食パンの賞味期限・消費期限・日持ちについて

パンと言えば、食パンです。

ご飯と並んで本当にこだわる人は、本当にこだわった商品を買います。

1斤1000円もする食パンがあるのだとか。

そんな食パンの賞味期限がどれくらいなのかお知らせします。

 

スポンサードリンク






この記事も注目されています♪


 

 

食パンの賞味期限はとても重要です。

食パンは1斤買っても、家族の人数によっては食べきれない事態になってしまいます。

食パンの賞味期限

食パンの賞味期限:2日~3日【常温保存】

食パンは、保有水分量が38%程度あります。

最もカビやすい食品を数値で表すと「1」なのですが、食パンは「0.96」とかなりカビやすい食品と言えます。

例えると、お刺身やフルーツと同じくらいカビやすい食品なのです。

食パンの賞味期限

食パンは焼いたときに250度程度まで加熱されます。

中心温度も95度を超えます。

この時、一般的なカビはほぼ全部死滅します。

カビとなる菌は、冷えた後に付着した物となります。

水分が多いため、数日でこの菌が繁殖し、寿命を迎えます。

 

 

食パンの消費期限

食パンの消費期限:5日程度【常温保存】

食パンは常温保存では最長で5日程度しか日持ちしません。





スポンサーリンク



よく「保存=冷蔵庫」と言うことで冷蔵庫に入れる方がおられます。

冷蔵庫では、温度を下げるのでカビの増殖は抑えられますが、肝心の水分が抜けてパサパサでおいしくなくなってしまいます。

食パンの消費期限

食パンは常温保存できるか

食パンは常温保存可能です。


食パンは常温保存が基本です。

水分が抜けてしまわないように、袋などに入れて保存してください。

カビを嫌って、中に乾燥材を入れたらパンがおいしくなくなってしまいます。

食パンの保存方法

食パンは冷蔵保存できるか

食パンは冷蔵保存にむきません。

食パンは冷蔵庫に入れると、カビの増殖を抑えることができますが、食パン中の水分が抜けてしまい、おいしくなくなってしまいます。

実は、食パンは保有水分が多いほどふっくらしていて、柔らかく、おいしいと感じます。

冷蔵庫に入れると、肝心な保有水分量が減ってしまい台無しになってしまいます。

食パンの保存方法

冷蔵庫に入れるくらいならば、冷凍庫に入れて冷凍した方がおいしさがキープできます。

疑問
食パンは冷蔵庫で保存したらダメなのね。
解決
食パンを冷蔵庫に保管すると、水分が抜けてパサパサになってしまいます。専用の保管ケースに入れて冷蔵庫に入れるか、冷凍するようにしてください。

 

食パンは冷凍保存できるか

食パンは冷凍保存可能です。

食パンは冷凍保存可能です。

冷凍すれば、約1か月程度日持ちさせることができます。

食パンの日持ち

食パンが腐っているかの判断

食パンが腐っているかの判断として以下の3つのポイントがあります。

臭い

異臭がするようになってきます。

酸っぱい味がするようになります。

見た目

カビが生えるなど見た目に変化が現れます。

ただし、一定量までカビが増えないと見た目に現れませんので、注意が必要です。

賞味期限切れ後は風味が落ちる可能性がありますが、食べることは可能です。
ただし、保存方法は表示の正しい方法で保存されている必要があります。

消費期限切れ後は食べない方が無難です。
食パンの保存方法

食パンをおいしく食べる方法

食パンをおいしく食べる方法は、最適な保管と、適切な温度と言えます。

適切な保管は、食パンの保有水分量を保つことです。

冷蔵庫は最悪です。

水分が抜けないように専用の保管ケースなどを使いましょう。

食べる前には、トースターで焼きなおすなどするとおいしく食べることができます。

古くなった食パンを焼いてもカビは死滅しません。

カビを死滅させるためには60度で10分以上の加熱が必要です。

まとめ

食パンの賞味期限:2日~3日【常温保存】
食パンの消費期限:5日程度【常温保存】

食パンは冷蔵庫に保存するくらいならば、冷凍庫に入れて保管してください。

食パンは日持ちしない食品なので、できるだけ早く食べきるようにしましょう。

 


スポンサーリンク

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ