白菜の賞味期限・消費期限・日持ちについて

白菜は1個で買うと、1/4カットで買うより割安です。

ただ、一度にたくさん消費できない場合は、保存せざるを得ません。

白菜の賞味期限と、長持ちさせる方法をお知らせします。

 




この記事も注目されています♪


にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ

 

白菜は、大きな野菜なので、必ず保存する必要があります。
葉と軸で別の食感が楽しめるお得な野菜です。

軸は大きく切るのではなく、細切りにして食べやすくカットしましょう。

白菜について

新鮮な白菜の見分け方

ずっしり重いものが新鮮な白菜です。

その他、切り口が白い方が新鮮です。

新鮮な白菜

 

白菜の保存方法

丸ごと1個を保存する場合は、湿らせた新聞紙で包み冷暗所へ。

新聞紙がめんどくさい場合は、冷蔵用の袋に入れた方が日持ちします。

疑問
「冷暗所」ってどこかしら?冷蔵庫のこと?
解決
昔の日本家屋には、直射日光が当たらない、冷えた場所がありました。例えば、室(むろ)などがそれです。

近代の住宅には室(むろ)はありませんので、冷蔵庫の野菜室などが冷暗所と考えていいでしょう。

白菜の旬

白菜の旬は、11月から2月です。

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

 

白菜の栄養

白菜の主な栄養は以下です。

カリウム ⇒ 体内の老廃物の排出を助ける

ビタミンC ⇒ 風邪予防、免疫力アップ

白菜の賞味期限

白菜は95%が水分です。食物繊維も豊富なので、便秘解消にも一役買ってくれます。

意外にも、ダイエット効果があるので、白菜は安心してたくさん食べましょう♪

白菜の賞味期限

白菜丸ごとの賞味期限:3週間~4週間【冷蔵保存】

カットした白菜の賞味期限:1週間程度

白菜は、丸ごと保存するのと、カットした状態では、日持ちが異なります。

これは、カットした方が水分が抜けやすくなるからです。

そのため、保存の際は、切り口にラップをするなどした方が日持ちします。

白菜は生鮮食料品のため、流通過程にかかる時間によって家庭で保管できる期間が変わります。

また、「賞味期限」と言うのは、加工品に表示が義務付けられたもので、生鮮食料品には「賞味期限」「消費期限」がありません。

消費者が見て、まだ食べられる、もう食べられない、食べごろなどを判断します。

白菜の消費期限

白菜の消費期限

白菜の消費期限:約1か月間

白菜の冷凍保存では、解凍後、シャキシャキの食感はなくなります。

しかし、すぐに火が入る状態にすることができます。

白菜の日持ち

白菜は生鮮食料品です。

賞味期限同様、消費期限も同様に表示義務はありません。

ここでは、食べごろの期間を紹介しています。

そのため、賞味期限は消費期限と同様とお考えてください。





スポンサーリンク



白菜は常温保存できるか

白菜は常温保存可能です。

常温保存する際は、温度が10度よりも低い状態で保管しましょう。

白菜の保存方法

白菜の冷蔵保存の場合

白菜は冷蔵保存可能です。

白菜は冷蔵保存が最適です。

葉物野菜なので、あまり温度が低いと部分的に凍ってしまいます。

5度から8度で保管するのが最適だと言えますので、冷蔵庫だと野菜室が最適です。

 

カットした場合は、切り口にラップをして保存した方が日持ちします。

小さくカットした場合は、袋に入れて保存した方が長持ちします。

カットした白菜の保存方法

白菜の冷凍保存の場合

白菜は冷凍保存可能です。

白菜の冷凍の場合、生のまま冷凍したら解凍後に使いにくいです。

冷凍するならば、カットして使える状態にして冷凍する方がいいでしょう。

一番いのは、調理した状態で冷凍することと言えます。

冷凍した白菜

白菜が腐っているかの判断

白菜が腐っているかの判断として以下の3つのポイントがあります。

臭い

腐ってくると異臭を放つようになってきます。

酸っぱい、苦いが出てきたら悪くなってきています。

見た目

透明に近づいてきたり、溶けてきたりしたら、悪くなってきています。

糸を引いている場合もあります。

 

白菜をおいしく食べる食べる方法

白菜は、煮物、あえ物以外に、甘酢漬けもおいしいです。

簡単で美味しい料理方法と言ったら、ミルフィーユ鍋が有名です。

白菜のミルフィーユ鍋の賞味期限

白菜は、豚肉と相性がとてもいいです。

薄切りでも、ミンチでも形状は問わないです。

 豚肉の賞味期限・消費期限・日持ちについて

まとめ

白菜丸ごとの賞味期限:3週間~4週間【冷蔵保存】

カットした白菜の賞味期限:1週間程度
白菜の消費期限:約1か月間

 

冬の鍋には欠かせない白菜。

意外にも体にいい成分がたくさん含まれています。

   

スポンサーリンク

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ