ソーセージの備忘録。ソーセージにも色々ある。

ベーコンやソーセージには色々な種類があります。
言葉だけは知っているのに現物を知らないことも多いので、ここら辺で一度まとめておこうと思い、一覧にしました。
出来るだけ画像を添付しています。




この記事も注目されています♪


にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ

ベーコン

豚のばら肉を整形し、塩せきした後、長時間くん煙して作る。

クジラなど豚以外の物のベーコンの場合「クジラベーコン」と呼ぶが、豚の場合は単に「ベーコン」と呼ぶ。

 

ウインナーソーセージ

豚や牛や鶏などをミンチして上で、味付して羊腸または同じ位の太さのケーシング(太さ20mm未満)に詰めて、くん煙・加熱したもの。この「羊の腸」ってところがポイント。

太さも日本では、20mm未満と決まっていますが、羊の腸がこのくらいだからこの太さになっています。

 

フランクフルトソーセージ

製法や材料などは基本的にウインナーソーセージと同じだけれど、豚腸または同じ位の太さのケーシング(太さ20~36mm未満)に詰めたものをフランクフルトソーセージと呼ぶ。

単に「フランクフルト」と呼ぶことが多い。

羊に比べて腸が太い豚を使うので、20mm~36㎜と言う太さの基準がある。





スポンサーリンク



 

ボロニアソーセージ

製法や材料などは基本的にウインナーソーセージと同じだけれど、牛腸または同じ位の太さのケーシング(太さ36mm以上)に詰めたものをボロニアソーセージと呼ぶ。

羊の腸に比べて、牛の腸は太いので、36mm以上と言う基準がある。

 

リオナソーセージ

ソーセージの原料にチーズやほうれん草などの野菜を加えてつくったもの。

断面がカラフルな印象で見た目に華やか。

 

ドライソーセージ

牛肉や豚肉などをミンチした上で、味付してケーシングに詰めて、乾燥させたものを更に揚げて作る。

サラミとも呼ぶ。

 

どれもビールに合いそうですね。

「ウインナー」と「ソーセージ」が2つ合わせて1つの物と言うのはあまり認識がなかったです。

大きなくくりが「ソーセージ」で、その仲間として「ウインナー」「フランクフルト」「ボロニア」など種類がある、と。

腸の太さによって名称が変わる訳ですが、ケーシングは好きな太さにできる訳で。

結局は「太さによって名称が変わる」という認識で良いようです。

 

材料も作り方も同じです。

 

 

   

スポンサーリンク

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ