料理酒の賞味期限・消費期限・日持ちについて

「料理酒ってなに?」と改めて聞かれると意外に答えられないですよね。

料理酒とは何かを明らかにして、その上で賞味期限についてもお知らせしますね。

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ




この記事も注目されています♪


まず、料理酒とは「酒」と書いてありますが、調味料と思った方が良いでしょう。

「酒」と言えば、日本酒、清酒のことを言いますが、「料理酒」は日本酒ではないことが多いです。

料理酒に似たもので、「合成酒」「合成清酒」と言う物があります。

これは焼酎をベースに日本酒っぽくしたものです。

 

簡単に言うと、日本酒は料理に使うと肉や魚の臭みを消します。

風味を加えて、料理の味が早く滲みるようにすることが出来ます。

 

料理酒は風味が弱く、そこまで及ばない。日本酒の廉価版と言えます。

ついでに食塩がテン化されています。

ただし、日本酒に比べ安い!そんな感じです。

賞味期限

料理酒の賞味期限は、1年から1年6か月程度です。

開封したら2か月程度で使いきりましょう。

 

消費期限

料理酒の消費期限は設定がないことが多いです。

そのため、賞味期限から類推すると、賞味期限の1.3倍~1.5倍と言えます。

15か月~27か月くらいです。

これは賞味期限が過ぎてから、3か月~9か月くらい経過した時だと言えます。

 

ただ、ネットの噂では賞味期限切れ3年くらいの物を使ったけれど問題なかったという人もいました。

ただし、少し塩辛かったといいます。

これは、元々料理酒には食塩が添加されていますので、塩辛いのは元々と言えます。

 

常温保存できるか

料理酒は常温保存可能です。

保存の際は、直射日光が当たらない冷暗所に保管しましょう。





スポンサーリンク



 

冷蔵保存の場合

料理酒は開封前は冷蔵不要です。

開封後も冷蔵庫に入れる必要はありませんが、冷蔵庫に入れた方が長持ちします。

 

冷凍保存の場合

料理酒は冷凍に向きません。

凍らせれば凍らないことはないのですが、アルコールが凍るのは-114度です。

家庭用の冷凍庫の温度は-18度程度。

アルコール分は凍りません。

それ以外の水分などが凍り、シャーベット状になると思われます。

 

解凍すると冷凍前の状態には戻りませんので、あまり向いていないと言えます。

 

賞味期限を過ぎたらどうなるか

賞味期限切れの場合は問題なく食べることが出来ます。
「賞味期限」と言う物はメーカーが保証するおいしく食べられる期間です。

賞味期限切れ後は風味が落ちる可能性がありますが、食べることは可能です。
ただし、保存方法は表示の正しい方法で保存されている必要があります。



 

消費期限を過ぎたらどうなるか

消費期限を過ぎても見た目はほとんど変わりません。

ただ、アルコールは時間経過と共に酸化して酸っぱくなってしまいます。

以下のような状態の時は使わないようにしましょう。

 

  • 酸っぱい臭いがする
  • 異臭がする
  • 黄色や茶色になってしまっている
  • 味がおかしい

 

見た目には分からないことが多いので、少し舐めてみると良いかもしれません。

正常な状態との比較をするために、新しい時の味も予め知っておきましょう。

陳列された料理酒

 

おいしく食べるには

料理酒をおいしく・・・と言うよりは料理をおいしく食べるためには順番を考えましょう。

いわゆる料理の「さしすせそ」の中に「酒」はありません。

「さ」は砂糖です。

料理酒は「さしすせそ」の前に使うと味が滲みやすくなります。

また、料理酒のアルコール分は料理の過程で加熱され、アルコール分が飛び、うま味のみが残ります。

味の深みと言う意味では、料理酒ではなく、日本酒を使うとより味に深みが生まれるでしょう。

 

日本酒には食塩が添加されていません、だしを利かせることで味に物足りなさを感じなくなります。

 

 

まとめ

料理酒の賞味期限は1年から1年6か月です。

消費期限はあまり明確ではないので、舐めて味などで判断しましょう。

 


スポンサーリンク

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ