砂糖の賞味期限・消費期限・日持ちについて

どこの家庭でも置いてある砂糖は、お料理に欠かせない調味料です。

でも、砂糖は保管状態が悪いと、虫が沸く原因にもなってしまいます。

今回は砂糖の参考になる保管方法や場所についてご紹介します。

 

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ




この記事も注目されています♪


 

砂糖の賞味期限

砂糖の賞味期限:なし【常温】
砂糖はJAS法で賞味期限の記載が省略が許されている調味料の一つです。

そのため砂糖は、劣化しにくく、それほど保管に神経質になり過ぎる必要はありません。

基本的には、乾燥と水分に気を付けて、密封性の高い容器で保存するのが理想です。

砂糖の賞味期限

疑問
砂糖が腐らないって本当かしら?
解決
砂糖は腐りません。ただし、水分には注意が必要です。

砂糖の消費期限

砂糖の消費期限:なし【常温】
砂糖は、JAS法で賞味期限と同様に消費期限の記載も省略が許されています。

砂糖は腐りにくいので、安売りをしている時にまとめ買いをしておけば非常にお得です。





スポンサーリンク



砂糖の消費期限

 

元々、砂糖の寿命は5日以上あるので、消費期限の設定はありません。

消費期限とは、製造から寿命が5日程度の物に表示が義務付けられたものです。

 

砂糖は常温保存できるか

砂糖は常温保存可能です。

 

ただし砂糖は、稀に虫が沸く可能性もあります。

袋入りの砂糖の場合は、密封性の高い容器に移し替えましょう。

どうしても虫が気になる人は冷蔵保存をしたほうがおすすめです。

砂糖の保存方法

砂糖の冷蔵保存

砂糖は冷蔵保存可能です。

 

砂糖の冷蔵保存は、ダニや小さな虫が沸くことを予防するのに良い保管場所です。

冷蔵庫であれば、ダニや小さな虫の侵入が難しいため、砂糖に虫が沸いて困っている人は、冷蔵保存をおススメします。

 

ただし、密封容器に入れなかったり、常温へ戻した時に、水分が発生して砂糖が丸く固まってしまう可能性もあります。

出来るだけ密封性の高い容器に入れて、水分がつかないように気を付ける必要があります。

砂糖の日持ち

砂糖の冷凍保存

砂糖は冷凍保存可能です。

 

冷凍保存は常温に戻した時に、砂糖に水分がつきやすく固まってしまうのでお勧めできません。

冷蔵保存よりも、冷凍保存の方が水分がつきやすく、砂糖の保管場所としてはあまり適していません。

冷凍保存は避けることをおすすめします。

砂糖の賞味期限

砂糖が腐っているかの判断

砂糖が腐っているかの判断として以下の3つのポイントがあります。

臭い

ありません。

ありません。

見た目

ありません。

 

砂糖の場合は、腐らないので、特に変化はありません。

 

砂糖をおいしく

砂糖は昔、高級品とされていました。

現在では、あって当たり前ですが、多くのスイーツで使われています。

砂糖を摂取することで得られる多幸感は、ストレスに対抗する手段の一つと言えます。

疲れた時は甘いものを食べてみましょう。

 

砂糖のまとめ

砂糖の賞味期限:なし【常温】
砂糖の消費期限:なし【常温】

 

砂糖は賞味期限・消費期限の記載省略が認められているほど腐りにくい調味料です。

賞味期限や消費期限がない砂糖は、安い時に買いだめで利用すると食費の節約にもなります。

 

未開封であれば、常温でそのまま放っておいても、手軽に保管できるのも嬉しい点です。

そして、砂糖はいかに良い品質を長く保てるかというのが、大事な問題になってきます。

砂糖は基本的に、乾燥を嫌いますので、冷蔵庫の保管もおすすめです。

 

ただし、冷蔵庫で保管する場合は、水分にも弱いので、密封容器に入れておくことがポイントです。

また、稀に虫が沸くこともありますので、虫が心配な人は冷蔵庫の方が安心かもしれません。


スポンサーリンク

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ