金麦(発泡酒)の賞味期限・消費期限・日持ちについて

お父さんの味方。発泡酒。
1本ずつ買わず箱買いすると思います。
だからこそ、忘れていたものが出てきます。
賞味期限を確認してみましょう。




この記事も注目されています♪


にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ

 

金麦

 

賞味期限

金麦の賞味期限は、8か月間です。
缶の底に製造日と賞味期限が書かれています。
いつ作って、いつまでが飲みごろか分かりやすくていいですね。

金麦の賞味期限

 

消費期限

金麦の消費期限は、メーカーであるサントリーからは発表になっていません。
概ね賞味期限の1.3倍~1.5倍とするメーカーが多いようですので、製造から10か月~12か月と言えます。

 

常温保存できるか

金麦は常温保存可能です。
直射日光を避けて保管します。
飲む際に常温で飲まれる場合は常温保存です。
中国などでは常温で飲む人が多いようですが、日本では冷やして飲む人が多いです。

 

発泡酒は量販店でもスーパーでも売っているのですが、重たいです。
通販で買ったら配達してくれるので重たくありません。
送料を考えても意外に安かったりします。

 

通販で買うと安い上に自宅に運んでくれる

冷蔵保存の場合

金麦は冷蔵保存可能です。
ただし、飲む3~4時間前に冷蔵庫で冷やせば十分です。

金麦の消費期限

 

冷凍保存の場合

金麦は冷凍したら、解凍しても元に戻りません。
味も成分が崩れて元の味から変わってしまっています。
気が抜けたように水っぽく感じることもあるようです。

 

賞味期限を過ぎたらどうなるか

賞味期限切れの場合は問題なく飲むことが出来ます。
「賞味期限」と言う物はメーカーが保証するおいしく飲める期間です。

賞味期限切れ後は風味が落ちる可能性がありますが、飲むことは可能です。
ただし、保存方法は表示の正しい方法で保存されている必要があります。

 

消費期限を過ぎたらどうなるか

金麦は未開封の状態の時は、ほぼ腐ることは無いと言えます。
ただし、劣化してくると以下の様になります。

 

  • 色が濃くなる
  • 味が酸っぱくなる
  • 臭いがきつくなる

 

おいしく食べるには

キリッと冷やして飲むのが一番おいしいです。
グラスに注ぐのがいいのでしょうが、こちらを参考にされてみて下さい。

 

 

まとめ

金麦の賞味期限は、8か月間です。
消費期限は10か月~12か月と思われます。

 

 

   

スポンサーリンク

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ