜めに切り目を入れてから焼くと、これを防止できます。

サンマの焼き方

 

サンマの正しい焼き方

塩サンマは、水分量が少なくなっているので、比較的早く焼けます。

焼き始めたら目を離さないようにしましょう。

 

 

サンマが家庭で焼かれなくなってきた理由

最近、サンマが食べられる量が減ってきました。

これには、いくつかの理由が考えられます。

煙の問題

最近家庭では、サンマが焼かれなくなってきました。

その理由として、焼いた時の煙の問題です。

サンマを焼いたら煙がでる

一般家庭のキッチンでは、換気扇を回しても室内に煙と匂いが充満してしまいます。

煙が出にくいグリルなどもあります。

 

フライパンの問題

サンマが長すぎて、フライパンに入らないという理由もあります。

普通のフライパンでは、頭やしっぽが入らないので、うまく焼けないのです。

この時は、2つに切って焼くことでフライパンに納めて焼くことができます。

サンマを2つに切って焼く

スーパーなどで売られているサンマは、しっぽを取って焼いているものもあります。

これは電子レンジや、包装のパックに入らないことの対策です。

サンマのしっぽは落とす

 

食べる手間の問題

身をほぐすのが面倒と言う話もあります。

最近、ちゃんと魚の身を取って食べることができる人が減っています。

簡単に身がほぐせて、簡単に食べられないと人気がない傾向にあります。

サンマのみをほぐす

 

まとめ

焼きサンマの賞味期限、消費期限:1日~2日間【常温保存】

焼きサンマの賞味期限、消費期限:2日~3日間【冷蔵保存】

冷蔵や冷凍には、ちょっとしたアイデアと手間が必要です。




この記事も注目されています♪


スポンサーリンク



にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ

姉妹サイト

カップ麺を食べつくしたレビュー
カップ麺を次々自腹購入してレビューしていきます。
サラリーマンのオフィスで節約・時短・貧乏飯ランチ
サラリーマンがオフィス内で食べられる極限まで節約したランチを極めます。
本当は怖い添加物の大辞典
日常の食品の添加物とその危険性をお知らせします。

コメントを残す