牛肉の賞味期限・消費期限・日持ちについて

少し高いけれど、うまさは間違いない「牛肉」。

ステーキ、焼肉、ハンバーグ、と用途も広いです。

たくさん買ってしまった時、たくさんもらった時、賞味期限と保存方法を知っておいた方がいいでしょう。

 




この記事も注目されています♪


にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ

 

牛肉の賞味期限

牛肉の賞味期限:半日~2,3日

肉全般に言えることですが、空気に触れる面積が狭いほど日持ちします。

ミンチになって空気との接触面積が大きくなるほど劣化のスピードは速くなります。

 

一般に売られている肉で言うと、以下のようになります。

ブロック(2~3日)>厚切り、角切り>薄切り、細切り>ミンチ(半日)

 

ブロック肉の場合、肉の内部に雑菌がある可能性は非常に少ないです。

一番雑菌が多いのは切断面です。

そのため、劣化までに十分な時間があります。

ブロックの牛肉の賞味期限

 

厚切り肉、 角切り肉はある程度の厚みはありながら、ブロック肉から切り出した状態です。

ステーキ肉もこの厚さと言えます。

そのため、ブロック肉に対して空気に接触する面積は増え、劣化のスピードは速くなります。

常温保存で数時間、冷蔵保存で約1週間保存可能です。

ステーキ肉の賞味期限

 

薄切り肉、細切り肉はさらに接触面積が広くなります。

そのため賞味期限は短くなります。

薄切り牛肉の賞味期限

 

ミンチ肉はさらに空気との接触面積が大きくなります。

賞味期限は半日程度とお考えください。

牛肉ミンチ肉の賞味期限

牛肉の消費期限

牛肉の賞味期限:半日~2,3日

この場合、賞味期限と、消費期限は同じとお考えください。

牛肉の消費期限





スポンサーリンク



牛肉は常温保存できるか

牛肉は常温保存可能です。


常温保存の場合、保存できる期間は短くなります。

劣化してくると牛肉が黒ずんできてしまいます。

牛肉の保存方法

牛肉は冷蔵保存できるか

牛肉は冷蔵保存可能です。

牛肉は短期間の場合、冷蔵保存が可能です。

欲を言えば、肉1枚1枚でラップで包むか、ビニールで包んで、別の肉と接触する部分を無くした方がいいでしょう。

牛肉は牛肉同士接触している部分から黒くなってきてしまい、劣化してしまいます。

疑問
牛肉を保存するときは、できるだけ大きな塊で保存した方が良いと言う事かしら?
解決
その通りです。

冷蔵にしても、冷凍にしても、保存の場合は、出来るだけ大きな塊で保存して、使うときにカットしたらいいでしょう。ステーキのように用途が決まっている場合は、予めカットして冷凍してもいいでしょう。

牛肉は冷凍保存できるか

牛肉は冷凍保存可能です。

牛肉は長期保存するならば、冷凍保存が最適です。

解凍するとドリップと呼ばれる赤い血のような液が出ます。

ここには牛肉のうまみが含まれていると言われています。

ドリップを出さないように冷凍したままで調理します。

そうすることで、ドリップは最小限に抑えられます。

牛肉の保存方法

 

牛肉が腐っているかの判断

牛肉が腐っているかの判断として以下の3つのポイントがあります。

臭い

異臭がするようになってきます。

初期では味が抜けたようになりますが、劣化が進むと苦みや酸っぱみが出てきます。

見た目

牛肉同士が接触している部分、空気と触れている部分から黒くなってきます。

賞味期限切れ後は風味が落ちる可能性がありますが、食べることは可能です。
ただし、保存方法は表示の正しい方法で保存されている必要があります。

消費期限切れ後は食べない方が無難です。

牛肉をおいしく食べる方法

牛肉は高加熱で熱して食べるよりも、低温で長時間加熱して食べた方が、柔らかく、うまみを引き出すことができます。

肉汁は抜けないように、表面は強火で焼き、肉汁が抜けないようにカプセルのようになったら、あとはゆっくりと中火で火を入れていきます。

ステーキをおいしく食べる方法

まとめ

牛肉の賞味期限:半日~2,3日
牛肉の消費期限:半日~2,3日

牛肉は塊が大きいほど空気に触れる表面積が少ないので、劣化は少ないです。

牛肉は筋肉です。

筋肉内に雑菌がある状態は通常あり得ません。

そのため、切断面の雑菌こそ注意するべきです。

   

スポンサーリンク

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ