1か月日持ちする料理で手抜き+アレンジ料理で手抜き(ラタトゥイユ)

25分間の簡単調理で、1か月間 日持ちする料理で手抜きする方法です。

「手抜き」と言うと聞こえが悪いですが、しっかりと料理されたメニューとなります。

しかも!アレンジ料理で4つのメニューに早変わり!

これは知っておくととても便利です♪

 

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ




この記事も注目されています♪


 

まずは、25分間で作る基本料理としては、「ラタトュイユ」です。

ラタトュイユと言われると、難しそうですが、イタリア風の野菜煮込みです。

野菜がたくさん摂れるので、健康にも良いのです。

野菜のうま味もぎゅーーーっと閉じ込められています。

ラタトゥイユ

※画像では黄色のパプリカも使っています。

 

ラタトュイユの材料(4人~5人分)

ラタトゥイユの材料を以下にお知らせします。

 

トマト ・・・ 2個

ズッキーニ ・・・ 1本

なす ・・・ 2本

たまねぎ ・・・ 1個

パプリカ(赤) ・・・ 1個

にんにく ・・・ 1片

オーブオイル ・・・ 大さじ2杯

塩、コショウ ・・・ 適量(味を見ながら調節する)

 

塩コショウはこれが便利♪

 

A(味付け)

白ワイン ・・・ 大さじ3杯

コンソメスープの素(顆粒) ・・・ 大さじ1杯

ローリエ ・・・ 1枚

 

ラタトュイユの作り方

ラタトゥイユの作り方です。

1.トマトを切る

トマトをざく切りにする。

にんにくは薄切りにする。

トマトのザク切り

 

2.ズッキーニとなすを切る

ズッキーニもなすも半月切り。幅は3cm程度。

たまねぎとパプリカは乱切りにします。

半月切り

※半月切りの例 ※画像はきゅうり

 

3.鍋にオリーブオイルを入れて加熱

鍋にオリーブオイルを入れて加熱します。

1で切った、にんにく、2で切った、たまねぎを炒めます。

 

4.トマトも炒める

2で切った、なす、ズッキーニを3の鍋に入れて一緒に炒める。

その時の火加減は中火。

1のトマトを加えてふたをします。

しばらくしたら、トマトなどから水分が出てきます。

時々混ぜながら、中火のまま15分程度煮る。

ラタトゥイユ

 

ワンポイント
夏野菜は水分が多いです。

多少に詰めて、味を凝縮させるとうま味が上がります。

 

ワンポイント
ワンポイント
冷凍バッグに入れて冷凍したら1か月日持ちします。1食分小分けすると使いやすいですよ。





スポンサーリンク



 

ラタトュイユのアレンジ料理

玉子焼き

ラタトュイユの水分を切って、細かく刻みます。

溶き卵に混ぜて焼けば具だくさんの玉子焼きになります。

具だくさん玉子焼き

 

グラタン

市販のホワイトソースと合わせて、容器に入れ、上からチーズをかけるとグラタンになります。

 

 

ペンネアラビアータ

茹でたペンネにラタトュイユをからめてペンネアラビアータに。

ペンネアラビアータ

味は、塩を少し足すだけでOK。

粉チーズをかけるとコクが出て、なおおいしくなります。

 

トマトパスタ

パスタの上にラタトュイユを書けるとトマトパスタに!

粉チーズをお忘れなく。

トマトパスタ

 

まとめ

ラタトュイユはアレンジ次第で色々な料理になります。

最初にたくさん作って冷凍しておけば、あとあと楽になります。

 


スポンサーリンク

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ