甘酒の賞味期限・消費期限・日持ちについて

甘酒はお酒でしょうか?

字に「酒」が入っているので、お酒と思いがちですが、お酒ではありません。

甘酒は色々と知らないことが多そうです。

色々と調べてみました。

 




この記事も注目されています♪


にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ

 

甘酒とは

甘酒とは、日本の伝統的な飲み物です。

酒粕などを使って作ります。

甘酒の賞味期限

なぜ、甘酒は注目されているのでしょうか?

それは、甘酒は「飲む点滴」と言われるほど栄養価が高いのが理由の一つです。

 

そして、その栄養がダイエット効果や、美容効果が期待できるのです。

⇒ 甘酒の意外な効果、美肌、シミ取り

 

甘酒は、アルコール分を含まない清涼飲料水です。

似たもので、白酒はアルコールを含むお酒です。

 

甘酒の賞味期限

甘酒の賞味期限は、手作りのものだと約1週間【冷蔵保存】。

市販のものだと約1年間です【冷蔵保存】。

甘酒の賞味期限

 

市販の物の場合、賞味期限が印字されています。

それを参考にしましょう。

なお、表示された賞味期限は未開封での期間です。

また、表示された適正な保存方法での期間となります。

 

甘酒の消費期限

甘酒の消費期限は、賞味期限と同じと考えていいでしょう。

通常、消費期限とは、製造から5日以内に寿命を迎える食品のことを言います。

甘酒は1週間程度以上日持ちするので、通常は賞味期限の記載があります。

 

市販品で日持ちするものは、保存料などが添加されている可能性があります。

甘酒の消費期限





スポンサーリンク



 

甘酒は常温保存できるか

甘酒は常温保存可能ですが、それほど日持ちしません。

甘酒は常温保存では、数日しか日持ちしません。

栄養価が高い分、菌が繁殖したら食中毒になってしまいます。

保存はできるだけ冷蔵保存してください。

 

甘酒の冷蔵保存

甘酒は冷蔵保存で約1週間日持ちします。

甘酒は、基本的に冷蔵保存がお勧めです。

甘酒の保存方法

甘酒の冷凍保存

甘酒は冷凍保存が可能です。

出来るだけ小分けして冷凍してください。

冷凍と解凍を繰り返すと味も風味も劣化していきます。

 

裏技としては、甘酒を製氷皿に入れて冷凍する方法です。

 

製氷皿に冷凍すると、必要な分だけを割って解凍することができます。

解凍の際は、鍋に入れて加熱するのもありですが、電子レンジでチンだとお手軽です。

 

甘酒が腐っているかの判断

賞味期限切れの場合は問題なく飲むことが出来ます。

「賞味期限」と言う物はメーカーが保証するおいしく飲める期間です。

 

賞味期限切れ後は風味が落ちる可能性がありますが、飲むことは可能です。

ただし、保存方法は表示の正しい方法で保存されている必要があります。

甘酒の劣化

 

見た目、風味、味の3つを見て判断します。

見た目は色を見たら分かると思います。

少し黒ずんできたり、色が変わって来ていると注意です。

 

風味は臭いで判断しましょう。

酸っぱくなっていると感じたら注意です。

 

味は一番わかりやすいです。

酸っぱくなっていたり、苦くなってきたらNGです。

甘酒が劣化

甘酒をおいしく

甘酒をおいしく飲む方法は、温めて飲むのが最適です。

寒い日には、しょうがを入れることで芯から温まります。

 

甘酒のまとめ

甘酒の賞味期限は、約1週間【冷蔵保存】。

市販のものだと半年から1年程度日持ちするものもあります。

 

冷凍保存すると約1か月日持ちします。

   

スポンサーリンク

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ