酒の賞味期限・消費期限・日持ちについて

日本酒は本当に不思議です。

賞味期限が記載されていません。

永遠に日持ちするのでしょうか!?

日本酒の賞味期限と、どれくらい日持ちするか、日本酒の秘密についてお知らせします。

 




この記事も注目されています♪


にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ

 

日本酒には、「賞味期限」の記載がありません。

日本酒に記載があるのは「製造年月」です。

これは日本酒を瓶に詰めた日のことです。

製造した日ではありません。

日本酒の賞味期限

日本酒は、冷蔵状態で熟成することができるのです。

その場合、10年以上熟成させることもあるのです。

つまり、日本酒を作った日から10年以上日持ちすると言うことになります。

 

ちなみに、熟成したら、色も味も変わってきます。

複雑で、深みのある味になり、日本人よりも外国の方に人気があると言います。

 

元々、日本酒は1年分まとめて醸造します。

たくさん醸造するのですが、瓶詰は年に何回も行います。

その瓶に詰めた時が「製造年月」と言う訳です。

考えてみたら、割とあいまいですね^^

 

酒の賞味期限

生酒の賞味期限:3か月【生酒】

リキュールの賞味期限:3か月~9か月

生貯蔵酒、本醸造生貯蔵酒の賞味期限:6か月

特定名称酒の賞味期限:9か月

料理酒の賞味期限:9か月

一般酒の賞味期限:1年間
お酒は種類によって賞味期限が異なります。

生酒は、純米新酒です。

若いお酒で、賞味期限は短いです。

厳密には飲めないわけではないのですが、風味が落ちていきます。

そういった意味で「賞味期限」と言えます。

日本酒の賞味期限

 

酒の消費期限

酒の消費期限:特定できず
お酒は、「いつになったら飲めなくなる」と言うのは分かりにくいです。

日本酒の消費期限





スポンサーリンク



酒は常温保存できるか

酒は常温保存可能です。

 

日本酒は常温保存可能ですが、著しく品質が劣化します。

日本酒の保存方法

酒の冷蔵保存

酒は冷蔵保存可能です。

 

日本酒は冷蔵保存するのが最適です。

生酒の場合、3度~10度くらいで直射日光を避けて保管します。

 

生貯蔵酒、本醸造生貯蔵酒、特定名称酒、料理酒、普通一般酒、リキュールなどは、10度から15度くらいで保管するのが最適です。

その時も、直射日光を避けて保管します。

日本酒の日持ち

酒の冷凍保存

酒は冷凍保存可能です。

 

日本酒は冷凍保存可能です。

シャリシャリにして飲むと言うの味方もあります。

アルコール度数が低いお酒は完全に固まって、カチカチになります。

解凍したら、冷凍前の状態に戻りません。

こういったお酒は冷凍にむきません。

日本酒の保存方法

アルコール度数が25度から30度を超えるくらいになると、家庭用の冷凍庫(-20度)で冷凍しても凍らないのです。

長時間冷凍庫に入れておくとシャリシャリになってきます。

これはこれで新しいの味方と言えるかもしれません。

 

酒が腐っているかの判断

酒が腐っているかの判断として以下の3つのポイントがあります。

臭い

酸っぱいにおいがする。

すえた臭いや、異臭がする。

見た目

にごってきたり(濁り酒ではないのに)、沈殿物が出てきたりします。

 

日本酒は明らかに飲めない状態になったとき以外は、飲める、飲めないの判断が難しいです。

一番いいのは、少し飲んでみて判断すると言うことです。

口に含んだ状態で異常を感じたら、飲み込まず吐き出しましょう。

 

酒をおいしく

日本酒はおいしいの味方がたくさんあります。

一番いいのは、冷やして飲む方法ではないでしょうか。

冷酒の賞味期限

 

生鮮食料品ならば、新鮮な方がおいしくて価値があります。

古くなると風味も劣化します。

 

ところが、時間経過とともに価値が上がるものもあります。

例えばワインです。

ボジョレーヌーボーのようにフレッシュさを楽しむワインは早く飲むべきですが、何十年も寝かせた高級ワインもあります。

日本酒も同様で、生酒のように新鮮なうちに飲んだ方がおいしい日本酒もあります。

一方で熟成して、深みが増す日本酒もあります。

どちらがおいしいかは、その人次第です。

新鮮な日本酒が好きな人にとって、熟成したものは満足しないでしょうし、熟成したものが好きな人にって、新鮮な日本酒は物足りないでしょう。

ご自身の好きな日本酒を見つけて、飲まれるのが一番だと言えます。

 

酒のまとめ

酒の賞味期限:3か月【生酒】

酒の賞味期限:3か月~9か月【リキュール】

酒の賞味期限:6か月【生貯蔵酒、本醸造生貯蔵酒】

酒の賞味期限:9か月【特定名称酒】

酒の賞味期限:9か月【料理酒】

酒の賞味期限:1年間【一般酒】

 

日本酒は種類によって賞味期限が異なります。

ただし、この期間後も飲むことができます。

物によっては風味が落ちるものがありますが、物によっては熟成して、さらにおいしいお酒になります。

 

 


スポンサーリンク

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ