肉じゃがの賞味期限・消費期限・日持ちについて

肉じゃがはお弁当やおかずの定番メニューです。

一度に大量に作って、作り置きしている人も多いです。

そんな肉じゃがの正しい保存方法をご紹介しましょう。

 




この記事も注目されています♪


にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ

 

肉じゃがの賞味期限

肉じゃがの賞味期限:数時間~2日程度【常温】
肉じゃがは夏場であれば数時間、冬場であれば2日程度まで常温で持ちます。

汁気が多いため、食材が腐りやすいです。

しっかり火を通していても、やはり作った当日か翌日くらいには食べ切ってしまったほうがおすすめです。

肉じゃがの賞味期限

肉じゃがの消費期限

肉じゃがの消費期限:1~3日【冷蔵】
肉じゃがは冷蔵保存であれば、3日くらいは持ちます。

しかし、保存状態などによって、もっと早く劣化する可能性もあります。

肉じゃがの消費期限





スポンサーリンク



 

肉じゃがは常温保存できるか

肉じゃがは常温保存可能です。

 

肉じゃがは本当だったら、粗熱を取ってから密封容器に入れて冷蔵するのが理想です。

しかし、作って数時間くらいであれば、常温保存していても問題がありません。

ただし、夏場は半日以上も経つと危なくなってきますので、作ったらすぐに冷蔵保存がおすすめです。

 

肉じゃがの冷蔵保存

肉じゃがは冷蔵保存可能です。

 

肉じゃがを大量に作ってしまった時や、すぐに食べない時には冷蔵保存が一番安心です。

肉じゃがは水分が多く腐りやすいという特徴がありますので、常温よりも冷蔵保存の方が衛生的です。

じゃがいもの感触が気にならない人だったら冷凍も可能です。

 

肉じゃがの冷凍保存

肉じゃがは冷凍保存可能です。

 

肉じゃがは元々味付けは濃いので、冷凍保存の場合、2、3週間程度であれば持ちます。

しかし、肉じゃがの冷凍保存で問題になるのは、『じゃがいも』の存在です。

 

冷凍したじゃがいもは、中身がスカスカになってしまったり、水でべちょべちょになりやすいです。

同じ理由で、カレーもじゃがいも入りは冷凍保存しない方が良いと言われています。

肉じゃがはじゃがいものが重要

肉じゃがが腐っているかの判断

肉じゃがが腐っているかの判断として以下の3つのポイントがあります。

臭い

異臭がします。

酸っぱくなってきます。

見た目

白やピンクのカビが出てきます。

 

肉じゃがは水分が多いので、腐りやすいお料理です。

見た目や臭いで腐っているかがすぐにわかります。
「賞味期限」切れの場合は問題なく食べることが出来ます。

「賞味期限」と言う物はメーカーが保証するおいしく食べられる期間です。

賞味期限切れ後は風味が落ちる可能性がありますが、食べることは可能です。

ただし、保存方法は表示の正しい方法で保存されている必要があります。

肉じゃがをおいしく

肉じゃがは、ちょっとした工夫で劇的においしくなります。
それが「だし」です。
こちらの「あごだし」が話題です。
「あご」とはトビウオのことで、九州で多く食べられています。
その魚でとっただしが抜群だと話題になっています。

 

肉じゃがのまとめ

肉じゃがの賞味期限:数時間~2日程度【常温】
肉じゃがの消費期限:1~3日【冷蔵】

肉じゃがは常温も冷蔵も、長期保存は出来ません。

せいぜい、数日間しか持たないうえに、冷凍保存も向きません。

そのため、肉じゃがは数日程度で食べ切れる量を作ることが大事です。

 

肉じゃがを作ったら2、3日のうちに食べ切ってしまいましょう。

じゃがいもは冷凍保存に向かない食材だと覚えておきましょう。

腐った肉じゃがは、酸味の強い嫌な臭いがします。

冷蔵保管でも、腐ったような臭いや見た目が気になったら、処分するのが大事です。

 


スポンサーリンク

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ