調理器具を一切汚さず早く安くうどんを作る方法

お昼ごはんに「ちょっと」うどんを作るときでも、鍋を使ったりフライパンを使ったりして、洗い物が増えてしまいます。

ところが、この方法ならば、インスタントうどんのように簡単に早くうどんを作る方法がありました。

たぶんカップ麺以下の値段です。

 




この記事も注目されています♪


にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ

 

準備する物

作りたてで温かいうどんを食べるためには準備するものがあります。

ティファール。

お湯がすぐ沸きます。

250ccくらいお湯を沸かすのに使います。

うどんを作る調理器具

 

電子レンジ

どこの家庭でもあるでしょう。

 

うどん玉

スーパーで30円くらいで売ってますよね。

 

うどんスープ

スーパーで5食分が100円くらいで売られています。

1回分が、20円くらい。

うどんスープ

 

このくらいです。

あとは、お好みで揚げ玉とか、コロッケや天ぷらをスーパーのお総菜コーナーなどで仕入れておきましょう。

 

調理方法

まずは、お湯をティファールで沸かします。

次に電子レンジで、うどん玉を温めます。

うどん玉を電子レンジで温める

 

大体1分間で十分熱々になります。

電子レンジでうどん玉を温める

 

次に、どんぶりにうどんスープの粉を入れます。

うどんスープの粉を入れる

 

お湯を注ぎます。

麺が入ることも想定して少し少なめにするのがコツです。

お湯を注ぐ

 

温めてうどん玉を入れる。

この時点でうどんとして成立しています。

温めた麺を入れる

 

揚げ玉を入れるとさらにうどんらしくなります。

揚げ玉を入れるとより良い

 

 

粉スープではなく、液体スープを使っても早く作れます。

液体スープ

 

もし粉スープではなく、液体スープを使うときは電子レンジで麺と一緒に温めるといいでしょう。

電子レンジで温める

ついでにどんぶりも一緒に電子レンジに。

 

もちろん、うどんではなく、そば玉も使えます。

蕎麦球も使える

 

必要な時間

ここで、今回の調理にかかった時間を考えてみます。

お湯を沸かすのに約1分。

麺を温めるのに約1分。

これは同時作業で行えます。かかる時間は合計でも1分。

お湯を注いで、麺をどんぶり移すのに20秒~30秒。

合計、1分30秒です!

 

カップめんよりも早い!

 

かかった費用

調理にかかった費用を考えてみたいと思います。

 

うどん玉・・・30円

粉スープ・・・20円

 

水や電気代はここでは考えないようにしましょう。

カップめんを作るときも電気代を考える人はいないでしょうから。

合計50円!

 

安い!早い!うまいかどうかはあなた次第(^^

 

そばを使う場合は、そば玉が60円~70円となり、うどん玉より割高です。

カロリーがうどんより低いと思われがちですが、実はうどんもそばもカロリーはそれほど変わりません。

厳密にはうどんの方がカロリーが低いと言う事実。

 

うどん⇒ 重さ:100g  カロリー:105kcal

そば⇒ 重さ:100g カロリー:132kcal

 

スープは液体の場合は、1食分が80円~100円します。

粉スープよりも割高です。

粉スープに比べてかさばるし、重たいからでしょうか。

 

ポイント

ポイントとしては、ティファールを使う事。

3000円くらいしますが、1個持っていていい調理器具だと言えます。

「ポット」と思うと、「保温ができない」と気に入らない方もおられるようですが、「電気やかん」だと思うと、省エネでお湯が沸くのが早いので優れた調理器具だと感じる方が多いようです。

 

 

   

スポンサーリンク

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ