紅茶の賞味期限・消費期限・日持ちについて

紅茶の賞味期限を考えるとき、色々と分かりにくい要素があります。

その理由と、紅茶の賞味期限、保存方法をお知らせします。

 

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ




この記事も注目されています♪


 

紅茶の賞味期限

紅茶の賞味期限:1年~3年間

 

紅茶の賞味期限を考えるとき、パッケージを見ればその期限が分かります。

多くの紅茶は、ティーバッグ、缶入り、どちらを見ても、1年~3年くらいに設定されているようです。

紅茶の賞味期限

ところが、紅茶の賞味期限は実にいい加減です。

それには、以下の理由があるのです。

 

どのタイミングを賞味期限のスタートにしているか決まっていない

賞味期限のスタートをどのタイミングにするかで考え方が変わります。

茶葉を収穫したとき、茶葉工場で蒸し終わったとき、ティーバッグや缶に入れた時、出荷されたとき・・・

収穫から製品として出荷されるまでに数か月かかることもあり、割といい加減なのです。

 

 

紅茶は未開封で湿気がない状態ならば、かなり日持ちします。

賞味期限が切れても十分飲めます。

 

ただし、湿気と直射日光を避けて保管している必要があります。

紅茶の茶葉は乾燥しています。

乾燥している間は、カビも生えにくいですし、腐りにくいです。

水分を含むことで条件がそろい、カビが生えたり、腐り始めたりしてしまいます。

紅茶の消費期限

 

開封後の紅茶はどれくらい日持ちするのか(消費期限)

未開封の状態ならば、2年とか、3年持つことが分かった紅茶ですが、開封した場合はどれくらい日持ちするのでしょうか?

紅茶の消費期限

 

紅茶の消費期限:1か月~3か月程度

条件もあるのですが、大体1か月程度では全然大丈夫です。

概ね3か月以内くらいには飲んでしまった方が良いでしょう。

 

時間経過と共に風味、香りが抜けていきます。

風味、香りが落ちても身体には問題ありませんが、紅茶の魅力の一つなので、早めに飲むことをお勧めします。

 

条件と言うのは、以下の保存方法をご確認ください。

 

紅茶の保存方法

紅茶は繊細なものなので、保存にはいくつか注意する点があります。

 

紅茶は常温保存が基本。

紅茶は常温保存が基本です。

冷蔵、冷凍共に、冷蔵庫内の水分を吸ってしまい劣化が進むからです。

紅茶の保存方法

密閉する。

茶葉は開封後酸化が進みます。

保存する際は、密閉して保管します。

購入した包装内に乾燥材が入っていたら、それは入れたまま保管してください。

紅茶のイメージ

高温と多湿を避ける。

紅茶は温度が高すぎるところは避けましょう。

また、湿度が高いところは最も条件が悪いです。

せっかく乾燥させてある茶葉が水分を吸うことで、劣化が早まる上に、風味も落ちます。

紅茶の日持ち

臭いの強いものの近くに置かない。

紅茶の茶葉は臭いを吸収する性質を持っています。

臭いの強いものの近くに置くことで、その臭いが移ってしまい、紅茶本来の香りが楽しめなくなってしまいます。

紅茶の保存方法

紅茶は、密閉チャックが付いたアルミバッグで保管するのが良いでしょう。

 

缶の場合は、密閉できるようになっていたり、モノによっては乾燥剤が入っています。

 

 


スポンサーリンク

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ